〔本〕解説を読めばよくわかる「芸のためなら亭主も泣かす」

公開日: : 著者:>>emi mantani

中村うさぎさんの著書は、怖いもの見たさで時々読んでしまう1冊。
いつも「突拍子もないことするなぁ」と思うだけだったのですが、この文庫の解説で新たな境地に。

2008-08-16%20020.jpg

この解説を書いたのは、切通 理作 (きりどおし りさく)さん。「おぼっちゃまくん」のシナリオなどを書いていたライターさんだそうです。

中村さんの行動が、どうしてなのかまとめた一文
2008-08-16%20021.jpg

整形もまた、コスプレなのだ。コスプレとは、二つ以上の自分を生きること。そして、二つ以上の自分に気づくこと。(解説の中の文より)

この「芸のためなら~」と、「私という病」を読んだ切通さんは、解説の中で、中村うさぎさんの行動がどうして起こっているのかということを分析されています。

この解説を読んで、やっと中村うさぎさんという人が、どうしてこういう自分をネタにした本ばかり出すのか、どうして自分と向き合い続けたり、自分をえぐったりばかりするのかわかった気がしました。

自分の中にあるたくさんの面。たくさんの気持ち。
それはあって当たり前なんだろうけど、それを当たり前と思わず、「どうしてなのか?」と追求し続けていくと、こう(うさぎさんのような行動に)なる。

いろんな気持ちや、状況にあわせた自分の中の変化ってあっていいのだろうけど、それを「どうしてなんだろう。どうしてだったんだろう」と思うと、自分の中にA,B,C,Dという部分があることに気づく。

それをひとつひとつ追求しながら生きていくと、”コスプレ”をナチュラルにずっとやっているような状態になる。いくつもの自分を生きているような感覚になる。

ただ、それは特別なことじゃなく、たぶん誰しも無意識にやっていること。

だけど、周りがそういう人に出会ったとき、そう認識してあげることで、うさぎさんのような生き方・・・ある意味、自傷行為なのかもしれないこういった行動をしている人が生きやすいようになるのかもしれないなぁと思いました。この解説は、だからすごくいいフォローをしている内容なんだと思いました。

イイ人だなぁ。切通さん。なんだかすごく好きになりました。

賛否両論の中村うさぎさんですが、はまる方はめっちゃはまると思います。ぜひ一読を。

(特に「私という病」を読むと、うさぎさんの本質がわかりやすい気がします。この著書の中にも非常に多く引用されていて、中村さんの根本に近い本なのだなぁと感じました。私も立ち読みしただけだったので、もう一度買って読み直そうかと思います。)

私という病
中村 うさぎ
新潮社 ( 2006-03-16 )
ISBN: 9784104567041
おすすめ度:アマゾンおすすめ度
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

▼このブログの番外編や更新情報はFBページで▼

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住の地方ライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 〔本〕解説を読めばよくわかる「芸のためなら亭主も泣かす」』と合わせてこちらもどうぞ

no image

〔本〕ブックオフで在庫切れなら、「入荷お知らせメール」が便利

この間読んだ「プライド」という漫画があまりに面白くて、続きを"大人買い"しようと思いました。 が、ブ

記事を読む

no image

日経キッズプラス

人気の育児雑誌、日経kids+ 8月号をやっと全部読みました。 夏休みの自由研究のことや、

記事を読む

no image

〔本〕パーツモデルの美容術「女優脚のつくり方」

1年ほど前に発売された本ですが、本屋さんでパラパラと読んで即決購入しました。 なかなかお手入れの仕方

記事を読む

no image

〔本〕東京国際ブックフェアで、バーゲン本ゲット♪

本って基本的に定価で買うものですが、どの本を買っても20%オフ以上!しかも新品!という本好きにはたま

記事を読む

no image

〔本〕伊是名島が舞台の小説「カフーを待ちわびて」

沖縄の離島、伊是名(いぜな)島が舞台の恋愛小説「カフーを待ちわびて」。 離島好きの私は、読んでいるう

記事を読む

no image

安眠がテーマの漫画「シマシマ」

山崎紗也夏さんが描く「シマシマ」は睡眠、安眠がテーマの漫画です。 ほんと私もそうなのですが、眠りにつ

記事を読む

no image

〔本〕「世界一の美女になるダイエット」、読んだほうがイイ♪

単に痩せる・お腹をへこませる方法だけにとどまらず、知的な美しさを目指すことができる本です。 ミス・

記事を読む

暮らしのおへそ

シンプルな生き方を提案、ナチュラル誌「暮らしのおへそ」

暮らしにまつわるワザやコラムがたくさん載っていると聞いて購入した「暮らしのおへそ」。 ナチュラル雑

記事を読む

no image

〔本〕桜井亜美「プラネタリウム」

帯のキャッチコピーで衝動買いをしてしまいました。 「手をつないで 星を見れば 必ず二人は結ばれる」・

記事を読む

no image

〔本〕自分探しに使えるかも「視覚マーケティング実践講座」読了

ブログのデザインについて勉強しようと思って購入した本「視覚マーケティング実践講座」。 すごくいい本だ

記事を読む

ドトールでWi-Fi
ドトールにも無料Wi-Fiあるよ!速くて快適 *使い方*

スターバックスやタリーズと同じように、ドトールにも無料で使えるWi-F

IMG_8173
台北でおいしい朝ごはん 「世紀豆漿」@雙連駅

台北で朝ごはんに出かけた雙連駅近くの「世紀豆漿」(以前の看板では「世紀

17195659_1049110965194886_1255099240_o
シェアキッチンPLUGが「本屋プラグ」へリニューアル!その全貌とランチ

和歌山市万町のPLUGですが、3月8日にリニューアルオープン。

IMG_8001
【レポート】レトロ印刷JAM台湾@台北で開催!#ZINE DAY Taiwan 2017 楽しかった!

レトロ印刷JAMさんの台湾オフィスである「RETRO印刷JAM」へ行っ

NYS Loft Hotel(台北)
台北で泊まってよかったホテル「NYS Loft Hotel」駅近、コワーキングぽい

台北駅のすぐ近くにある「NYS Loft Hotel(南陽街壹號旅店)

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑