WordPressの公式テーマディレクトリに、自作テーマ(theme)を登録していく方法

公開日: : 最終更新日:2014/06/13 WordPress 著者:>>emi mantani

WordCamp Kansai2014のコントリビューターデイで、自作のテーマをWordPressテーマディレクトリーに登録したという@pitch_kunさんに、どうやって公式テーマとして掲載されるようになったかというお話をうかがうことができました。

WordCamp Kansai2014コントリビューターデイ

実際にどうやっていったかの流れと、気を付けるべきことなど貴重な体験談を聞かせていただきましたので、こちらでまとめておきます。

WordPressの公式テーマ、テーマディレクトリーって、そもそも何?

WordPressには、”見栄え”をカスタマイズするテーマ(theme)システムがあります。
無料のものも有料のものもあり、色々なサイトで配布・販売されています。

そんな風に色々あるテーマの中で、WordPressが公式にガイドラインに沿って検証し、誰でもフリーで使うことができるものを集めて公開しているのが『WordPressテーマディレクトリー』です。WordPressが検証してOKを出したテーマしかこのディレクトリーには掲載されていないので、安心してユーザーは使うことができます。

WordPress公式テーマディレクトリーキャプチャ画像

公式にテーマディレクトリーに登録されていないものは全く検証されていないため、不正なコードが埋め込まれたりしている可能性もあるのです。公式ディレクトリーのテーマはきちんとそういった面で検証され、ユーザーが安心して使えるようにと用意されています。

【本題】自作のテーマを、どうやってWordPressのディレクトリーに登録してもらうか

ざっくりとした流れは、WordPressのチームが公開しているガイドラインを読んで、それに沿わせた自作テーマを作る。

WordPressテーマレビューページ

そしてそれを専用フォーム(←ログインしているとアップロード画面が見えます)から投稿して審査してもらい、評価チームから指摘された箇所を随時修正していく…となります。

WordPressテーマ審査ページ

審査に出す前に、準拠しているかどうかテストする

テーマを審査に出す前に、ガイドラインに準拠しているかどうかテストしてから出すほうがよいそうです。
基本的には絶対やらないといけないわけではないと思いますが、あまりにもテーマがガイドラインからかけ離れていると、チームに評価してもらえず、「もう一度提出しなおして」となるそうです。

Theme Unit Test « WordPress Codex
WordPress › Developer « WordPress Plugins
↑ユニットテスト用と、開発に使えるプラグイン。

テストの方法は色々とあり、ブログに書いてくださっている方も多いので、そちらも参考になさってください。

WordPressでテーマを作る際のテーマユニットテストのススメ | firegoby
できる!WordPressの公式ディレクトリにテーマを登録 | WP-D

公式ディレクトリーに登録した体験から、気を付けるべきこと

@pitch_kunさんhinagataを公式に登録したときに体験した中で、気を付けるべきことを教えてもらいましたのでリストアップします。

1.自作関数・変数に関してはユニーク(固有)接頭辞を付ける必要がある。テーマ名に関連するもの。

2.テーマにベタで書くcopyrightなどは多言語化しないといけない。基本は英語。ベタで書くだけでなく、翻訳ファイルを作って設定を追記しておく。

3.必須ファイル:index.php,style.css,comments.php,screenshot.png
→スクリーンショットには気を付ける。ロゴやアイコンではなく、そのテーマを適応させたときにどういうふうに見えるかという”普通”の「スクリーンショット」を登録する

4.何かのデフォルトテーマ(例えばtwentytwelveなど)に乗っ取って作成したとしても、古いテーマであった場合はガイドラインが更新されて「古くなっているから書き方がダメ」と言われることがある。だから、何かのテーマを参考にするなら新しいものにしておく。

5.https://themes.trac.wordpress.org/という管理ページでテーマレビューが行われている。どういうふうに評価され、チェックされているのかを確認できる。これから自分がテーマを登録しようとしている場合、レビューされているものがどういうところで指摘を受けているのかチケット内容を読むことで知見が広げられる。

6.テーマは基本的にビジュアルを構成するものなので、テーマに依存する機能は使ってはいけない。それはプラグインとして外へ出す。

7.100%GPLに準拠する必要がある。

8.Readmeファイルは、「ここから日本語で書きます」と断り書きを入れて全部日本語で書いた。OKだった。

***

公式ディレクトリーにテーマを登録するには、このような流れがあり、数が多いので大変そうな気はします。
けれど、審査が始まれば修正すべき点はレビューチームからコメントとして返されてくるので、それに対して修正し続ければいつかは登録される、と公式テーマを作った方々は口を揃えます。

日本では公式ディレクトリーにテーマを登録している人はとても少ないとのことですが、全世界的にはWordPressでビジネスチャンスがあるのは”テーマ”だと言われています。頑張って作って、きちんと検証されて登録されれば、自分のこれからの仕事に役立つことは間違いなさそうです。

これからWordBench和歌山では、このWordPressの公式ディレクトリー登録を目指して、頑張って活動していくことが予定されています。皆で公式テーマを作ってみたいな、、と思われる方はWordBench和歌山によければいらっしゃってください^^

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

▼このブログの番外編もFBページで公開中♪▼

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住の地方ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

follow us in feedly←RSSリーダーへの登録はこちらです(≧∇≦)

Comment

  1. […] WordPressの公式テーマディレクトリに、自作テーマ(theme)を登録していく方法-オレンジスカイの興味津々 […]

  2. […] WordPressの公式テーマディレクトリに、自作テーマ(theme)を登録していく方法| オレンジスカイの興味津々 […]

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 WordPressの公式テーマディレクトリに、自作テーマ(theme)を登録していく方法』と合わせてこちらもどうぞ

wckansai20140608a

WordCamp Kansai2014のコントリビューターデイ参加で考えた、ブロガーにできる貢献とは

WordCamp Kansai2014の2日目に開催された、コントリビューターデイに参加しました。

記事を読む

ツイート画面

アクセスアップ!ツイートに画像やサイト概要をWordPressプラグインで入れる

1つのツイートからの流入やクリック数を増やすために、リンク先の概要や画像を表示させる方法があります。

記事を読む

ヘテムルのphp提供終了画面キャプチャ画像

レンタルサーバー「ヘテムル」のバージョン問題、php5.2以下から5.4へ変更方法

レンタルサーバーhetemlでPHP4および、PHP5.2の提供が終了となります。 契約してウ

記事を読む

Jetpackのカスタマイズ

オレンジスカイの興味津々で使っているWordPressプラグイン2014

このブログは現在WordPressを使っています。 その運用に関して、2014年夏の段階で使っ

記事を読む

WordCamp Kansai2014スタッフTシャツ

WordCamp Kansai2014にスタッフとして参加したきっかけと理由

2014年6月7日、8日に開催されたWordCamp Kansai2014には、スタッフとして参加し

記事を読む

WordBench和歌山の様子

公式ディレクトリ登録を目指す!第2回WordBench和歌山でテーマ制作準備

2014年6月29日に、第2回WordBench和歌山が開催されました。 WordBench和歌山

記事を読む

ccc設定画面

ブログの文章がコピーされたらわかるWordPressプラグイン「Check Copy Contents(CCC)」

いい意味でも悪い意味でも、文章がコピーされることは実は結構あります。 WordPressを使って作

記事を読む

ロリポップのキャプチャ画像

WordPressをはじめて使うのにオススメレンタルサーバー「ロリポップ」契約手順

WordPressを使ってはじめて何かブログやサイトを構築したいと思うとき、まずはレンタルサーバーを

記事を読む

matt mullenweg

WordCamp Kansai2014、公開されているスライド・資料まとめ

WordCamp Kansai2014が2014年6月7日、8日と開催されました。 参加できなかっ

記事を読む

WordBench和歌山

第1回WordBench和歌山に参加!わからないなりにテーマの翻訳をしました

第1回WordBench和歌山に参加しました。 今回は春の翻訳祭りということで、全国のWordBe

記事を読む

グリーンソフトのサークルK
グリーンソフトのエクレアと抹茶プリン@期間限定・サークルK

玉林園が監修したコンビニスイーツが7月頭まで販売されています。 グリ

大池遊園カフェのランチ
大池遊園にエバグリーンのカフェ&ジェラート店 ランチも食べた!

先日、大池遊園にオープンしたカフェ「大池カフェ ST。ZEPHER(セ

IMG_5056a
乾燥せず塗りやすい日焼け止めクリーム、野球・サッカー観戦に使いやすいもの

最近屋外でのスポーツ観戦が多くなり、日焼け止めをいくつも試しています。

IMG_9418a
保湿も引き締めもできるマルチVC100エッセンスローション@ドクターシーラボ

ドクターシーラボはオールインワンゲルの印象が強いのですが、機能性ローシ

パンケーキラボのランチ
和歌山のパンケーキ専門店「パンケーキラボ 和」@4月8日に移転オープン

和歌山市元寺町にあったパンケーキラボさんが移転しています。 阪和

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook




  • レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑