【写真+感想】サントリー白州蒸溜所

サントリー白州蒸溜所の写真をたくさん撮ってきたので、少し訪問した気分になっていただけたらなぁと思います♪天候はなんと雨⇒曇り⇒雪⇒晴れと滞在5時間の間にグルグルと変化!寒かったですが、空気が澄んでいてほんと気持ちよかったです。

2009-03-15%20063.jpg

新宿から車で約2時間半、”山梨県”ですが、長野県に近いところにあったようです。途中、きれいに富士山や南アルプスの山々が見えました。(写真の前にまずはレポートを読んでいただけるとよくわかると思います。


大きな地図で見る

2009-03-15%20081.jpg
高速を降りて、蒸溜所に向かうまでにはこんな素敵な風景が見られます。

2009-03-15%20086.jpg
夕方はこんな感じ。夕日がきれいに見えてよかったー!

2009-03-14%20363.jpg
蒸溜所は、工場がポツッとあるわけではなく、レストランやバー、博物館などスポットが複数あります。森の中を散策するコースもあるようです。(白州蒸溜所-施設案内

2009-03-14%20276.jpg
そのレストラン「ホワイトテラス」でいただいたランチ。紅マスの自家製燻製ちらし寿し。ウマイ!

2009-03-14%20289.jpg
燻製+ちらし寿司ってなかなかないですが、全然エグくなくて美味しいですねー。

2009-03-14%20300.jpg
その紅マスは、テラスで燻製にされるそうです。いい匂い。

2009-03-14%20237.jpg
そこでまさに燻されていたチーズ。(撮影はトイカメラVQ1015

2009-03-14%20313.jpg
食後は、博物館を見学。

2009-03-14%20311.jpg
妙に印象に残った、大正時代のヌードポスター。(詳しくはこちら

2009-03-14%20344.jpg
博物館の最上階は展望室なのですが、このときはあいにくのお天気。

【ウイスキーづくりの工程を写真で】
2009-03-14%20356.jpg
年季が入った熟成樽。何度か再利用されるそうです。

2009-03-14%20450.jpg
再利用のために、職人さんが中を燃やします。

2009-03-14%20381.jpg
ウイスキーの原材料。

2009-03-14%20396.jpg
原料が発酵しているとこんなことに。(特別に中を見せていただいたので、通常は見ることができない部分です)

2009-03-14%20418.jpg
蒸溜釜は銅製。色の違いは歴史の違い。新しいほどピカピカだそうです。

2009-03-14%20458.jpg
蒸溜された無色透明の液体が、木の樽で熟成される間に溶け込んだ成分で琥珀色に。

2009-03-14%20479.jpg
数万という樽がズラッと並んでいます。年代順に並んでいるわけではなかったのが意外でした。

2009-03-14%20467.jpg
熟成の間に樽の中身は減ってきます。だから8年⇒10年⇒12年と値段も上がるのですね★

2009-03-15%20029.jpg
見学の最後は、美味しい氷とお水で、ウイスキーを試飲。

2009-03-15%20026.jpg
「山崎」には、甘いもの。「白州」には、おかきやチーズがよく合います。

2009-03-15%20015.jpg
飲み方はやっぱりハイボールで。(すごいハイボールの作り方

2009-03-15%20041.jpg
少々飲みすぎてしまいましたが、悪酔いせず、帰りのバスでちょっと寝たらスッキリしました。
やっぱり色々学んだあとで、そのお酒をのんびり飲むのは格別楽しかったです♪

近くに観光できるところも色々あるようなので、南アルプス方面への旅行やドライブがてら、サントリー白州蒸溜所も楽しみにいってみてくださいね。

写真は、ルミックスLX3で撮影しました。
広角レンズは記録を撮るのにほんと便利でしたし、オートでキレイに撮れるので急ぎながら撮った写真もキレイに撮れていて助かりました。

関連エントリー
【工場見学】サントリー白州蒸溜所をレポート!

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

▼このブログの番外編や更新情報はFBページで▼

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住の地方ライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

Comment

  1. わだ より:

    ああ、最後は晴れだったんですね!
    それにしても、写真きれ~!

  2. オレンジスカイ より:

    ◆わださん
    そーなんです、最後夕方はすごくキレイに晴れました!
    すでに酔っ払った帰り際だったので、急いで撮ったのですが、きれいに撮れていて良かったです♪LX3、やっぱり優秀ですー。ブレないし助かります。

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 【写真+感想】サントリー白州蒸溜所』と合わせてこちらもどうぞ

IMG_8173

台北でおいしい朝ごはん 「世紀豆漿」@雙連駅

台北で朝ごはんに出かけた雙連駅近くの「世紀豆漿」(以前の看板では「世紀豆漿大王」)。 こちらの

記事を読む

no image

〔癒〕青春18きっぷで各駅停車リフレッシュの旅@南紀

青春18きっぷを初めて利用して、ゆるり在来線のプチエコ旅に出かけました。 和歌山駅から2時間、白浜向

記事を読む

no image

親子三人★讃岐うどんを食べる旅行★移動編

今回の親子三人の旅行ですが、自家用車+フェリーでした。 これで飛行機、新幹線、船(フェリー)を子連

記事を読む

no image

【和歌山-金沢旅行】金沢の街並みとサンダーバード

初めて和歌山から金沢へ旅行へでかけました。 友人の結婚パーティーがメインイベントだったので、たくさん

記事を読む

no image

【金沢観光】冬の兼六園と、金沢21世紀美術館

2月の兼六園といえば、「雪」ですが暖冬で雪を見られず残念でした。 最近は夜のライトアップが開催

記事を読む

no image

【NHK】シーン別デジタルカメラ 撮影術入門、わかりやすい!

やっぱり目で見て、言葉で教えてもらうってすごく大切だなと思いました。 本を読むのと比べ物にならないく

記事を読む

no image

〔春〕トイカメラVQ1015で、桜を撮影

桜ってほんと綺麗ですよね。 日本人だなぁと思いながら、毎日桜を見に出かけています。花見(宴会)をする

記事を読む

no image

〔泊〕湯快リゾート「白浜御苑」宿泊&バイキングの口コミ

365日、毎日1泊2食7,800円で利用できる宿、湯快リゾート「白浜御苑」へ子どもを連れて家族で行っ

記事を読む

IMG_7091a

【子連れ旅行】讃岐うどんを食べる旅(和歌山-高松)

3歳の娘と夫婦で讃岐うどんを食べに、和歌山から四国へ旅行へでかけてきました。 フェリーとクルマを使

記事を読む

no image

【金沢】ロイネットホテル金沢、レディースルーム宿泊感想

友人の結婚式に出席するため、JR金沢駅から徒歩すぐ、ショッピングビルのすぐ隣でわかりやすい立地のダイ

記事を読む

ドトールでWi-Fi
ドトールにも無料Wi-Fiあるよ!速くて快適 *使い方*

スターバックスやタリーズと同じように、ドトールにも無料で使えるWi-F

IMG_8173
台北でおいしい朝ごはん 「世紀豆漿」@雙連駅

台北で朝ごはんに出かけた雙連駅近くの「世紀豆漿」(以前の看板では「世紀

17195659_1049110965194886_1255099240_o
シェアキッチンPLUGが「本屋プラグ」へリニューアル!その全貌とランチ

和歌山市万町のPLUGですが、3月8日にリニューアルオープン。

IMG_8001
【レポート】レトロ印刷JAM台湾@台北で開催!#ZINE DAY Taiwan 2017 楽しかった!

レトロ印刷JAMさんの台湾オフィスである「RETRO印刷JAM」へ行っ

NYS Loft Hotel(台北)
台北で泊まってよかったホテル「NYS Loft Hotel」駅近、コワーキングぽい

台北駅のすぐ近くにある「NYS Loft Hotel(南陽街壹號旅店)

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑