トゥルースリーパープレミアム使用感想

テレビショッピングのショップジャパンで放送されている、トゥルースリーパープレミアムを腰痛持ちの旦那さんが使い始めて1ヶ月が経ちました。実際に寝てみた感想をレポートします。特に腰痛で購入を検討されている方には参考になると思います!

これ・・・ほんとうにふわーっと体が浮く感覚で、腰にいいですね^^
トゥルースリーパープレミアム

低反発マットレスなんですが、その薄さと耐久性、体にかかる圧力が全身に分散されるのが特長です。

トゥルースリーパープレミアム
●いつものベッドマットや布団の上に敷いて使用。
●眠りの深さ、朝までのぐっすり感を最優先に考えられた高機能マット。
●メッシュ面もあり、暑さ対策も万全。

旦那さん的には「腰に体の重みが乗ってこなくて、腰が痛くなくていい!」と絶賛。
やっぱり普通のマットレスだとどうしても“く”の字型にからだが沈んでしまうので、
睡眠中の腰の痛みに繋がってしまっていたんですよね。

トゥルースリーパープレミアムのテレビショッピング画面キャプチャ画像
↑これはショップジャパンさんの番組の一場面です。
このように素材の力で、体の重みをまんべんなく逃がしてくれるので、
腰や足の外側に体重が乗りがちな通常のマットとは違う寝心地を得られるそうです♪

トゥルースリーパープレミアムに寝ている写真
↑きちんと腰の部分が沈んで固定されているのがわかります。
スプリングなどのマットで腰がはじかれてしまうとやっぱり負担がかかって痛いそうです。

学生時代のケガで腰が痛い旦那さんにとっては、「横になって痛いのは当たり前」でしたが、
寝ているときの熟睡度が全然違うらしく、ほんとストレスが軽減されたみたいですよ^^

今までのベルメゾンのマットの上に敷いています
20080108%20001.jpg

4年ほど前に購入したベルメゾンのベッド・マットレスと厚みを比べてみると・・・。
すごく薄い!なのに寝心地が格段にアップとはすごい・・・。

しかも、ベッドマットの寿命って普通に使って5年くらい。
きっちりメンテナンスをして(3ヶ月に一度方向転換と陰干し)10年と言われていますが、
トゥルースリーパープレミアムは半永久的に「へたる」ことがないそうです。

トゥルースリーパープレミアムと低反発マットでは素材が違う?

実際他の家族が使っている低反発マットには、耐久性が悪く早く寿命が来てしまい、そんなに長く使っていないのに薄くなってしまっているものもありますし、やはり同じように「低反発」といってもそれに使われている材質によって、使用年数や寝心地にすごく差がでるようですね。

【追記】
購入後、2014年の現在でも同じようにヘタらずに使えています!
使用感もほとんど変わらず、とても快適です。

今まで価格の差ということについて、あまり考えたことがなかったんですが、
ただ高いだけではなくて、ちゃんと「長く使える」という理由もあるんですね。

低反発マットは暑い?

私は今まで低反発は好きじゃなく、家では自分用にしたことがありませんでした。
熱がこもって暑いと思っていたんです・・・。

実際このトゥルースリーパープレミアムもシーツを敷かずにそのまま寝ると、ちょっと素材のニオイもしますし、暑くはないですが(冬というのもあるかも)肌触りがいいとは言えません。

前のモデルの「トゥルースリーパー」にはシーツが付いていなかったのですが、今回の「プレミアム」シリーズからは両面別素材のシーツが付属しています。

このシーツが気持ちいい!!!(* ̄。 ̄*)
20080109%20021.jpg

夏用とされている「メッシュ」面はほんとさらさらで気持ちいい♪
さらさらーっとした肌触りがからだをしっかり包んでくれるので、ほんと寝心地がいいです。

まだ前のモデルのトゥルースリーパーも販売されているようですが、ぜひともシーツ付きでご購入を♪

トゥルースリーパーはこんな方におすすめ
◆腰痛で横になって痛みのある方
◆夜中に目が覚めることが多く、もっと熟睡したいと思っている方

やはり、眠るときのストレスは寝具でだいぶ軽減されますね。
腰が痛い、眠りが浅いと思われている方は、ずっと使えるものですし、
60日間は返品できる補償もついていますので、ぜひお試しを!

世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』
トゥルースリーパープレミアム

60日間返品補償付、低反発マットレス

シングル:22,800円

素材:低反発素材ウルトラヴィスコエラスティック

>>詳細はこちらトゥルースリーパー プレミアム

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他