茂木健一郎流「読書のすすめ」を聴きました@ブックフェア

公開日: : 著者:>>emi mantani

第16回東京国際ブックフェア(2009年7月12日)の読書推進セミナーとして開催された、脳科学者の茂木健一郎先生のセミナーを聴いてきました。

07012mogi.jpg

脳科学者からみた”読書”というものの話だけでなく、茂木さんの読書体験談が多くちりばめられていて、笑ったり、なるほど~と思ったりしていたら、あっという間に1時間30分経っていました。

読む力のためには、書く力も鍛えなくてはならない
脳科学的には、”読む”という感覚性の学習だけでなく、”書く”という運動性の学習とのバランスを取っていくことで両方がうまく伸びるようになっているんだそうです。

ふたつをうまくバランスよくやっていったとき、その能力が発達していくんだとか。
インプットしたらアウトプットするというバランスをうまく保っていくと双方がうまく伸びるそうなんですね。

なるほど~と思いました。
確かに本を読んでいると誰かに伝えたくなったり、ノートにまとめたくなったりします。

それを続けていくことで、”活字”というものに対する脳力が高まっていくのだとか。
なので、茂木さんは「ブログというものがあるので、読むばかりじゃなく自分からも書いて発信することをやってみるとよい」とおっしゃっていました。

読む力が発達するってことは、読みこむ力がついてくるということ・・・なのかな。
読むのが早くなったり、細かいニュアンスなどに広く気づけるようになるのかもしれませんね。

私もブログやサイトコンテンツを作っているとき、書いてばかりが続くと息詰まってくるのがよくわかります。そういうときに本屋さんで新しい本を見つけて読んだりするとまた脳がすっきりするんです。息詰まっていたのが、一転、深く酸素が吸えるようになるというか。

やっぱり自分の体が自分のために必要だと思うから、そういう感覚が出てきているわけですよね。
これは書くとか読むとかだけではなく、全部の能力の発達にあてはまることだそうなので、自分の体が欲していることを抑えて他の事をやり続けても、結局合理的じゃないということなんだなと思いました。

言葉には変えられない何かがまとわりついている
0712mogi2.jpg

だれが書いても同じ”活字”だけれど、その言葉(文章)は書いた人の”生の体験”から生み出されていて、そしてその周りにその人の生まれもった”ニュアンス”が絡みついている…と。

ピアニストの独特の間やセンスと同じように、書くということにもそういうものがあると。
でも変えられないニュアンスはあるけれど、言葉を磨くことはできると。

たとえば落語家さんが物語の一言一句を磨き上げるように、自分の言葉は磨いていける。
磨くためには体験が必要、読むのも必要、書くことも必要なんだ、ということでした。

これって話す言葉にも共通するらしいので、「文章は書かないし」という方でも、実践して損はないと思うんです。わかりやすく、気持ちのいい話し方をする人っていますよね。そういう人との違いは、性格とかそういうことだけじゃなくて、こういう複合的なところから出てきているんだなぁ~~と思いました。

ウーーン、さすがに科学者である茂木先生の話は深いですね。
ブックフェアで3割引の文庫をたくさん買ったので、私も読んで書いて体験もして、色んなことが向上していけたらいいなーと思いました。

books0712.jpg
↑ブックフェアでは新品本を3割引でたくさんゲット♪

関連リンク
茂木健一郎 クオリア日記

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

▼このブログの番外編や更新情報はFBページで▼

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住の地方ライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 茂木健一郎流「読書のすすめ」を聴きました@ブックフェア』と合わせてこちらもどうぞ

no image

〔本〕ふたり暮らしエッセイまんが、「夢追い夫婦」

うだひろえさんの、初めてのコミックエッセイを読んでみました。 お互いを励ましながら前向きに進む、うだ

記事を読む

たかぎなおこマラソン1年生

〔本〕初心者~ホノルルマラソンまで「たかぎなおこ マラソン1年生」

大好きなたかぎなおこさんの新刊、「マラソン1年生」を読みました。 運動不足で走ったりしたことがない

記事を読む

no image

〔本〕「世界一の美女になるダイエット」、読んだほうがイイ♪

単に痩せる・お腹をへこませる方法だけにとどまらず、知的な美しさを目指すことができる本です。 ミス・

記事を読む

no image

〔本〕ブックオフオンライン、3回ともすごくキレイな本がきた

最近欲しいなと思う本を本屋さんで見つけると、メモしてきてブックオフオンラインで検索するという行動が定

記事を読む

no image

浪費家から貯蓄体質へ、変えてくれた2冊の本

なかなか日常的なお金の使い方を変えるのは難しいですが、私の場合はこの2冊の本のおかげでかなりお金の使

記事を読む

no image

〔幸〕ダーリンは外国人withベビー♪ 育児まんがとして傑作!

やったー!赤すぐなどで連載されていた、小栗左多里さんの育児まんがが単行本に♪ ハーフで生まれたトニー

記事を読む

no image

〔本〕直木賞2008受賞!「私の男」読書感想レビュー

桜庭一樹さん(女性)の小説、「私の男」が直木賞に選ばれました! 私も先日この小説を読んでいましたので

記事を読む

南極料理人

〔本〕映画「南極料理人」原作本も、大満足

観て良かった「映画満足度ランキング」で3位に入っている「南極料理人」。 王様のブランチで映画の予告

記事を読む

no image

〔本〕パーツモデルの美容術「女優脚のつくり方」

1年ほど前に発売された本ですが、本屋さんでパラパラと読んで即決購入しました。 なかなかお手入れの仕方

記事を読む

no image

〔本〕解説を読めばよくわかる「芸のためなら亭主も泣かす」

中村うさぎさんの著書は、怖いもの見たさで時々読んでしまう1冊。 いつも「突拍子もないことするなぁ」と

記事を読む

パティスリー・シュシュのケーキ食べ放題
ダイワロイネットホテル和歌山で初のスイーツバイキング!

ダイワロイネットホテル和歌山3階のレストラン「サンクシェール」で、初の

ジママヤベーカリー
ドーシェルで修行した職人さんが有田川町で独立!ジママヤベーカリー

先日イベント「マルシェドプティパ」に出店されていたジママヤベーカリー(

ドトールでWi-Fi
ドトールにも無料Wi-Fiあるよ!速くて快適 *使い方*

スターバックスやタリーズと同じように、ドトールにも無料で使えるWi-F

IMG_8173
台北でおいしい朝ごはん 「世紀豆漿」@雙連駅

台北で朝ごはんに出かけた雙連駅近くの「世紀豆漿」(以前の看板では「世紀

17195659_1049110965194886_1255099240_o
シェアキッチンPLUGが「本屋プラグ」へリニューアル!その全貌とランチ

和歌山市万町のPLUGですが、3月8日にリニューアルオープン。

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑