〔本〕伊是名島が舞台の小説「カフーを待ちわびて」

公開日: : , 沖縄 著者:>>emi mantani

沖縄の離島、伊是名(いぜな)島が舞台の恋愛小説「カフーを待ちわびて」。
離島好きの私は、読んでいるうち本当にその島に立っているかのような、そんな感覚になるほど情景が目の前にワーッと浮かぶ、離島文化をとても忠実に再現した本でした。

2008-06-29%20024.jpg

伊是名島ってどんなところ?

大きな地図で見る

伊是名島は沖縄本島の北方に位置し、総面積は15.42㎡で伊是名島のほか、具志川島、屋那覇島、降神島の4島から成り立っています。

沖縄本島、那覇から2時間ほど北上したところにある「運天港」から、フェリーで約1時間。
粟国や久米島へたくさんの観光客が向かう大きな港(とまりん)とは違うところから船がでるので、少しマニアックな離島という印象があります。

その離島をモデルにした島、「与那喜島」が作中のメイン舞台。
(最初はほんとに与那喜島という島があるのかと思いました。検索してみたら架空の島ということが発覚)

離島の風景、文化、伝統、人情、そこに押し寄せる都市化の波・・・・。
きちんとした取材をもとに書かれているので、本当にその場にいるかのように離島の風景が次から次へと目に浮かんできます。

okinawa2007-07%20006.jpg

離島独特のゆったりとした時間の流れと、純愛ラブストーリーを同時に楽しむことができる小説です。
主人公はこの離島の青年で、心も行動もすべてがナチュラルにまっすぐな人。

自分もこんなふうにゆったりとした時間の中で、好きな人と穏やかに過ごしたいなぁと思うのも中盤まで。最後はかなり、たたみかけるような展開が続き、そのメリハリがまたドキドキさせてくれて、私をこの小説にはまらせました。

久々になんか小説とか読んでみたいなぁと思う方にオススメ
少しずつ読み進めるのに向いている本ですし、難しい設定などもなく、すっとその世界に浸ることができる雰囲気を持った本です。私もこの本が久々に自分で選んで買った小説なのですが、このあと小説の世界ってやっぱいいなぁ。。。とその楽しさにはまってしまい、友人オススメの文庫を立て続けに買って何年かぶりに小説ライフを送っています。

カフーを待ちわびて [宝島社文庫] (宝島社文庫 C は 2-1)
原田マハ
宝島社
売り上げランキング: 39109
おすすめ度の平均: 5.0

5 心が温まりました
5 カフーを待ちわびて
5 メルヘン7割、リアル3割
5 ゆったりとした速度のラブストーリー

はまりついでに、伊是名島へ旅行にいこうかと思ってます
はまりすぎ?いや~だけど離島大好きなんですよ。こんな面白そうで自分が行ってない島を見つけたらウズウズしちゃいます。

この小説の著者、原田マハさんは、この本で作家デビュー!
原田宗典さんを兄にもつ、この原田マハさん。(インタビュー記事はこちら
私の大学の先輩だということが、この小説を衝動買いした理由のひとつでもありますが、すごい面白い経歴なんですよね~尊敬します、先輩。

2008-06-29%20022.jpg

映画化が前提の「日本ラブストーリー大賞」で大賞を受賞。処女作がいきなり映画化ってすげー!
2009年公開なので、まだまだ時間ありますね。ぜひこの小説を読んで、自分の大事な人を映画館へ誘って「純愛気分」を楽しんでもらいたいなぁ~~~と思います♪

カフーを待ちわびて [宝島社文庫] (宝島社文庫 C は 2-1)
原田マハ
宝島社
売り上げランキング: 39109
おすすめ度の平均: 5.0

5 心が温まりました
5 カフーを待ちわびて
5 メルヘン7割、リアル3割
5 ゆったりとした速度のラブストーリー

私の読書仲間である友人がこの本を読んだ感想をレビューしてくれました。
男性目線だとこの本ってどうなのだろう? >>その気になるレビューはこちら

【追記】
カフーを待ちわびて、映画が公開になりました。
2009年2月28日より。映画「カフーを待ちわびて」公式サイト

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

▼このブログの番外編や更新情報はFBページで▼

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住の地方ライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

Comment

  1. TUNKA より:

    うわ~、沖縄にもって行きたかったな~
    今度、読んでみますね!
    私も離島行きたいかも♪

  2. yuji より:

    リンクありがとう!
    ホント人に伝えたくなる小説ですね。

    推理小説やサスペンスも面白いけど、こういったゆったりした話もこれから読んで見てもいいかなと思います。
    またお勧めがあったら教えてください。

    ※綺麗な海の写真はオリジナル?

  3. オレンジスカイ より:

    ◆TUNKAさん
    沖縄楽しんできてください~♪もうちょっと早く書けばよかったですね(笑
    離島もいいですよ。何ってないんですけどね♪

    ◆yujiさん
    いいえ~こちらこそ私のオススメきちんと読んで感想まで書いて下さってありがとうございます♪たまには読書路線を変えるのもいいですよね。なかなかきっかけないと変わらないし。私もyujiさんオススメの本何冊か買いましたよ♪
    ※去年の夏にでかけた沖縄本島の写真です。娘連れだったので離島までいけず残念でした・・・。

  4. きよ より:

    はじめまして。検索で偶然たどり着いて拝見しました。
    そして「与那喜島」が「伊是名島」という島であることを初めて知りました。
    実はずっと「与那国島」と勘違いしていたんです。

    「カフーを待ちわびて」はわたしも大好きな本で、つい数ヶ月前に買って読んで、勘違いした与那国島にずっと思いを馳せてきました。
    通勤電車の中で読む本がちょうど終わって、次は何を読もうかと思っていた時に、今朝テレビで与那国島の模様が放送されて、今朝からまた「カフーを待ちわびて」を読んでいます。

    そしたらずっと「与那国島」だと思っていたのが、「与那喜島」であることに気がついて、アレ?と思って。(笑)
    そして検索に至ってここにコメントしています。

    本当にすてきな作品ですよね。「おばぁ」の存在も。
    映画は見ていませんが、いずれDVDで見たいと思います。
    おじゃましました。

  5. オレンジスカイ より:

    ◆きよさん
    コメントありがとうございます!
    そう!私も実は最初読んだとき与那国だと思っていて、途中で気づいたんです。アレッて。だからまだたぶん気づかずにいらっしゃる方も多いんじゃないでしょうか・・・。名前が”ありそう”な島ですもんね。

    映画、とてもきれいで良かったです。沖縄をすごく純粋に感じられる映画だったし、きれいな民族衣装もたくさん見られてパワーをもらいました。ぜひDVDで♪

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 〔本〕伊是名島が舞台の小説「カフーを待ちわびて」』と合わせてこちらもどうぞ

no image

〔本〕アメトーーク特集♪クイックジャパン

私の周りでの一番人気は「家電芸人」と「王将芸人」ですが、みなさんのお気に入りは何芸人?(笑)と思わず

記事を読む

川平湾

【石垣島5】川平湾の青い海と白い砂

石垣島の観光スポット、川平湾。 グラスボートにも乗りましたが、まず目に飛び込んでくる青い海と白い砂

記事を読む

no image

〔島〕離島への旅行のテーマは、「ローインパクトで」

「沖縄チャンプルーな旅」を、たまたまスカパーで観ていたら、おもしろいキーワードを見かけました。 それ

記事を読む

リディオブックリーダー

Lideo(リディオ)レビュー:本らしく読める電子書籍リーダー

電子書籍を読む端末、Lideoで小説を読んでみました。 画面に映し出される活字を読むわけですが

記事を読む

no image

〔食〕本当に男性に作ってあげたら喜ぶと思う「男子ごはんの本」

国分太一さんと、ケンタロウさんがふたりで出演するテレビ番組『男子ごはん』のレシピ本バージョン。 家で

記事を読む

no image

〔本〕桜井亜美「プラネタリウム」

帯のキャッチコピーで衝動買いをしてしまいました。 「手をつないで 星を見れば 必ず二人は結ばれる」・

記事を読む

ツイッター140文字が世界を変える

〔本〕Twitterの楽しみ方がわかった「ツイッター140文字が世界を変える」

好きなときに好きな140文字以内の文章を、ネット上に"つぶやいて"いくサービス「Twitter」。

記事を読む

no image

〔本〕勝間和代さんと小飼弾さんの対談@週刊ダイヤモンド

8月25日発売の週刊ダイヤモンドに「グーグルをなめるな!」という名の対談が掲載されています。 ウェブ

記事を読む

no image

たかぎなおこさん「愛しのローカルごはん旅 もう一杯!」

たかぎなおこさんの、2011年7月15日発売のコミックエッセイです。 全国色々な場所を巡ってごはんを

記事を読む

no image

〔海〕沖縄をそこに感じる写真集、「神の住む楽園・沖縄」

こんなすごい写真集見たことない・・・。 読んでいるだけで涙がでました。 この海の繊細な青、すっ

記事を読む

パティスリー・シュシュのケーキ食べ放題
ダイワロイネットホテル和歌山で初のスイーツバイキング!

ダイワロイネットホテル和歌山3階のレストラン「サンクシェール」で、初の

ジママヤベーカリー
ドーシェルで修行した職人さんが有田川町で独立!ジママヤベーカリー

先日イベント「マルシェドプティパ」に出店されていたジママヤベーカリー(

ドトールでWi-Fi
ドトールにも無料Wi-Fiあるよ!速くて快適 *使い方*

スターバックスやタリーズと同じように、ドトールにも無料で使えるWi-F

IMG_8173
台北でおいしい朝ごはん 「世紀豆漿」@雙連駅

台北で朝ごはんに出かけた雙連駅近くの「世紀豆漿」(以前の看板では「世紀

17195659_1049110965194886_1255099240_o
シェアキッチンPLUGが「本屋プラグ」へリニューアル!その全貌とランチ

和歌山市万町のPLUGですが、3月8日にリニューアルオープン。

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑