SOTEC*WinBook DN2000*レビュー 重量と大きさ

先日、購入したソーテックのWinBook DN2000C。

ノートパソコンが7万円と驚きの安さだっただけに、気になるのが性能や仕様。

今回あまり気にせず買った重量と本体サイズ。

通販なので現物をみずにスペックだけで買ったわけですが。

思ったより大きかったです!(液晶15型)

手のひらを乗せてみてもこんな・・・。

持ち歩く、のは明らかに困難そうです。

前の愛用マシン、IBMのB5パソコンと比べると!!

驚きの大きさの違い。

重さも約1.5キロ⇒約3キロへ倍増。

でも、触った感じの重厚感や、マシン的な感じがものすごく気に入っています。

前のマシンは軽量化させるためだと思うのですが、どこもペコペコ(?)な感じがしていたんです。

実際前のパソコンは耐久性には欠けていて、度重なる開閉で、液晶がおかしくなってしまいました。やはりモバイルはモバイル。使う頻度が上がると、耐え切れなくなっているなぁというのを感じていました。

使用目的としても、外でノートパソコンを使う機会は思っていたより少なかったし、最近はホテルでもノートパソコンの貸し出しがあるしということで、ほぼ自宅使用限定という目的で今回は購入しました。

家の中で持ち運ぶには重さ3キロといっても気にならないですし、やっぱり画面が大きいほうが目にも優しいことを実感しています。

それにこの価格差!!

前のIBMのiseriesは、2001年当時20万円くらいしたんです。

今回は約7万円と、三分の一!!

主婦にはこのWinBookで充分だなーと実感。

動作も速いし、快適に毎日使っています(*^^*)

*私が購入したマシン

WinBookDN2000C

CPU:インテル Celeron380

HDD:40GB

メモリ:標準128。ですが、無料アップグレードが時期によってはあります!

Yahoo!ショッピングでも直販購入できます。(メモリ128⇒256へ無料アップグレード中

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他