〔本〕東京国際ブックフェアで、バーゲン本ゲット♪

公開日: : 著者:>>emi mantani

本って基本的に定価で買うものですが、どの本を買っても20%オフ以上!しかも新品!という本好きにはたまらないイベントへ出かけてきました。

第15回 東京国際ブックフェア2008
東京ビッグサイト

ブックフェアと一口に言っても、出版社のブース出展から出版(執筆)相談、作家さんのサイン会やトークショーと盛りだくさんで、ものすごい人出でした。

2008-07-14%20048.jpg
↑午後2時頃の様子

来場者数は、4日間でのべ7万人近くになったそうです。スゴイ!
児童書フェアも開催されていたので、子どももたくさん来ていました。公文や学研のブースもあって絵本なんかも全部20%オフ以上の安さ♪感激です。

一般ユーザーは1,200円の有料制ですが、事前に無料招待券ももらえます
東京国際ブックフェアは2009年も開催が決まっているので、少しシステムのご紹介も。
一応有料のイベントなのですが、HPから申し込んでおくと招待券が無料で家に送られてきます。

2008-07-14%20051.jpg

会場では簡単な登録をすると、名札がもらえて、入退場自由です。
一般ユーザーが入れるのは、週末の2日間のみ。だからやっぱり私が出かけた土曜日がいちばん混雑していたようです。

とにかく安い~!半額のバーゲンブックが嬉しかった
2008-07-16%20006.jpg

各社のブースで購入できる本は、文庫中心。雑誌は少しありましたが、コミックはほぼなかったです。
基本的に20%オフなのですが、ワゴンセールのようにバーゲンブックという名の50%オフの本が出ていたり、バーゲンコーナーと称して段ボールに本が山積みにされているところもありました。

最新刊というものは少なかったですが、著名な先生のバックナンバーを買い揃えるにはかなりお得なイベント。古本ではなく全て新品でキレイなのが嬉しいです。

2008-07-16%20008.jpg
↑私が購入した本の一部。重かったので、会場内に出ていたペリカン便さんに送ってもらいました。
その送料を考えても、十分安く買えたように思います。

ぶんカード 1集 第2版―幼児から (1)
伊勢エビの丸かじり (文春文庫)

本のバーゲンだけでなく、講座にも参加
書き方入門講座、という現役作家さんによる講座にも参加しました。
小説を誰視点で書き進めるかという話だったのですが、今まで気にしたこともないことだったので、すごく勉強になりました。

2008-07-14%20061.jpg

例えば、小説を一人称で書く場合。
「私」「ワタシ」「わたし」「オレ」「俺」「僕」「わし」など様々な言い方がありますが、それぞれの言葉が思い起こさせるイメージがあり、小説のイメージにあわせてチョイスしていかないといけないよというお話でした。

ブログを書く上でも関連のある話ですよね。
私は何も考えず普段は「私」ですが、意識して「ワタシ」を使うときもあります。やっぱりイメージの問題で無意識に近いですが使い分けをしています。

講師は、上野歩先生。
執筆アドバイザーという職業を初めて耳にしましたが、、、これだけたくさんの本が世の中に出ているのだから、こういう仕事も成り立つんだろうなと思いました。

サイン会に来ていた、「にしおかすみこ」も近くで見たりして・・・。
すごく盛りだくさんなイベントでした。日程が合えば、来年も行きたい!!
誘ってくれた読書仲間に感謝です!行ってよかった~。

ただ、、一般入場できなかったときに開催された基調講演「茂木 健一郎先生 『本の流通は脳に始まり、脳に終わる』」がとにかく聴きたかったですが・・・聴けず残念です。他にもセミナーなど整理券が必要なものもあるので、お出かけになる方はまず東京国際ブックフェアのイベント詳細をチェック。

おでかけデータ
第16回東京国際ブックフェア
出かけた日:2008年7月12日
場所:東京ビッグサイト@お台場
URL:http://www.bookfair.jp/
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

Comment

  1. 東京国際ブックフェア!いつか行くぞ~♪と思いつつ、
    いつも「あら、この前やってたのね」という状況です^^;

    でも詳しくはどんなイベントなのか知らなかったので
    オレンジスカイさんの記事で楽しませていただきました。

    講座にもしっかり参加しちゃうところが
    オレンジスカイさんらしくて◎ ^^フフー

    茂木 健一郎先生、私も大好きです。
    脳って奥深い。
    興味が尽きません。
    (その前に自分の脳をなんとかする方法を知りたい)

  2. オレンジスカイ より:

    ◆とことこさん
    おおー知ってたんですね。私は今回初耳だったんですよ。
    やっぱ行った限りはひとつくらい聴かないと後悔するよね、ということで参加しました。遅い時間だったので、もう聴かずに帰っちゃうか、、なんて思ってたんですが、聴いてよかったです。私も茂木先生に脳を何とかして欲しいですね~(笑)

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 〔本〕東京国際ブックフェアで、バーゲン本ゲット♪』と合わせてこちらもどうぞ

no image

日経トレンディ特集について★IKEA・ディノス・ニトリ対決

日経トレンディ8月号が届きました! 日経 TRENDY (トレンディ) 2006年 08月号

記事を読む

no image

洋服選びが変わる本「おしゃれの手抜き/大草直子」

洋服を選ぶときの基準が、なかなか自分のルールから抜け出せなくて、もっと上手に洋服選びができるようにな

記事を読む

no image

茂木健一郎流「読書のすすめ」を聴きました@ブックフェア

第16回東京国際ブックフェア(2009年7月12日)の読書推進セミナーとして開催された、脳科学者の茂

記事を読む

no image

〔本〕メディアマーカーで、読書日記をつける

先日紹介したブログパーツにもなるメディアマーカー。 自分のメモ的な言葉も入れられるので、読書感想をそ

記事を読む

no image

〔本〕桜井亜美「プラネタリウム」

帯のキャッチコピーで衝動買いをしてしまいました。 「手をつないで 星を見れば 必ず二人は結ばれる」・

記事を読む

no image

日経キッズプラス

人気の育児雑誌、日経kids+ 8月号をやっと全部読みました。 夏休みの自由研究のことや、

記事を読む

ツイッター140文字が世界を変える

〔本〕Twitterの楽しみ方がわかった「ツイッター140文字が世界を変える」

好きなときに好きな140文字以内の文章を、ネット上に"つぶやいて"いくサービス「Twitter」。

記事を読む

no image

〔幸〕ダーリンは外国人withベビー♪ 育児まんがとして傑作!

やったー!赤すぐなどで連載されていた、小栗左多里さんの育児まんがが単行本に♪ ハーフで生まれたトニー

記事を読む

no image

〔本〕伊是名島が舞台の小説「カフーを待ちわびて」

沖縄の離島、伊是名(いぜな)島が舞台の恋愛小説「カフーを待ちわびて」。 離島好きの私は、読んでいるう

記事を読む

no image

〔本〕しみじみと面白く、深い。「深夜食堂」(コミック)

今日、たまたま本屋さんで見つけて衝動買いした漫画、深夜食堂。 すごく心温まる、そしてお腹の減る(笑)

記事を読む

手毬ソフト
和歌山城天守閣前のお天守茶屋でご当地スイーツ「手毬ソフト」

和歌山城天守閣前にある売店が2018年4月にリニューアルして、食事をし

夜市
ガイドブックに載っていない台湾グルメ、ぜひ食べてほしいもの(夜市、朝ごはん、スイーツ網羅)

2018年3月、昨年に続いて台湾へいきましたが、今年の4月には娘も台湾

龍門客棧餃子館
[台湾旅行]台北美食、龍門客棧餃子館でディナー

2018年も台湾・台北に行ってきました。 ローカルな食事を中心に、こ

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑