〔服〕大柄体型なら、きれいな色の服選びをbyおネエMANS

最近、服の選び方の基準を一新しています。

素材にこだわって、長く着られる服選びをしたという話を前に書きましたが(その記事はこちら)、
さらにもう一歩「自分に似合う服を選ぶ」ということを考え直しています。

きっかけは、おネエ★MANS
この番組の中に、芸能人の方々が自分の私服を並べ、おネエMANSの皆さんからダメ出しをされる…という恐ろしい(?)コーナーがあります。そこで私も自分を大反省したんです。

やっぱり自分の好きな服ばっかりじゃなく、自分の体型や年齢に合わせた服選びをするっていうことも重要だよねと。(もちろんその中には”好き”というスパイスは必要なのですが、多面的に見るというか)

最近、季節感とTPOをとにかく服選びの中心としてたのですが、さらにおネエMANSから学ばせていただいた「自分の体型似合う服選び」をしようと思いました。

私にはどんな服が似合う?
2008-06-07%20014.jpg

やっぱりまずは自分と同じような体型の方が言われているポイントを理解して、真似てみるところからスタートしようと思いました。

前回「南海キャンディーズ しずちゃん」は、今までの出演者の中で私の体型に一番近い!
しずちゃんには負けるのですが、私も大柄というか外国人体型なのです。

元モーニング娘の加護さんとかもよく言われてますが、なんかちょっと体積大きいな…という感じ。
そんな人向けに植松晃士さんが、アドバイスをくれました。それが↑の写真。

「大柄なら、キレイな色の服を着ないと」
そうなんだ…。考えたこともなかったです。
どうしても黒や白など体が目立たなさそうな服を着そうになってしまう(特に冬)。

だけど、きれいな赤いドレスを着た、しずちゃんは素敵でした。
2008-06-07%20017.jpg

しかし、きれいな色の服は高い
きれいな色っていうのは、素材がよくないと出てきません。
イエローでも、質の良い生地のイエローでないとなかなか品よくきれいな発色って難しいです。

だから、毎回そのとおり(理想)の服を着られるとは限らないけれど、ここ一番!というときに、
こういったヒントを持っていると間違わないで済むよねと思いました。

それに自分の感覚だけで買うと「同じようなものばかり」のクローゼットになりがちですが、
選ぶポイントや基準がもっと幅広くあれば、、、。

スカートは似合わないと思ってたけど、こんな丈でこんな形なら似合うとか。
パンツはジーンズばっかりだったけど、丈の短いスパッツで色がきれいなら似合うとか。

いろんな条件があると思うんです。
こういうことをもっと知ることで、その場その場に合わせた洋服選びも自分のセンスに頼らなくて済むし、逆に楽かもって思いました。出かけてから「あっ間違ってるかも・・恥ずかしい」っていうのもなくなるのかな~と思ったりしますし。

家に植松さんが居てくれたらいいのに!
IKKOさんが「私たちを使うのは高いのヨ!」って前に言ってたことがよくわかりました。

確かにそんなアドバイスしてくださる方なんてなかなかいないし…。
とりあえずは「きれいな色!」そして植松さんの本を買おう!(笑)ということで、両方買いました。

引き続きレポートしていきます^^

おブス退治! 美人力UPで幸せひとり占め! (講談社 Mook) (講談社MOOK)
植松 晃士
講談社
売り上げランキング: 102834
おブスの言い訳 (講談社文庫 う 55-1)
植松 晃士
講談社
売り上げランキング: 19543

関連リンク
おネエ★MANS公式サイト(出演者のプロフィールや番組内容が見られます)
植松晃士さんのブログ
植松晃士さんの著作リスト(amazon)

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他