〔飲〕ネスカフェ ドルチェグスト、試飲完了! *動画有*

関西地区のセブンイレブン/イトーヨーカドーで、ネスカフェの試飲キャンペーンが始まりました。
カタカナばっかりでよくわからないと思いますので、ちょっと記事にしてみます♪

ネスカフェ ドルチェグストとは、コーヒーを入れる機械のことです
2008-03-07%20027.jpg
カプセル式「ネスカフェ ドルチェ グスト」icon 14,800円(税込)

このドルチェグストというコーヒーメーカーみたいな機械を、
ネスカフェとセブンイレブン(イトーヨーカドー)が提携して、店頭で販売しようとしているんですね。

そのキャンペーン(広告)のために、この機械を実際に体験できるイベントを、セブンイレブンやイトーヨーカドーの各店頭で行っているようです。

つまりは試飲なので、この機械に興味がなくとも、カプチーノやエスプレッソなどを無料で飲めます。
セルフサービスでと店頭には書いているんですが、レジの真横にあるし恥ずかしい・・・。

店員のお姉さんなどに「飲んでみたいんです♪」といって入れてもらうのがいいですよ。
向こうも機械を販売(宣伝)したいようで、すごく快く入れてくれました(笑)

ドルチェグストという機械はいったいなに?
基本コーヒーメーカーのようなのですが、
コーヒーの素となるこの機械専用の”カプセル”がないとコーヒーを入れることができないんです。

カプセルはエスプレッソやカプチーノ、ラッテマキアートなど4種類があるそうで、
そのカプセルの値段から換算して、1杯50円~100円程度のコストがかかります。

まぁしかし、コーヒーショップよりは安い値段で、
簡単に美味しいコーヒーを家で飲めるという仕組み・・・がこの機械の売りのようですね。

カプセルのような容器をセットするだけ!機械は全然汚れない!!
私がいいなぁと思ったのはこの点。
コーヒーメーカーのように、機械自体が汚れることは全くありません。

2008-03-07%20028.jpg
↑こういうふうに、カプセルに入ったコーヒーの素(液体)をはさむだけ。
蒸気のようにカップに噴射されるので、この取っ手のような部分も全く汚れません。

カプセル式「ネスカフェ ドルチェ グスト」iconの動画を撮ってきましたので、ちょっと見てみてください♪


カプチーノを入れてもらいました。 途中からなのでわかりづらいかもしれませんが・・・。
けっこうな大きさのカップが目いっぱいになるくらい、量は多いです。

2008-03-07%20032.jpg
コンビニの外でいただきました(照)。
すごいアッツアツで、味も美味しかったし、かなり心惹かれました。

自宅へ帰って家族みんなにこの話をして、
「ひとり3,000円出せば(うちは大人が5人いる)買えるじゃん!」と力説しましたよ(笑)

何しろ、コーヒーメーカーを洗うのもすごく面倒だし、
コーヒー豆って挽いたものを買うと香りが飛んでしまったり、すぐ古い味になったり。

カフェラテのフォームミルクをつくるのもまた特に面倒なんですよね・・。
このドルチェグストでいれたカプチーノ、ほんとおいしかったです。カフェの味。しかも量多い。

カプチーノはカプセルが2個必要で、1個はコーヒーの素、もう1個はミルクの素が入ってました。
ミルクをまず噴射させてカップに入れ、そのあと上からコーヒーを注ぐ感じ。

専用カプセルをicon買い続けないといけないので、それだけがネックですが・・・。ミルクってカプチーノメーカーみたいなものでもけっこう作りづらかったりするので、最近あたたかいミルクにはまっている私はかなり心揺れます。

全然機械が汚れないんだもんねえ。
自宅にはもったいないかもしれませんが、事務所など業務用としてはすごくいいかも!ですよね!

2005年にヨーロッパで、2007年に北海道で既に販売済み
機械としてはけっこう前から販売されているようで、
日本では北海道で先行発売されたようです。予想の2倍の売れ行きだったとか。

セブンイレブン、イトーヨーカドーの店頭で試飲が4月中は行われるそうです。
ドルチェグスト本体、カプセル共に店頭もしくは、セブンイレブンの直販サイトで通販できます。

>>カプセル式「ネスカフェ ドルチェ グスト」通販ページicon

【注】3月1日からこのキャンペーンが始まったのは、関西地区だけなので・・・。
関東はいつ始まるのでしょうね♪またお近くで見つけたら飲んでみてください^^

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他