〔本〕映画「南極料理人」原作本も、大満足

公開日: : 最終更新日:2014/05/05 著者:>>emi mantani

観て良かった「映画満足度ランキング」で3位に入っている「南極料理人」。
王様のブランチで映画の予告を観ただけでめっちゃ面白くてはまってしまい、原作本を読みました。

nankyoku.jpg

南極観測隊ってどんな人がいくの?1年間南極で過ごすってどういう風に?南極で料理(食事)が大切な意味って?という最初は頭が疑問符ばかりでしたが、1冊読んだだけで、自分が南極観測隊になって越冬した気分になりました・・・。臨場感溢れつつ、軽快で読みやすい文章に引き込まれました。

P1100901.jpg

地球上最も苛酷といわれる平均気温-57℃(当時)の「ドームふじ基地」で調理担当として越冬した著者が書く『面白南極料理人』は、その観測隊生活の毎日を綴った爆笑エッセイ

南極といえば、、の昭和基地から1,000キロも離れていて、しかも富士山よりも高地にある「ドームふじ基地」がこの本の舞台。

観測隊として著者が収集されて夏の訓練を行い、ドームふじへ持っていく食料の調達をすることなど克明に記されています。

それだけでも面白くて興味深いですが、その後、1年間の南極生活も細かく記録されていて、その特殊な場所での生活を読んでいるとたまらない。自分もあっという間に南極に連れて行かれた気分。

P1100902.jpg

南極のドームふじで行われている仕事のことなど、普通に書くとすごく難しい話になると思うのですが、著者の西村さんの文章がとてもユーモアいっぱいで、読みやすくわかりやすいので、目の前で作業が行われているかのように感じられます。

P1100903.jpg

料理の部分だけ読んでいると、全く南極という感じがしなくて、「外はマイナス57度・・」と急に書かれている部分を読んで「あっここ南極だったよね、そういえば!」と読みながら何度も”ハッ”としました。

南極といってもドームふじはペンギンやアザラシなどが住める場所ではなく、ウイルスさえもいない極限の地。自分たちの周り1,000キロには何もいないという環境・・・。

その日々の中で唯一の生きたエンターテイメントが「料理(食事)」なんですよね。
毎日積み上げられた仕事をこなす隊員たちに、限られた食材で毎日必ず食べさせて生活の楽しみを感じさせるというのはすごく楽しそうでもあるけど、重圧だっただろうなと思います。

でも著者西村さんにかかるとそういったこともポジティブに楽しかった出来事とされていて、読んでいて全くストレスがないし、非日常感を思いっきり味わえて、私もほんと楽しかったです。

南極料理人

この本を通して、南極で1年を過ごして(ほんと過ごした気になってる)、南極が好きになりました。
どんなところだろうと思いっきり気になってきました。

映画も、東京では既に上映終了のところもあるようですが、地方はこれからのようです。
私の住んでいる和歌山もこれからのようです(2009年10月現在)。

本も、映画も、かなり満足度の高いユーザーレビューがついているので、エンターテイメントとしても間違いないと思います。ほんとおすすめしたい映画と本です♪良かったら、ぜひ

面白南極料理人 (新潮文庫)
西村 淳
新潮社
売り上げランキング: 2429
おすすめ度の平均: 4.0

5 ドーム基地は男たちの楽園(?)。映画とは違った面白さに満ちている。
3 しらせは砕氷艦です。
3 一話、一話がちょうどいい長さのエッセイで、楽しい読書ができる。
4 呑んだ、食った、料理したの日々?!
4 面白おかしく寒冷生活

関連リンク
映画南極料理人オフィシャルサイト
著者、西村さんのブログ
南極ワンダー-文部科学省

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

Comment

  1. ろく より:

    私も本買っちゃったんだよー。明日届く予定。楽しみです。
    映画「南極料理人」のお料理本もとても素敵でしたよ(立読み)
    映画自体は、都内は新宿武蔵野館とかならまだやってました!
    DVDを待とうかとも思いましたが、やっぱ見とくべきかも~(>_

  2. オレンジスカイ より:

    ◆ろくさん
    おー!買っちゃったんだ~でも買って正解だよ♪
    料理も難しいプロセスとかうまく省くテクニックとかすごいよね。料理本のほうも見てみよう☆
    和歌山はまだやってないけど、都内も上映期間バラバラなんだね。
    やっぱりこれは見たいよー。見に行きたいナー。

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 〔本〕映画「南極料理人」原作本も、大満足』と合わせてこちらもどうぞ

no image

〔本〕メディアマーカーで本の整理*オンライン上で*

ブログパーツにもなる、メディアマーカーというサービスがあります。 買った本や読み終わった本を登録して

記事を読む

no image

女性旅向け、京都のかわいいが詰まった「京都案内帖」

読むと、京都に行きたくてたまらなくなるガイドブックです。 女性の一人旅向けに編集されているので、安心

記事を読む

no image

〔本〕勝間和代さんと小飼弾さんの対談@週刊ダイヤモンド

8月25日発売の週刊ダイヤモンドに「グーグルをなめるな!」という名の対談が掲載されています。 ウェブ

記事を読む

リブライズに本を寄贈中

リブライズでどんな本棚も図書館に@寄贈も簡単でした

リブライズというウェブサービスを使うと、目の前の本棚が図書館に! どんな本棚も図書館にして開か

記事を読む

no image

〔本〕しみじみと面白く、深い。「深夜食堂」(コミック)

今日、たまたま本屋さんで見つけて衝動買いした漫画、深夜食堂。 すごく心温まる、そしてお腹の減る(笑)

記事を読む

no image

〔本〕村上春樹の短編「東京奇譚集」

最近はまっている新潮文庫で、村上春樹さんの短編集を見つけました。 この「東京奇譚集」は、ノンフィクシ

記事を読む

no image

安眠がテーマの漫画「シマシマ」

山崎紗也夏さんが描く「シマシマ」は睡眠、安眠がテーマの漫画です。 ほんと私もそうなのですが、眠りにつ

記事を読む

no image

〔本〕メディアマーカーで、読書日記をつける

先日紹介したブログパーツにもなるメディアマーカー。 自分のメモ的な言葉も入れられるので、読書感想をそ

記事を読む

no image

〔本〕直木賞2008受賞!「私の男」読書感想レビュー

桜庭一樹さん(女性)の小説、「私の男」が直木賞に選ばれました! 私も先日この小説を読んでいましたので

記事を読む

no image

〔本〕自分探しに使えるかも「視覚マーケティング実践講座」読了

ブログのデザインについて勉強しようと思って購入した本「視覚マーケティング実践講座」。 すごくいい本だ

記事を読む

手毬ソフト
和歌山城天守閣前のお天守茶屋でご当地スイーツ「手毬ソフト」

和歌山城天守閣前にある売店が2018年4月にリニューアルして、食事をし

夜市
ガイドブックに載っていない台湾グルメ、ぜひ食べてほしいもの(夜市、朝ごはん、スイーツ網羅)

2018年3月、昨年に続いて台湾へいきましたが、今年の4月には娘も台湾

龍門客棧餃子館
[台湾旅行]台北美食、龍門客棧餃子館でディナー

2018年も台湾・台北に行ってきました。 ローカルな食事を中心に、こ

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑