eyecoの部屋で、心と体の健康について想う

11月20日に発売になった通販雑誌eyeco、冬号。

気になっていたのは、女性モニターと伊藤忠都市開発がコラボして開発していた「eyecoの部屋」。

eyecoの部屋

究極の理想・・・(´▽`)

 ・収納豊富ですっきりお招きできる「おもてなし玄関」
 ・自然体に過ごせる「車座リビング」
 ・寝室もリビングもアクセスしやすい「2Way洗面室」
 ・爽快な視界が拡がる「展望キッチン」
 ・ipod接続スピーカーなど機能満載の「プチ贅沢バスルーム」
 ・急な来客にも慌てない「隠せる寝室」
thanks! 日経プレスリリース2007/11/20

一人暮らしだけではなくて、家族でもこのような空間ってよさそうですよね。
オフィスとしてもこの収納術や、人を迎える家具の配置など活用できそうです。

こういうしあわせ感が、心や体の健康に繋がっているby保坂隆
20071121.jpg
「頭がいい人」は脳のリセットがうまい (中公新書ラクレ)

「ああ、しあわせだ」「ああ、心地よい」・・・。そう感じているとき、脳内はアナンダマイドで満たされているわけだ。(中略)アナンダマイドは、脳の血流をさかんにし、記憶力などを高める働きがあることもわかってきた。
引用:「頭がいい人」は脳のリセットがうまい (中公新書ラクレ)

eyecoの部屋のようにすごい部屋に住むのは難しくても、かわいい雑貨や日用品に囲まれていると「しあわせ」ですよね。それが脳の活性化にも繋がって、そしてさらに脳が動くことで心も体も健康になる♪

なんてステキ(* ̄。 ̄*)

化粧品で一生懸命お手入れするよりも、ひとつのカワイイ雑貨を部屋に飾るほうが、もしかしたらアンチエイジングなのかも。。。って思いました。

**通販雑誌eyecoは、可愛くて、思いがけずお手ごろなモノがたくさん**

2007年冬号の通販開始は、11月22日

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他