〔本〕桜井亜美「プラネタリウム」

公開日: : 著者:>>emi mantani

帯のキャッチコピーで衝動買いをしてしまいました。
「手をつないで 星を見れば 必ず二人は結ばれる」・・・そうだったら素敵!!

2008-07-30%20045.jpg

4月に発売された、桜井亜美さん久々の書き下ろしの文庫です。

メイ(女の子)とキョウ(男の子)の心の通い具合が素敵・・・。
こうだったらいいなぁと心底陶酔できる、心理描写、やっぱり桜井さん最高です。

色々なトラブルは起こるんだけれど、ふたりの気持ちに変化は無い。
基本的に桜井さんの小説ってどれもこの軸だけはブレないので、安心してメイとキョウの状況に私も浸って楽しみました。

設定は、かなり非現実的。これがフィクションという王道?
2008-07-30%20047.jpg

村上春樹さんの「東京奇譚集」内に書かれていましたが、小説は”フィクション”だからこその楽しみがある。

現実にはムリなことかもしれない、だけどメイとキョウならできるのかもしれないという期待、不安。
こんな状況でも乗り越えられるだろう、ふたりなら、と思える芯の通った軸があって。

最後まで一気に読み通しました。
けっこう薄いので2時間くらいで読み終わります。だけどその後、1週間いやそれ以上メイとキョウの世界を引っ張っている気がします(笑)それくらい印象的な感じ。

桜井さんのブログで、「プラネタリウム映像化」を知る
もう撮影終わったみたいですよ~~!><
めっちゃみたい!!

meikyo.gif
「PLANETARIUM」のキョウとメイです。よろしく。-KYANOS-BLUE

ショートフィルムだそうですが、このふたりを目の当たりにしたいなぁと思いました。
何も気にせず、ふたりの心にシンクロできるのが、桜井さんの小説のいいところです。

PLANETARIUM (幻冬舎文庫 さ 1-35)
桜井 亜美
幻冬舎
売り上げランキング: 102788

Planetarium(楽天ブックス)

関連リンク
桜井亜美オフィシャルブログ
小説家 桜井亜美氏 インタビュー

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

Comment

  1. yuji より:

    おっ桜井亜美さんだ。
    しかも、顔を出してる・・・覆面作家として絶対に出ないと聞いていたので、ちょっと驚いています。

    桜井亜美さんの作品は、デビュー作のイノセントワールドからMADE IN HEVENくらいまではほとんど読んでますよ。ちょっと設定に無理があることが多いですが(笑)、切ないドラマを作るの上手いですよね。

    このところ読んでいなかったので、久しぶりに読みたくなりました。

    ちなみに、イノセントワールドは映画にもなっているんですよね、安藤正信が知的障害者の役を熱演していたのが印象的な作品です。見ていなければ是非

  2. オレンジスカイ より:

    ◆yujiさん
    でしょでしょ!私も顔を初めてみたんですよ~。驚きました。
    年齢不詳、本名不詳、顔出しNG・・・ってなぞめいてましたが、そろそろ解禁なんでしょうか?いろんなとこに写真出るようになったみたいです。
    イノセントワールドも読みました。たぶんいちばん最初に読んだかな?随分前だ・・・。映画観てないので、DVDレンタルしてみます。これも設定にムリはあるものの、面白かったのでぜひ♪

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 〔本〕桜井亜美「プラネタリウム」』と合わせてこちらもどうぞ

no image

〔本〕ビールが3倍美味しくなる!自遊人「新ビール党宣言!」

大人の楽しみを追求する雑誌「自遊人」の2008年9月号はビール特集。 その名も「新『ビール党』宣言!

記事を読む

no image

〔本〕パーツモデルの美容術「女優脚のつくり方」

1年ほど前に発売された本ですが、本屋さんでパラパラと読んで即決購入しました。 なかなかお手入れの仕方

記事を読む

no image

安眠がテーマの漫画「シマシマ」

山崎紗也夏さんが描く「シマシマ」は睡眠、安眠がテーマの漫画です。 ほんと私もそうなのですが、眠りにつ

記事を読む

no image

〔本〕自分探しに使えるかも「視覚マーケティング実践講座」読了

ブログのデザインについて勉強しようと思って購入した本「視覚マーケティング実践講座」。 すごくいい本だ

記事を読む

リディオブックリーダー

Lideo(リディオ)レビュー:本らしく読める電子書籍リーダー

電子書籍を読む端末、Lideoで小説を読んでみました。 画面に映し出される活字を読むわけですが

記事を読む

no image

〔本〕ゴールデンウィークのお供は、ブックオフオンラインで♪

ゴールデンウィークで、やっぱり何か「やったゾ」という達成感が欲しいですよね。 私も家族や仕事以外、自

記事を読む

no image

茂木健一郎流「読書のすすめ」を聴きました@ブックフェア

第16回東京国際ブックフェア(2009年7月12日)の読書推進セミナーとして開催された、脳科学者の茂

記事を読む

no image

子供の科学は、名雑誌!

最近、家族ではまっているのが「子供の科学」という月刊雑誌です。 *子供の科学 ↑今月、パパが

記事を読む

暮らしのおへそ

シンプルな生き方を提案、ナチュラル誌「暮らしのおへそ」

暮らしにまつわるワザやコラムがたくさん載っていると聞いて購入した「暮らしのおへそ」。 ナチュラル雑

記事を読む

no image

〔本〕ふたり暮らしエッセイまんが、「夢追い夫婦」

うだひろえさんの、初めてのコミックエッセイを読んでみました。 お互いを励ましながら前向きに進む、うだ

記事を読む

手毬ソフト
和歌山城天守閣前のお天守茶屋でご当地スイーツ「手毬ソフト」

和歌山城天守閣前にある売店が2018年4月にリニューアルして、食事をし

夜市
ガイドブックに載っていない台湾グルメ、ぜひ食べてほしいもの(夜市、朝ごはん、スイーツ網羅)

2018年3月、昨年に続いて台湾へいきましたが、今年の4月には娘も台湾

龍門客棧餃子館
[台湾旅行]台北美食、龍門客棧餃子館でディナー

2018年も台湾・台北に行ってきました。 ローカルな食事を中心に、こ

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑