[レシピ]梅酒♪超簡単です~。

先日、紀州の南高梅を、旦那さんが研修で収穫してきたので梅酒を漬けました。

材料さえそろえれば、漬けるのは一瞬!

初心者の私たち家族でも、5分もかからずできました。

材料

梅、ホワイトリカー、氷砂糖、漬けるビン。

分量は梅2キロにホワイトリカーが1本、氷砂糖は1キロ。

下準備

青梅はへたをとって、汚れや水分をキッチンペーパーでしっかりぬぐっておきます。うちでは洗わないで、そのまま汚れだけとったような感じです。

梅→氷砂糖→梅→氷砂糖・・・とビンの中に、だんだんに積み上げて、最後に上からホワイトリカーをジャーっと。

しっかり密閉してできあがり。

ポイント

*ふるいビンを使う場合は、煮沸消毒しておきます。ビンの中に熱湯をいれて、しっかりふたをして逆さにしておくと、ビンのクチもしっかり消毒されます。

*砂糖の量・・・。レシピによっては、1:1の割合と書かれてるんですが、今回2キロの梅に1キロくらい入れたら甘かったんです・・・。お好みで減らしたり増やしたりしてみてください。

1ヶ月で出来上がり

冷暗所に1ヶ月ほど寝かしたら、中の梅を取り出して捨てます。あとは熟成させてもすぐ飲んでもOK。

ふたをしっかりしておかないと、アルコール分が抜けたりするので注意です。

感想

こんな簡単に梅酒ができるなんて、驚きですよね。

和歌山ではすごく多数の人が作るらしく、ホームセンターなどで梅酒のコーナーができます。ビンなど売っているんです。

ちなみにホワイトリカーは800円くらい、梅は和歌山だと2キロ400円くらい、粉砂糖は1キロ400円くらい。ビンは598円で買いました。

ぜひお酒好きの方、作ってみませんか?安くあがりますよ~。

同じように桃をつけると、桃酒になります♪

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他