【レポート】和歌山経済新聞主催、地方の情報発信をテーマにした「記者トーク」

公開日: : @和歌山情報 著者:>>emi mantani

先日、私も記者として参加している和歌山経済新聞が1周年を迎えました。

そのタイミングで、他の経済新聞から記者さんに集まってもらい、”地方の情報発信”を皆で話し合うトークイベントを開催しましたのでそのレポートです。

大きな観光地があまりない地方都市ができること、どうやれば経済も活性化して人が来てくれるのか、3名の記者が考え発表したイベントでした。

和歌山経済新聞トークイベント

この企画は「和歌経文化センター」というものの一環。
経済新聞を読んでくださっている方、普段支えてくれている方との交流イベントと位置付けられています。

そもそも”経済新聞”というメディアとは?

和歌経文化センター

参加した3名の詳しい情報はこちら「和歌山でみん経地域記者トークイベント-「ローカルからの情報発信」 – 和歌山経済新聞」。

みんなの経済新聞新聞ネットワークは、記者クラブなどに入らない(入れない)ことがほとんどで、街を歩いたり運営者の人脈で情報を集め、それぞれ独自に熱い記事を書いて、Yahoo!ニュースの地域版に配信をしています。

運営はフランチャイズのような感じで全国の”経済新聞”の運営母体は違います。
(和歌山経済新聞はコワーキングスペースに集うコワーカーが有志でやっています)

それでも運営にかけている手間や情報収集方法などは、だいたいどの経済新聞も同じで、独自に収集したものを、独自の切り口でニュースにしています。

和歌山経済新聞文化センター

和歌山、西宮(姫路)、徳島のローカル情報発信の現状

そんな記者が感じる地方都市の情報発信の現状をまとめてみます。

●基本的に地元資本の情報はなかなか入ってこない(東京資本の情報は、広告会社やPR会社から入ってくる)。
●そのエリアにいる人で、情報発信している人、団体は少な目。
●検索しても情報が見つからないイベント、店が多い。

こういう状況ですが、大都市に住む多くの人は「ネットで検索して見つからなかったら、『行かない』『存在しない』と感じてしまう」ので、「集客できない」という悪循環になっているのではないか?というところが3記者の大きな同意点でした。

情報発信するという意識がまだない、情報発信をするメリットを知らない

情報発信していないからダメだということではなくて、まだ知らないからやっていないだけ。
経済新聞というメディアを通して自分たちも頑張るので、ぜひ情報発信してほしい。

というような流れで、トークイベントは終了に近づきました。

情報発信って具体的にはどういうことなんだろう?

そもそも何が「情報」なのか、どうすれば「発信」なのか。
そういうところはちょっとトークイベントでは話し切れていなかったかなと思うので、こちらでちょっと補足してみます。

事物・出来事などの内容・様子。また,その知らせ。 引用:情報とは – IT用語辞典 Weblio辞書

相手がそれを知ることで、状況がわかったり知識を得られたりするのが情報です。
単純に『知らせ』というのがよくわかるかなと思います。

「発信」は共有すること、誰かに伝えること。
伝えられる手段は何でもよくて、直接話す(電話する)、FAXする、メールする、TwitterやFacebookで書き込む。

このようなことを指すので、単純に口や文章に出していくことですね。
こうしなければならないという形式は何もなくて、とにかく情報を誰かに話す、見てもらう、共有する、そういう動きをすることが「発信」ですね。

確かに1つやることが増えるので大変なことですが、少し意識を向けることで、いいこと・メリットが多いと思います。
イベントでも一生懸命準備しても、誰にも言わないと「知らなかったよ~~」で終わってしまいますもんね。

こういう結論ですが、今回のトークイベントがなければこの話はしなかったので、ほんとにこういう機会があってよかったなと思いました。
自分も勉強になりましたし、経済新聞に記事を書いていることの良さとか、改めて感じられました。

また今後もイベント開催がありますし、和歌山経済新聞は毎日平日1本の記事を書いて発信しています。
よろしければ読んでみて下さい。他のエリアにお住いの方には観光の情報収集になると思います!

▼▼
和歌山経済新聞 – 広域和歌山圏のビジネス&カルチャーニュース

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ブログへのご訪問ありがとうございます! このブログを書いているのは和歌山在住のライター&ブロガー万谷絵美(オレンジスカイ)です。記事のシェア、コメント、とても嬉しいです。ご質問やご相談もお待ちしています。わかる範囲内であればコメント欄でお答えしています^^

コメントを残していただけると、大変うれしいです!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

花画像『 【レポート】和歌山経済新聞主催、地方の情報発信をテーマにした「記者トーク」』と合わせてこちらもどうぞ

no image

〔海〕淡輪潮干狩り場@せんなん里海公園、子連れレポート

大阪の南部、和歌山との境目に位置する淡輪(岬町)で潮干狩りをしてきました。 国道26号線沿いにあって

記事を読む

キミノーカのジェラート

紀美野町の「キミノーカ」で山椒チョコジェラート@9月

紀美野町で野菜を使った作りたて生ジェラートを食べられるお店「キミノーカ」さん。 2014年9月

記事を読む

道産子のみっちー

向陽病院近くに馬が!道産子と北海道から沖縄まで歩く和歌山出身の北大生

和歌山市の向陽病院近くに、2014年12月半ばから1月5日まで2頭の道産子がやってきています。

記事を読む

伊太祁曽駅前のココジェラート

伊太祁曽駅前の「ココ・ジェラート」@和歌山の野菜や果物を使った濃厚ジェラート

伊太祁曽駅前に、ジェラート店が出来ました。地元の野菜や果物がたっぷり入ったジェラートは味が濃くてとて

記事を読む

高津子山への山道

和歌浦天満宮から高津子山へ、海を見ながらハイキング

学問の神様、和歌浦天満宮内からハイキングへ出かける山道が続いているのはご存知でしょうか。 先日

記事を読む

たこやきEIGHT

お箸でつかめない柔らかいたこ焼き!たこ焼きバー「TAKOYAKI EIGHT」@和歌山市

お酒に合う創作たこ焼きを作ってくれるたこ焼きバー「TAKOYAKI EIGHT」に行ってきました。

記事を読む

みろづ駅舎カフェ

紀の国トレイナート2015!海岸線沿いの「みろづ駅舎カフェ」

去年はじまり、人気のため今年も継続されたアートイベント「紀の国トレイナート2015」へ行ってきました

記事を読む

シェアキッチンPLUG

「食」をもっと楽しく!シェアキッチン「PLUG」プレオープン

9月10日にグランドオープンするという、和歌山に新しくできたシェアキッチンスペース「PLUG(プラグ

記事を読む

Herb+(ハーブプラス)

有田のHerb+Cafe(ハーブプラスカフェ)、プレオープン中!

10月1日から、カフェ&ハーブや野菜の直売所「Herb+Cafe」がプレオープンしています。

記事を読む

清乃のラーメン

ベストラーメン2013の清乃の「角長醤油『匠』」@2013年12月

先日食べログで発表になった、年間のクチコミ評価ランキングで決められる”ベストラーメン2013”。

記事を読む

夜市
ガイドブックに載っていない台湾グルメ、ぜひ食べてほしいもの(夜市、朝ごはん、スイーツ網羅)

2018年3月、昨年に続いて台湾へいきましたが、今年の4月には娘も台湾

龍門客棧餃子館
[台湾旅行]台北美食、龍門客棧餃子館でディナー

2018年も台湾・台北に行ってきました。 ローカルな食事を中心に、こ

TestiMoneのパスタ
【和歌山・有田レストランレポ】みかん街道沿い「テスティモーネ」は絶景イタリアン

海も山も見渡せる絶景イタリアンレストラン「テスティモーネ(TestiM

グッドラックコーヒーの店内
【和歌山カフェレポ】インスタで人気「グッドラックコーヒー」@和歌山市黒田

和歌山市黒田のレストラン「バベーネ」がカフェにリニューアルしたのが5月

パティスリー・シュシュのケーキ食べ放題
ダイワロイネットホテル和歌山で初のスイーツバイキング!

ダイワロイネットホテル和歌山3階のレストラン「サンクシェール」で、初の

→もっと見る

  • オレンジスカイご訪問ありがとうございます!このブログは和歌山在住の地方ブロガーが「いろんなことを応援したい」精神で様々なものをレポートしている地域密着型ブログです。管理人は和歌山市在住、30代、女性ブロガーです。
    メール、コメントなどとても嬉しいので、ブログへの感想・疑問、相談など何でも気軽にお寄せください。嬉しいです。

    和歌山経済新聞の記者活動にも有志として参加しています。

    プロフィール:Google+/Facebook

  • ロコンド 靴とファッションの通販サイト

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
PAGE TOP ↑