化粧品の安全性は、試験の期間・予算である程度予想

公開日: : スキンケア 著者:>>emi mantani

カネボウの美白化粧品被害があり、私もそれから色々な成分メーカーや化粧品販売会社、開発している先生方のお話を聞いてきました。

ナールス セミナー
[※写真は8月31日の「ナールスピュア発売記念セミナー」内で開発者 湯浅勲名誉教授のお話より]

安全性というのは”試験期間”、”試験予算”、”モニターの数”、”想定する副作用や使用パターンの数”などをかけ算していって生み出されているものだということが私なりにわかってきました。

化粧品は医薬品と違うとはいっても、決められた試験をこなしてから発売となります。
けれど、新しい成分や商品の長期利用時や他の成分と混ぜた場合や使用量の想定など、個人によって使い方に差のある化粧品は完ぺきな試験をするというのは難しいです。

だからその化粧品開発にかけられた予算や期間、人材がどれほどのものか?調べたり聞いたりすることによって、安全性の信憑性を予想することがユーザーに出来ることだと思いました。


その化粧品の成分の歴史は?
ナールスゲン セミナー

成分メーカーの方や開発している教授のお話を聞いて、まずはユーザーとして「その化粧品の成分がどこから来ているか」ということを気にしてみるとよいと思いました。

今回のカネボウの問題を例にしてみると、この美白成分はカネボウが独自で開発したものでした。
そのほかにどういう開発パターンがあるかというと・・・。

●大学などと連携する
●成分開発専門の会社が開発する
●自社開発でもフジフイルムのように別事業の技術を転用して開発する
●製薬会社が開発した成分を利用する
●医師と連携

色々なパターンがありますが、多くの場合はこのような形のようです。
成分開発の会社は国内外に色々ありますので、有名メーカー以外の化粧品はこういったところから成分を買って、自分達で配合して商品としています。

問題となるのは予算。その予算でどこまでできるか?
化粧品がクリアすべき試験は医薬品より少ないです。
予算がギリギリであれば、やはりそのやるべき試験のみで終わらせてしまうことも多いと思います。

特に自社で1から成分を開発する場合(カネボウの例)、今までの積み重ねがあったり、他の事業で開発した技術の転用ができたりすれば予算は圧縮できますが、本当に1から作るとなると、莫大な予算が必要です。

大学などと連携するパターンでは、予算の補助があったり、医薬品開発の途中でできた成分だったりすると、通常の化粧品開発にかける以上の予算投入ができるので、試験もたくさんしていることが多いと思います。

・・・こういったことが詳しく発表されているか、表に出している試験データや使用想定パターンが多いか、調べていくと、その化粧品の本当の姿が見えてきます。

1つの目立った成分の配合有無や濃度、心を躍らせるキャッチコピーに迷わずに、化粧品をきちんと見て使うかどうか決めることがユーザーにできる安全への最善策だと思います。

安全に絶対はないのと、個人差があるので、自分に合うかどうかをチェックするのも大切です。

自分に合う化粧品かどうか?
●自分がNGな成分を把握する
→アレルギー、かゆくなる成分など。
→お試しセットやサンプルを使ってテスト。

●規定されている使い方を守れるかどうかチェック
→ある程度塗布量など決まっているので、それが自分に合っているか。

商品の説明書や箱に書かれている使い方をしていれば、基本的には想定されて試験されているパターン内におさまっているので、安心感が増します。

もっとたくさん使いたいなど、想定されていないパターンで使うのであれば、別の化粧品を探したほうが安心な場合も。

このあたりは好みですし、難しいですが、化粧品の試験はある程度想定されたパターン内で行われているので、それに沿っていると安心感が高まる、ということですね♪

安全に絶対はないですが、化粧品の見方をユーザーとなる私たちが変えることで、試験がきっちり行われたり、安易な成分開発や配合がされなくなるかも・・・なので、まとめて書いてみました^^

今回取材でお世話になった方々へのリンク
医薬品マーケティング メディカルコミュニケーション 医薬広告 株式会社ディープインパクト
プラセンタ原料メーカー【バイオアンチエイジング】オンラインショップ
手作り化粧水,無添加化粧品フルフリ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 化粧品の安全性は、試験の期間・予算である程度予想』と合わせてこちらもどうぞ

no image

オーガニック化粧品と普通の化粧品の違い、選び方

天然成分を主とするオーガニック化粧品。 たくさんのメーカーから発売されていますが、それほど天然成分に

記事を読む

no image

乳液やクリームで解決しない「乾燥肌」が多い

乾燥肌の原因には「水分が足りない場合」と「油分が足りない場合」の2パターンがあります。 そのどちらが

記事を読む

no image

オラクル化粧品の定期購入続けています

オラクル化粧品の定期購入を続けて、3回目の荷物も届きました♪ これでナイト・クリームは3本目(いや4

記事を読む

no image

ラ ロッシュ ポゼのターマルウォーター、リピート中です。

肌の調子を整えてくれるターマルウォーター(プレ化粧水)がとてもよかったので、2本目を買いました。 顔

記事を読む

no image

〔効〕レストジェノールのクリーム、毛穴に効果有り

帯状毛穴に挑戦する、というコンセプトのレストジェノール。 今までクレンジングや化粧水、石鹸など使いま

記事を読む

no image

資生堂HAKU使用感想

2005年から激売れのHAKU使っています さまざまなコスメ雑誌でも有名な、資生堂HAKU。 シミを

記事を読む

no image

肌チェッカー「美肌鑑定」口コミ感想レポート

ファンケルから発売されている肌チェッカー「美肌鑑定」使っています。 体重と同じように、肌も毎日数値チ

記事を読む

no image

オラクル化粧品 クリームルネサンス(ナイトクリーム)レビュー

日焼けした肌にもずっと使っていたのですが、とても保湿されて乾燥せずにすみました。 全然油こくなく、肌

記事を読む

no image

〔肌〕佐伯チズさん推奨、冬のスキンケア法

佐伯チズさんの「頼るな化粧品!」にはスキンケアの基礎、やり方がたくさん書いてあります。冬になって乾燥

記事を読む

no image

乾燥肌対策に、CAC化粧品メンブレンフェイスローション

真冬が近づいてきて、肌が乾燥しやすいシーズンになってきましたね。 静電気でも肌は乾燥するので、ニット

記事を読む

手毬ソフト
和歌山城天守閣前のお天守茶屋でご当地スイーツ「手毬ソフト」

和歌山城天守閣前にある売店が2018年4月にリニューアルして、食事をし

夜市
ガイドブックに載っていない台湾グルメ、ぜひ食べてほしいもの(夜市、朝ごはん、スイーツ網羅)

2018年3月、昨年に続いて台湾へいきましたが、今年の4月には娘も台湾

龍門客棧餃子館
[台湾旅行]台北美食、龍門客棧餃子館でディナー

2018年も台湾・台北に行ってきました。 ローカルな食事を中心に、こ

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑