〔試〕プインプル「KouZen」トライアルキットレポート

先日いただいた、プインプル化粧品のブランド「KouZen」を2週間びっちり使ってみました。
化粧水は本製品を買おうかな~と思うくらい、とっても良かったです!早速レポートします。

KouZen(酵然)は、自然派化粧品
トライアルセット中身写真

化粧品でいちばん気になるのは、やはり「どんなジャンルのものか」ということ。
美白に効果?オーガニック?保湿?コラーゲン?…ほんといろいろありますよね。

このKouZenは、そういう意味でいうと「日本の植物/作物からつくられた、日本人の肌向けの、素材重視の化粧品」というところが特徴です。

鉱物油や香料、着色料は一切入っていません。
石油系の界面活性剤も入っていないので、できる限り低刺激を目指して作られた化粧品と言えますね。

 

玄米発酵

ただ自然な素材だけだと、肌に効果を与えられませんので、KouZenでは玄米を発酵させたときに生まれる核酸やアミノ酸を製品に使うことで、肌トラブルを改善させていく力を持たせています。

KouZenの仕組み

2週間使ってみた、私の感想
まず化粧水がいちばんヒットでした。

2008-05-08%20007.jpg

オイル成分が全く入っていないので、肌にあたったときの感触は普段使っているレバティさんのものとほぼ同じ感じで、どんなトラブル状態の肌でもきちんと浸透してくれました。

ただ、浸透することと、効果がはっきりわかることとは別
浸透していないものを使うよりは、もちろん浸透するものがベスト。
肌が潤っていないと、何をどうやってもいい方向には進まないからです。

乾燥を直すだけで、ニキビやしわ、たるみ、いろいろな効果は出てきます。
ですが私はいつもけっこうこだわってお手入れするほうなので、ちょっと物足りないかもです。

速効性やはっきりとした効果を求めようと思うと、やっぱりケミカルな力がいるのかもしれません。
資生堂が速効性のある美白化粧品を発売できるのは、美白に関する特許をたくさん持っているから。

そういう化粧品はやっぱりスゴイ効果を感じることができます。
だけどやっぱりちょっとピリピリしたり、簡単に表現すると「キツイ」成分が入っていることも事実です。

【基礎化粧品を選ぶコツ】自分の肌ケアレベルをまず見つめること
やっぱり効果を感じられないと、楽しい美容ライフになりません。
なんか使っているけど、本当に効いているのかな・・・と思うと、化粧品を買うこともったいなく感じますし、ホルモンに影響して肌状態もなかなか良くならない逆効果が生まれると思います。

なので。
自分がどんな化粧品だったら、今満足するのかじっくり考えることが大切だと思います。

モデルさんが使っているから、女優さんがいいと言ったから、テレビでCMをやっているから、トライアルセットのポーチがかわいいから・・・そうではなく。

今!自分に何が必要なのか考えながら探すのが最短の”満足いく化粧品への出会い”に近づく方法なんじゃないかと思います。

KouZenは、肌をリセットしたい方、自分は初心者かもという方におススメ
自然派化粧品は、どんな方でも安心して使うことができます。
複雑な成分が入っていない分、使い方も簡単です。

2008-05-08%20021.jpg

KouZenはトライアルセットにDVDが入っていて、正確な使い方や、基準となる量が目で見てわかる工夫をしてくださっています。


↑この動画は洗顔料を手で泡立てるお手本です。(DVDより抜粋)
何の道具も使わず、「手」だけあればいいですよ、といってくれているのが簡単明朗で分かりやすいです。

プインプル「KouZen」トライアルキットレポート:まとめ
今明確に「ここをこう直したい」というものはないけれど、ニキビや乾燥といった肌トラブルがあって悩んでいる方、オイル入りの化粧品を使っていて肌がくすんで透明感が欲しいと思っている方は使ってみる価値があると思います。

日本人向けですので、刺激はかなり抑えられていますし(日本人は刺激に弱い(笑))、
根本的な肌の状態を上げていくにはとてもいい化粧品だと思いました。

私も化粧水はお値段の割に使いやすいなぁと思ったので、本製品を1本買ってみてもいいなと思ってます。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他