ベビーカーにもっとやさしい社会になって欲しい

公開日: : 育児、教育 著者:>>emi mantani

私は、しんどい育児を支えてくれたベビーカーが大好きです。ベビーカー・プラスというサイトも作り始めています。

しかしベビーカーに厳しい社会のまなざし。今日は関西ローカルのテレビ番組「痛快!エブリデイ」で、バスの中でベビーカーを折りたたむほうが安全なのか、そのままのほうが安全なのかという話題の特集をしていました。

結局、あまり詳しい結論はでなかったのが残念ですが。

大阪市の市バスのノンステップバスは、車椅子とベビーカーは専用のスペースがあり、その場所にベルトで固定するならそのままでも可ということ。基本的に、全国的に市バスはそういったスペースがない場合は折りたたんで乗るのが原則ということ・・・。

私のときとあまり変わってないですね。ノンステップバスが増えたことが唯一の救いでしょうか。でもラッシュ時は畳まないといけないそうです。

どうしてこんなに子連れの外出に厳しいんでしょうね。

「ラッシュ時に乗るほうが間違ってる」

「赤ちゃんを人ごみに連れ出すな」など私もずっと正論を言われ続けてきました。

私もできる限り迷惑にならないように、周囲にイヤな気持ちをさせないように移動してきました。でもひとりで子育てしていると、どうしようもないこともあるんです。

ラッシュの前に帰ろうと思っていたけど、おむつ替えの場所を探すのに手間取って乗るのが2,3本遅れた、とか。どうしても急ぎの用事で朝のラッシュ時にでかけないといけないとか。

母親だって赤ちゃんだって生活しているんです。そんな正論どおりにいきませんよね。

出生率が下がっているのも当然です。産むことによって母親がうける精神的苦痛が多すぎるんですよね。子は宝。ひとりは産んでみるけど、あまりの大変さにふたりも子どもを抱えるなんて考えられない、という気持ちよくわかります。

もっともっと現場の今のお母さんの声を聞いて、政策を立てて欲しいと願っています。

私の友達が数年以内に選挙に出ると言っていました。「いまは子育て支援を中心に政策の課題などを考えていて・・・」というんですが、まさに正論、空論。地域全体での子育てを推奨するというけど、いくらその市町村の人々があたたかく周りが見守ってくれたって、他の公共の場にでれば非難ゴーゴーです。こういった考えの政治家が多いから、うまく少子化政策もすすんでないんだと思うなぁ。

細かいことからコツコツとやってもらいたいものです。ハード面では、ベビーカーや車椅子優先のまちづくり、駅のエレベーターの設置、おむつ替えシートの設置義務化。

私がまちづくりを専攻、研究していたとき「子どもはアートだ」という考え方がありました。まちの振興を考えるとき、よく芸術を使います。モニュメントの設置や絵画コンクール、俳句や川柳、さらにはアートイベントという芸術の催しなど。

そういった中に子どもも入っていました。子どもがいるだけで活気が出る、子どもがいるだけでその場所が芸術的に見える。

芸術ってとても人の心に響くものです。子どもって見ているといろいろなことが発見できます。自分に無いもの、自分が忘れたものを教えてくれます。それは特定の人に向けられたものではなく、どんな人にも同じように(母親だけには別かな)子どもって目を向けてくれます。

そうやってみていると、なんて素晴らしい存在なんだ!!って思える・・・はず。特に自分の子以外は無責任に眺めていられますから、そういう気持ちがたくさん湧いてくると思うんですけど・・・。疲れたときにうるさい子どもが乗ってきて迷惑!って思うこともありますが、「元気でいいねえ」と前向きに捉えてみませんか・・?

そんな眼差しが日本に広まれば、絶対少子化は改善していくと思うんです。もちろんハード面の設置も手を抜いてはいけませんけどね・・。

なんだかまじめでした。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 ベビーカーにもっとやさしい社会になって欲しい』と合わせてこちらもどうぞ

no image

「親子カフェ@スキップキッズへ」2歳の子連れレポート

テレビなどメディアで取り上げられて有名になった、親子カフェのさきがけ的存在「スキップキッズ」へ2歳の

記事を読む

no image

こども広場ポルトバンビーニ@神戸阪急百貨店

先日、2006年4月16日に神戸阪急の5階にある「こども広場ポルトバンビーニ」へでかけてきました。神

記事を読む

no image

トイザラスも夏の雰囲気

雨が続いていますね。最近うちのパパは晴れの日が仕事で、雨が降ると休みというサイクルなので、今日は午後

記事を読む

no image

「オーシャンズ」を観た、6歳児の感想

こども500円キャンペーンをやっている映画「オーシャンズ」。 娘がパパと出かけてきて、感想を教えてく

記事を読む

no image

七五三の写真撮影*スタジオアリスで大満足!

七五三の早撮りで、スタジオアリス写真館へ行ってきました♪ 娘、3歳の七五三です(*^^*) スタジ

記事を読む

no image

ママのコミュニティ、ピジョンインフォに登録してみました

有名メーカー、ピジョンが運営する口コミ情報サイトへ登録をしてみました。 自分の日記なども書けたり、コ

記事を読む

no image

西宮えびす神社で七五三参り★2006

11月第一週目の日曜日(大安)、娘3歳の七五三のお参りに行ってきました。 お参りは、だんなさんの実

記事を読む

no image

〔本〕子供の教育にも役立つ!「自分をグーグル化する方法」*勝間和代*

3人のお子さんを持ちながら、大ベストセラーのビジネス書をたくさん書かれている、 公認会計士であり、経

記事を読む

no image

〔作〕ハロウィンの飾りを、かぼちゃで手作り

ハロウィンの飾りを、家にあったかぼちゃで手作りしました。 生のかぼちゃなので、ハロウィンまで持たない

記事を読む

no image

でかけるのに!

『でかけるのに』を訳すと『でかけたいの』。 娘の言葉通りに車に乗り込んだら、1分でこのありさま…

記事を読む

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

パティスリー・シュシュのケーキ食べ放題
ダイワロイネットホテル和歌山で初のスイーツバイキング!

ダイワロイネットホテル和歌山3階のレストラン「サンクシェール」で、初の

ジママヤベーカリー
ドーシェルで修行した職人さんが有田川町で独立!ジママヤベーカリー

先日イベント「マルシェドプティパ」に出店されていたジママヤベーカリー(

ドトールでWi-Fi
ドトールにも無料Wi-Fiあるよ!速くて快適 *使い方*

スターバックスやタリーズと同じように、ドトールにも無料で使えるWi-F

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑