オルビスの日焼け止め、効果実感しました!

1年中人気のオルビスの日焼け止め「UVカット サンスクリーン」。
お値段も安いのに、きっちり効果を出してくれるおすすめの日焼け止めです(*゜▽゜)ノ

20070524_263432.jpg

毎日の化粧下地としても利用可能な、少し肌色がかった化粧下地です。
SPFは34。お値段は960円。


オルビス サンスクリーンオンフェイス
紫外線吸収剤不使用。
チタンやタルクなどミネラル成分を利用してUVカットするタイプです。
クリームタイプ(左側)は、クレンジングではなく石鹸で落とすことができます。

SPFの数値の違いはどこから?
日本ではSPF50が実用化されている数値の限界。
基本的にはSPF30あれば、最大限の日焼け止め効果を実感できていると言われています。

この数値の算出方法は、日焼けしたとき赤くかぶれたような炎症が起こるまでの通常時間(個人差はあるものの平均10分)を何倍まで先延ばしにできるか、というところが基準らしいです。

つまりSPF34なら、10分×34倍=340分=5時間40分まで日焼け止め効果を持続できます。

一般的な生活紫外線は、SPF15~20程度でOKです。
お買い物や家事などの場合、数時間も日光を浴び続けることはありませんので、SPF20などのUVカット効果があるファンデーションなどを利用していれば、日焼け止めを特別に購入して塗らなくても大丈夫です。

日焼け止めを必要とするのは、犬の散歩やウォーキングで日中に出歩く方、お子さんと外遊びや行事で日に当たる方、スポーツなどを楽しむ方という感じです。

ただ、SPFが高くても塗りなおしは必要
5時間以上経つと日焼け止め効果がなくなってくるのは、↑の通りなのですが、汗などでも落ちてしまいますし、効果をそのまま持続させるのは大変です。きちんとした成分の日焼け止めをきちんとつけておくことが日焼け止め効果を最大に発揮させる方法です。

これを守って、数値的に効果を実感!
先日からデパートのカウンターで肌診断をよく受けているのですが、夏になるといつも肌の下の層が荒れているといわれていました。 それはたぶん紫外線の影響でしょうねとも・・・。

20070524_263433.jpg

私はすごく紫外線に弱い体質で本当にちょっと日に当たるだけでプツプツができてしまいます。
つまり人より紫外線の影響を肌が受けだす時間が早いんですね。だから、SPFが人よりも高いものを選ばないといけないということになります。

しかしあまり成分のきついものは肌に影響があって、紫外線はカットできても他のトラブルが起こってしまったりして、ある程度あきらめていたのですが、今回その数値がちょっと回復!

具体的には48(満点が100)⇒67へUP!!
w(゜o゜)w オオー!

カウンターのお姉さんも、たぶんしっかり日焼け止めを塗られている効果がでているんですねと言われていました。顔はこのお手ごろ価格のORBISですが、十分効果あったようです。

ORBIS THE NET
全品送料無料
初回は割引のサービスあり
1個買ったら、1個無料サンプルがついてきます。口紅やファンデは全色セット

関連記事
ミネラルファンデーションの、UVカット効果について

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他