〔比〕永久脱毛、エステと自宅(アイエピ)どっちが得?

人気の家庭用脱毛器「アイ・エピ」。最初は痛いらしいという噂をかなりたくさん聞いていたので、かなり緊張して使い始めたのですが、使ってみれば拍子抜けするくらい痛くない。

1ヶ月続けて愛用できるくらい、私は気持ちよく使うことができました。

2008-06-27%20003.jpg

業務用に使われるレーザー脱毛技術を、自宅で手軽にできるようなサイズと価格で販売されているアイエピは、もともとアメリカで開発されたもの。アイエピ公式サイトは日本の代理店が運営・販売をしているようです。

アメリカはこういった器具(美容、健康分野)の開発が非常に進んでいますから、安心して利用できると思います。何しろアメリカでこういう機械が失敗した場合、すごく補償が大変ですからね・・・。

だけど、エステでも両ワキで2万円を切る価格で、最近は脱毛することが可能
私や私の母が通う小規模なエステでも、最新の脱毛器を入れているのが当たり前。価格も安くなって、レーザー脱毛よりメリットが多くデメリットが少ない、光による脱毛など環境も整えられています。

けれど通う時間も節約でき、全身に使えて、さらに周囲の人と共用できるアイエピ、流行る理由もけっこう納得できました。

男女で使える脱毛器、アイエピ
男性のひげ以外は脱毛可能だそうで、夫婦、恋人同士でも共有可能なんですよ♪
女性専用みたいなイメージがあったんですが(笑)技術的には毛を生えなくするわけで、男女どちらも同じですよね。

【比較】エステに通うパターンと、アイエピを使うパターン

自宅脱毛器「アイ・エピ」

エステに通った場合

脱毛できる範囲 全身(顔もOK) 全身
かかる費用 126,000円+電気代
ヤフオクなら6万円くらいから出品されています
全身30万円程度~+サロンまでの交通費。(だいたい1年か2年の保証がついたり付帯サービス色々)
脱毛の種類 レーザー 今は光(フラッシュ、I.P.L)が主流
かかる期間 6~18ヶ月 1年~1年半
特徴
  • レーザーは光に比べると肌に負担がかかる(乾燥する)
  • 光よりも痛みを伴う
  • 脱毛時、乾燥対策サプリ(ヒアルロン酸など)を飲むとレーザーのデメリットの解消になる
  • エステに行く時間を節約できる
  • 家族・友人と共有できる
  • フォローがついているので、抜けない、痛いなど相談できる
  • 光は広範囲に分散して当たるので、施術時間も短く、肌への負担は非常に少ない
  • 痛みはほとんど感じない
詳細URL アイエピをヤフオクで検索 エステ顧客満足度ランキング

価格以外の面では、エステのほうがメリットは多くあります。
いちばん大きいのは、レーザーではなく光(フラッシュやI.P.L)という最新技術を受けることができる点。

これは自宅用としてはとてもまだ実用化されていないもので、エステだからこそ!という感じです。
抜けるか抜けないかという論点だけでなく、肌にどれだけ刺激をかけず、そのままの状態で施術をおこなうことができるかというところを追求しています。

私はどちらも受けてみて(エステでは体験だけさせてもらってきました)、痛さ・熱さ・乾燥・肌荒れなどそんなに変わらないかと思いましたが、時間を置いてみると、ちょっとレーザーは紫外線に当たって日焼けしたときのようなぴりぴりするかなと感じました。

自宅、エステ、どちらがオススメ?
アイエピを購入してもひとりで使うなら、エステがオススメ。
誰かと使うことができるなら、アイエピがオススメ。

これが結論かなと思います。
アイエピは肌への影響など安全性や品質も高そうなので、エステとそのあたりは変わらないと思います。

エステは全身を一気にしようと思うと数十万かかりますが、ワキやひざ下、ひじ下など部位で考えると10万~20万円くらいです。それできちんとした肌ケアも受けられるし、アイエピで自分で自分に当てる手間がないですし♪

脱毛サロン(エステ)を選ぶポイント
●フラッシュかI.P.L.の技術を使用しての脱毛であること(その中でもI.P.L.がオススメ)
●入会金が必要以上に高くないか。
●補償期間(アフター)があるか。
●他のコースへの勧誘がしつこくないか(サロンの口コミなどをチェック!)

近所でも探せばけっこうあると思うので、アイエピの商品詳細と近所のエステサロンを比べてみてください。価格もだいたい脱毛は相場があって、そんなに上下しないので安心できますよ。

アイエピをヤフオクで検索
脱毛のプロフェッショナルサロンエステティックTOKYO BDC(無料カウンセリング有)
メンズ用i-epi-homme(アイ・エピオム)
↑いちおう男性用もありましたが、これは男性に特化しているだけで、この私がレビューしたものを共用して問題ないようです。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他