〔新〕ベルメゾンのカタログ請求スタート♪

私も千趣会時代からお世話になっていて、通販歴はもう25年になりました。
ベルメゾン!毎回新しいカタログを読むの、楽しいですよね。

2009-05-22.jpg

ベルメゾンのカタログは毎回写真がすごくきれいなので、模様替えのお手本にもなります。
玄関の飾りの工夫など、細やかに配慮された写真がすごく多いです。

2009-05-22%20001.jpg

ベルメゾンお買い物のポイント
●新しいカタログが来たら、洋服はとにかく早めにチェック!
⇒サイズ、カラーによっては、すぐに在庫がなくなってしまいます。

というのも、ベルメゾンはカタログを発送するのに、最初に発送した人から最後の人までのブランクが1ヶ月近くあるそうなんです。最初に受け取った人は、無条件に早く注文をしていますので、最後のほうにカタログが届いた場合、もともとの在庫が少ないお洋服関係は手に入りづらくなるんです。

なので、できるだけ早めに洋服はチェックをして、注文をしておくのが、自分の欲しいものを間違いなく手に入れる方法です。

●一度カタログに掲載されたものは、次のカタログに載るかわからない
⇒千趣会の社員さんに聞いてみたところ、すごく刹那的(笑)なのだそうです。

「今欲しいとおもったら、今買う」
そのスタンスを忘れて欲しくないので、次の号にその商品がまた載るかどうかは全くわからないのだそうです。だから欲しいなと思ったらそのときに購入するのがベルメゾンのポイントです。

すごくいい商品でも、あまりロングセラーにはしないというのがスゴイですよね。
次々にいい物を作るからということらしいので、会社としてそれをするのはすごいですが、消費者としては「あぁアレ良かったのになぁ。もう無いのかぁ」ということも時々あります(汗)。

ベルメゾンは本当に”モノづくり”の会社だなぁと思います。
カタログを眺めるだけでも楽しいので、新しいカタログの請求もぜひ^^

本屋さんなどでは有料ですが、インターネットでは無料で請求が可能です。
(割引ハガキは付いていませんので、ご注意下さい)

ベルメゾンネット
カタログ請求はこちらから【ベルメゾンネット】

カタログ請求する前に、デジタルカタログでも全ページチェックができます。
欲しいものが見つかるとそのままネットショッピングできるのです◎

ベルメゾンネット
デジタルカタログはこちら

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他