HD内蔵ビデオカメラ「エブリオ」購入。小さくて驚き!

子供を撮るのに人気のビデオカメラ「エブリオ-everio-」。
予備のテープやDVDといったメディアが必要ないので、手軽に日常の撮影をするのに向いています。

everio1.jpg

ほんと小さくて、軽いので、いつもかばんに入れておく、、というのも可能です。

子供を撮るビデオカメラを選ぶポイント
●ハードディスク内蔵型
大事な場面でDVDやテープが切れる・・・私が小さい時の撮影でいつも親が言ってました(笑)

●長時間撮れる
バッテリーの稼働時間も重要。充電も忘れがちになるので、とりあえず長く持ったほうがストレスがありません。

●軽くてママもストレス無く持ち歩けるもの
パパが選んで買ったとしても、日常を撮影するのはママ。やっぱり軽いほうが手首に負担もかからないし、ビデオカメラの活用頻度が格段に上がると思います。

自分が子供を撮影しようと選んでみて、やっぱりこの3点は外せないと思いました。
その次に予算に合わせて、目一杯高画質で撮れるものを選べばいいのだなって思えるようになりました。

どんどんフルスペックハイビジョンなど高価できれいにとれるカメラが出てきています。
けれど、昔、私をおじいちゃんがカメラクルーのように大きくて重いカメラで撮ってくれたテープは、画像は粗いですが本当にいい思い出になっています。

色あせない画質も大切かもしれませんが、一生懸命撮ってあげることで、そこはカバーできるんじゃないかと思います。

【比較】購入か、レンタルか
安心サポートと低価格のレンタルカメラショップさんなどで、購入せずともビデオカメラは格安レンタルできます。
運動会や旅行のときしか使わないのなら、レンタルで十分です。

色々あわせてレンタルだと5千円~1万円かかりますが、年に2回なら多く見積もって2万円で済みます。これで最新のカメラを毎回違う機種で使い続けられるわけで、時々の使用ならレンタルが便利なのではないかなと思います。

日常使いなら↑に書いた3条件を満たしたビデオを購入しておくのがポイントかなと思いました♪

▽ランキングから今のビデオカメラの売れ筋をチェック
HDD内蔵ビデオカメラ人気ランキング-楽天市場-
●送料無料がよいならAmazonビデオカメラカテゴリ売れ筋ランキング

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他