etvosのミネラルメイクアップレッスンで学んだファンデの塗り方

使い勝手が難しいと思われるミネラルファンデの、簡単でかつ、きれいな仕上がりになる方法を教えてもらいましたので、その化粧品の使い方をレポートをします♪

P6173403.JPG

今回のメイクの中で使っているのは全てミネラル化粧品。
ファンデもパウダーのみで、粉をブラシにつけて使います。

シンプルな材料で作られたファンデですが、使い方をしっかりすれば、崩れたりヨレたりすることなく1日キレイに過ごせるそうです。

1.ファンデーションは大胆に!1回にブラシにいっぱい付ける
P6173408-001.JPG

この1回に付ける量は、ファンデをフタに5回くらいトントントントントンと出したくらいの量です。

ベアミネラルの番組ではトントン、くらいに抑えられていて1回にブラシに付ける量が結構少なめだったので、それがスタンダードな量と勝手に思い込んでいたのですが、先生によると1回に顔半分に塗れるくらいドサッとつけちゃっていいそうです。

2.まず毛穴などカバー力が気になる部分から。押さえつけるように
顔全体につけるのではなく、気になる部分、崩れやすい部分、隠したい部分からファンデをつけます。
グッと押さえる、もしくは叩き込むように、力強くブラシを動かしていいそうです。

※これはあくまでetvosのブラシがタクロンという動物の毛ではない刺激の少ないもので、肌に負担をかけないから、という前提です。

P6173411-001a.JPG

目の周り、小鼻、口の下などかなりグッグッと力を入れていました。
etvosのブラシはコシがあって、顔にキズをつけないので、安心してやってよいようです。

そうすることでかなりのカバー力!コンシーラーや毛穴カバーの化粧品要らずです。
とても仕上がりがきれいで、近くで見ても厚塗りと言う感じはなかったです。

P6173389.JPG
>>etvosのメイクブラシ

3.ブラシは下から上へ向かってグルグルとマッサージするように動かす
アゴからオデコに向かってグルグルと回しながら、顔のマッサージをするように上げていっていました。
これで顔のリフトアップもできるそうです。

これでファンデは仕上がりです。
顔は片方ずつ、ブラシで肌を引き上げるように動かすのがコツみたいでした♪

P6173412.JPG

凹凸が出るとメリハリが出るので、シェードとハイライトを。
シェードにはタイムレスミネラルファンデーション
ハイライトにはミネラルフィニッシングパウダーが使われていました。

このあたりは濃い目、明るめのパウダーであれば何でもいいと思います。
とりあえずやっぱり同じように見えるけれど凹凸をつけておくのは大事みたいです。

私も手元にあった暗めのパウダーとミネラルファンデを混ぜて輪郭をなぞるように。
そしてハイライトにベアミネラルの ベアミネラル ハイドレイティング ミネラルベールを使って仕上げてみたら、やっぱり顔がスッキリとしました。

何となくそれくらいのことはあまり見た目に影響なさそうですが、出来上がってみると、顔も小さく見えるし、自然な感じに見えるなぁと改めて思いました。

 
ディアミネラルファンデーション

タイムレスミネラルファンデーション
価格 3,150円 4,830円
カラー 5色 4色
成分 マイカ・シリカ・酸化亜鉛・ステアリン酸・酸化チタン・水酸化Al・酸化鉄 ホホバ種子油、スクワラン、アセチルヒアルロン酸Na、α-アルブチン、セラミド3、セラミド6II、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、(+/-) マイカ、酸化チタン、カオリン、酸化鉄、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン、ミリスチン酸亜鉛、水酸化Al、プセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物
特長 くすまない。肌をきれいにカバーして、1日中つけたてのような輝きを保つ。

塗りやすく、美容成分もたくさん入っているので肌のケアもできる。マットな仕上がり。

きれいな仕上がりにすることを考えると、よりマット感のあるタイムレスファンデーションは暗めのカラーを買ってシェードにするほうが使いやすい(よりナチュラルに見える)ように思います。

シェードやハイライトは買わなくても手持ちに明るめ、暗めの色のパウダーがあれば、それをファンデに混ぜたりしてちょうどいい色合いにして使うのも◎です。

これが全部クレンジングを使わず、石けんor洗顔料で落とせるというのがほんとにありがたいですね。
肌に負担をかけずに、毎日メイクを楽しめます。

関連記事
etvosのミネラルメイクアップレッスンで学んだメイク方法(ベース作り)

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 etvosのミネラルメイクアップレッスンで学んだファンデの塗り方』と合わせてこちらもどうぞ

no image

7/3限り!ベアミネラル 福袋 コレクション 2010@QVC

ベアミネラルのフェイスカラー、チークカラー、アイカラー、リップグロス、マスカラなど人気アイテム18点

記事を読む

no image

〔隠〕ケガも自然に隠れた!ベアミネラル サマービスク

ベアミネラルのコンシーラー「サマービスク」を、口の上につくってしまっていたケガ(ものすごくひどい口唇

記事を読む

ベアミネラルのアイシャドウ

ベアミネラル「プライムタイム プライマーシャドウ」口コミレポート

2011年8月に発売になった「ベアミネラル プライムタイム プライマーシャドウ」。 チューブに入っ

記事を読む

no image

深澤里奈さんのミネラルメイクアップインタビュー

製品については賛否両論あるメイベリン ピュアミネラルですが、ミネラルメイクアップに関するコンテンツの

記事を読む

no image

【フィットネスタイム】ミネラルファンデ口コミ感想レポート

韓国のミネラルファンデーション、フィットネスタイムを購入、使用してみました。 超微粒子、耐水性、価格

記事を読む

no image

オンリーミネラルを購入!

ミネラルファンデーションを愛用し始めて、早5ヶ月。 ベアミネラルをリピートして使い続けているのですが

記事を読む

no image

QVC、ベアミネラルオリジナルキット開発に10名募集

ベアミネラルを通販で販売しているQVCが、ベアミネラルのコミュニティをオープンさせます。 QVCオリ

記事を読む

no image

〔得〕エトヴォスのサンプル、楽天市場店で送料無料

人気のMMU(ベアミネラルに代表されるミネラルファンデーションなどのこと)国産メーカー、エトヴォスさ

記事を読む

no image

【オンリーミネラル】ブラシの使用感想(全種類)

オンリーミネラルのブラシ、全種類を使ってみました。 この優しい肌触り、すごいいいなぁと思いました。ベ

記事を読む

no image

etvosルースミネラルファンデーションが、1万個突破!

先日私も購入した、ディアミネラル。なんと販売が1万個を突破したそうです。 MMU(ミネラルメイクアッ

記事を読む

手毬ソフト
和歌山城天守閣前のお天守茶屋でご当地スイーツ「手毬ソフト」

和歌山城天守閣前にある売店が2018年4月にリニューアルして、食事をし

夜市
ガイドブックに載っていない台湾グルメ、ぜひ食べてほしいもの(夜市、朝ごはん、スイーツ網羅)

2018年3月、昨年に続いて台湾へいきましたが、今年の4月には娘も台湾

龍門客棧餃子館
[台湾旅行]台北美食、龍門客棧餃子館でディナー

2018年も台湾・台北に行ってきました。 ローカルな食事を中心に、こ

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑