【レポート】「食える」ライター登竜門@ライターという仕事について

公開日: : コワーキングスペース 著者:>>emi mantani

6月20日に、五反田のコワーキングスペース「CONTENTZ」(コンテンツ)さんのオープニングイベント第1弾として開催された「『食える』ライター登竜門」へ参加してきました。

食えるライター登竜門

ブックライターの上阪徹さんと、宮脇淳さんのトークイベントでした。

“ライターという仕事”についてがテーマだったのですが、おふたりの経験談から出てくるお話ばかりでとても具体的で、勉強になることばかり。すごく刺激的な時間でした。私個人としては、これからの仕事への向き合い方が、今日を境にグッと変わる気がします。

このイベントは撮影、SNS、ブログへの投稿OKということでしたので、少し内容をまとめてみたいと思います。

食べられているライター(上阪さん)は文章を書くのが好きで得意なのか?

トークイベントは質問がいくつか出てきて、それをテーマとして話を進めていくというスタイルでした。

まず最初はライターさんは、やっぱり文章が好きで得意で、文章を書くスキルがずば抜けているのか?というところからトークイベントが始まりました。

プログラマーなどに置き換えてみると、「誰よりも早く独創的?なプログラムが書けるのかどうか」みたいなことでしょうか。スキルの優劣で食べられる・食べられないが決まるのかどうか、文章が好きだからライターになったのかという意図の質問でした。

この質問について、上阪さんは「特に好きではない。広告には興味があったが、書くのも読むのも好きではない。得意だとも思っていない」という回答をされました。「書くことが好きだからライターになった」わけではないのですね。

ライター登竜門

上阪さんは働いていた会社がなくなってしまい、食べていくためにライターになったという経緯を話してくださいました。目の前のことをやっていくことで信用につながり、紹介で仕事が入ってくるとのこと。

スケジュールが空いていれば基本的に仕事は受け、内容では決めない。仕事の大きさややりがいなども関係ない。すべてはスケジュールが空いているかどうか」で仕事を受ける・受けないを決めているとのこと。目の前の誰かのために一生懸命打ち込むことが仕事である、という話はとても心に残りました。

続けて「好きなことを書きたいなら作家になればいい。ライターは求められた時にそれに答えられるクオリティの文章を返すこと」が仕事だとおっしゃいました。

上阪さんは一貫して「ライターは求められているものを理解して、それに文章で答えることが仕事。創作活動ではなく、ビジネスマンなのだ」と言われていて、これがほんとに私は目から鱗が落ちたというか、漠然と意識の中にはそういうことがありましたが、ハッキリ言っていいんだ!と何だかとても強く感動しました。

上阪さんが思う、ライターという仕事について

上阪さんが気を付けていること、ライターとして心掛けていること、実践していることが話の端々にありましたので、まとめてみました。

●ライターの文章はパズル
→文字数は依頼の時点で決まっている。ということは、書く要素はもうすでに決まっている。その要素をどの順番で出し、組み合わせるかを考える。

●書かなければいけない要素を見つけてリストアップしていく
→取材し、それをどういう風に組み合わせていくかをアレコレと動かしながら考える。(宮脇さんは文章の最初と最後から考えて、真ん中を埋めるとおっしゃってました。)

●創作活動ではなく求められて書いているのだから、ライターはビジネスマンだ
→依頼者が求めていることをそちら側の発想で理解し、締切通りにきちんとした原稿を出すこと。

●売上高などは同業のライターと比べず、ゲームコンテンツ会社など全然別のジャンルと比べる
→もっとやらなくてはいけない、もっとやるべきことは?と売上について前向きに考えていく。

●仕事は自分のためではなく、誰かのためにやる
→個性ではなくオーダーに答える力がいる。相手の立場から物を見る想像力も。

contentzトークイベント

ライターという仕事には営業が必要か?どこから仕事が発生するのか?

おふたりとも同じご意見で、とりあえず、特段営業やアピールはしないとスタンスが一致していました。

「営業活動を特に意識するのではなく、目の前の仕事をきちんとこなしながら、『ライターやってます』と言う。仕事はどこから紹介で入るかわからないから、自分をライターとして認識してもらって、ちゃんと仕事をしそうだと思ってもらおう」とのこと。

仕事を増やすためにやっておくとよいこと
●締め切りを守る
●大きな会社に行く時はネクタイをするなど身なりを整える
●プロフィール、今までの仕事をきちんと書く
●年賀状などを出して自分を思い出してもらう
●得意分野はあったほうがよい。ひとつあると仕事を頼みやすい。
●ただ、得意分野などは自分でいうのではなく、周りに言われることが割と大事
●専門性があっても、専門誌はベテランライターがいるから、金融の専門性を持って女性誌にいくなど柔軟に考える

ライターはビジネスマンに近いのだから、そういうスタンスでやっていけば大丈夫!と上阪さんが繰り返されていましたが、理由があるのだろうと思います。

「ライターなんだからそういうカタイのはなしでお願いします」というタイプの人も実際数多いのかもしれないな・・・と思います。やはりフリーになるとそういったところでつい甘えてしまうことがあります。注意する上司がいなくなりますし…。

でもそれは自分で自分の首を絞めてしまってライターの立場を弱くしてしまう、ということだと上阪さんのお話しから感じたので、私もほんとに気を付けようと思いました。

頼まれたことを、依頼してくれた人のために一生懸命こなしていこう!!

ライターを探している人は、今も十分多いとのこと。
ブックライターもウェブライターも、まだまだ需要はあり、誰かいないかな?と探している人はいるそうです。

ほんとに刺激的で前向きになれる話をたくさん聞かせていただきました。
五反田のコワーキングスペース contentzさんでは、今後もイベントが開催されるとのことですし、ライターや編集者が中心に集まりそうなコワーキングなので、これからも楽しく学べる場となりそうです!

楽しく勉強になる時間でした。
開催してくださった宮脇さん、たくさんの貴重な話をしてくださった上阪さん、ありがとうございました!

▼五反田のコワーキング contentzさんのウェブサイト
http://contentz.jp/

▼上阪徹さんが出されている本
上阪徹さんの著書@Amazon

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 【レポート】「食える」ライター登竜門@ライターという仕事について』と合わせてこちらもどうぞ

ライター交流会・宮脇淳

#ライター交流会 に参加!ライター、ブロガー、編集者のトークセッション

東京・五反田にあるコワーキングスペース「CONTENTZ」で開催された、2016年11月ライター交流

記事を読む

CONTENTZコワーキングスペース

五反田のコワーキングスペースCONTENTZの月イチ交流会

先日、五反田のコワーキングスペースCONTENTZ(コンテンツ)で月1回開催されている交流会に参加し

記事を読む

コワーキングCo:Labo 難波店

なんば駅近のコワーキングスペース「Co:Labo難波」でドロップイン

南海難波(なんば)駅の南改札口を出てすぐにある、コワーキングスペース「Co:Labo難波」に行ってき

記事を読む

和歌山コワーキング会議の様子

【レポート】和歌山コワーキング会議@トーク内容まとめ

2014年6月15日、和歌山経済新聞主催のトークイベント「和歌山コワーキング会議」がありました。

記事を読む

地方在住ライター会議

【登壇レポート】2017/2/10 地方在住ライター会議 #ライター交流会

五反田のコワーキングスペースCONTENTZで開かれた、ライター交流会に登壇してきました。 テ

記事を読む

コワーキングスペースco-Edo

茅場町のコワーキングスペース「Co-Edo」でドロップイン

先日、東京駅からほど近い茅場町のコワーキングスペース「Co-Edo(コエド)」さんでドロップイン利用

記事を読む

コワーキングスペース7Fの室内

大宮のコワーキングスペース「7F」@駅近!はじめてでも行きやすい

さいたま市大宮にあるコワーキングスペース「7F(ナナエフ)」へ初めて行ってきました。 ひとりで

記事を読む

コワーキングスペースCONTENTZ

五反田のコワーキングスペースCONTENTZを利用。品川から近い♪

東京・五反田のコワーキングスペースCONTENTZ(コンテンツ)へ行ってきました。 編集プロダ

記事を読む

神田ラウンジ

神田駅近く!山手線降りてすぐのコワーキング「KANDA LOUNGE(神田ラウンジ)」

駅から遠いコワーキングスペースが多い中で、やっと山手線を降りてサッと入れるコワーキングスペースがオー

記事を読む

シェアキッチンPLUG

「食」をもっと楽しく!シェアキッチン「PLUG」プレオープン

9月10日にグランドオープンするという、和歌山に新しくできたシェアキッチンスペース「PLUG(プラグ

記事を読む

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

パティスリー・シュシュのケーキ食べ放題
ダイワロイネットホテル和歌山で初のスイーツバイキング!

ダイワロイネットホテル和歌山3階のレストラン「サンクシェール」で、初の

ジママヤベーカリー
ドーシェルで修行した職人さんが有田川町で独立!ジママヤベーカリー

先日イベント「マルシェドプティパ」に出店されていたジママヤベーカリー(

ドトールでWi-Fi
ドトールにも無料Wi-Fiあるよ!速くて快適 *使い方*

スターバックスやタリーズと同じように、ドトールにも無料で使えるWi-F

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑