娘がインフルエンザにかかってしまいました。

インフルエンザが流行をはじめている、そういったニュースを見始めた矢先に、うちの娘もB型インフルエンザにかかってしまいました。

ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

小児科にいったところ、すぐにインフルエンザの検査をしようということになりました。この検査、かわいそうでした・・・。綿棒の長いようなもので鼻の中の粘膜をとるということで、中でぐりぐりされていて・・・。

検査は15分ほどかかるよと言われていて、控え室で待っていたら5分もせずに「××みずきさーん2診へどうぞー」の声。

あれっ大丈夫だったのかななんて思ったのもつかの間「早く結果が出たから呼んだよー。しっかり線が出ています。B型ですねー」

(´;ェ;`)ウゥ・・・

妊娠検査薬のように、窓に線がピッと出ていました・・・。

実はこの日記も下書きに、金沢旅行についてのことを書いていたのですが、その旅行の日程が11日から・・・。たぶんだめみたいです。

家族全滅も多いということで、私もかかるかもしれませんし・・。

インフルエンザ予防のために

空気が乾燥していると、かかりやすくなるといいます。

加湿を充分にして、体力温存の為しっかり睡眠をとることがいいようですね。

インフルエンザ初期症状

38度以上の熱がでたら、即小児科へ!!

通常の風邪のように鼻水や咳という症状もあるようですが、わかりやすいのは発熱のようです。通常の「かぜ薬」は効かないそうです。即効薬タミフルもありますし、病院へかかれば間違いないようです。

そして問題のタミフル。

アメリカでの論文には、「奇行と薬の関連性は少ない」といわれているようですが、日本ではまだ疑問符が残っているということでした。しかし多くの患者さんがタミフルを飲むということで、今回は私の娘も飲んでいます。

とりあえずあっという間に熱は下がり、あっという間に寝てしまいました。明日治っていればいいですが・・・。

>>>評判の【産院・小児科・幼稚園】が知りたい!そんな時はこちら!

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。本名は万谷絵美(まんたにえみ)です。情報発信が趣味のブロガーです。ライター活動をしながら株式会社Crop代表取締役も。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他