〔本〕ふたり暮らしエッセイまんが、「夢追い夫婦」

うだひろえさんの、初めてのコミックエッセイを読んでみました。
お互いを励ましながら前向きに進む、うださん夫婦の温かい姿にジーン★

イラストレーターの妻と、バンドマンの夫が夢に向かって頑張っている実話
2008-06-15%20049.jpg

30代のおふたりが、自分の夢に向かってそれぞれ頑張っている日常を描いたこのマンガは、客観的に読むと、「大変そう…」という感想がまず出てきてしまうくらい、世間の目や金銭面やご両親のことで思い悩んでいるところなどもリアルに描かれています。

30代になってもずっと夢を変わらず追い続けているのを読んで、「やめておきなよ」と余計な助言をしたくなるくらい危なっかしいな…と思ったのですが、お互いがお互いの実力を認めて、尊敬しあって、励まし合っている様子は何とも素敵で、楽しそうで、羨ましいなと思ったりもしました。

絵もかわいくて、表情豊か
2008-06-15%20051.jpg

とにかく人物の顔の表情が豊かで、感情移入して読むことができました^^
さすがイラストレーターさんの漫画ですね~。キャラが立ってます♪

こういう本は、買ってもけっこう内容が薄いことがあって、あっという間に読み終えてしまってもったいない時もあるのですが、この”夢追い夫婦”は、文章中心のレシピ(ごくひんレシピw)があったり、四コマ漫画が挟まれていたり、色々な表現が混ざっているので、とても読みごたえもありました。

夢の話だけではなく、ふたりで生活をはじめることについてのバイブル的な部分もあるので、これからふたりで住み始める、という方が読んだら参考になるところが多いんじゃないかなと思いました。

夢追い夫婦
夢追い夫婦

posted with amazlet at 08.06.15
うだひろえ
メディアファクトリー
売り上げランキング: 92296
おすすめ度の平均: 3.5

5 バカだけど天晴れ
5 おもしろい!
1 ちょっと甘いんじゃないかなあ・・・

このマンガを知ったのは、雑誌ダ・ヴィンチの付録
2008-06-15%20053.jpg

小栗左多里さんの新作描き下ろしが付録誌に掲載されるというので、この号(ダ・ヴィンチ 2008年 06月号 [雑誌])を買ったのですが、小栗さんだけではなく色々な作家さんの作品がいっしょに載っていて、その中にこの”夢追い夫婦”のページもあったんです。

うださんは、マンガを描くのはこの”夢追い夫婦”が初めてらしいのですが、絵・読みやすさ・リズム感などすごくお上手で、ほんと引き込まれました。

夢を追うのがいいか悪いかという次元を超えて、二人のお互いを思いやる気持ちや支え合う姿、素直に気持ちを伝えあっているところに夫婦の本質が見えました。勉強になりました…♪

夢追い夫婦
夢追い夫婦

posted with amazlet at 08.06.15
うだひろえ
メディアファクトリー
売り上げランキング: 92296
おすすめ度の平均: 3.5

5 バカだけど天晴れ
5 おもしろい!
1 ちょっと甘いんじゃないかなあ・・・

関連リンク
うだひろえさんの公式ホームページ
夢追い夫婦特別編(WEBコミックエッセイ劇場)
 ↑こちらで作品の特別編マンガを読むことができます。

※この記事は、「梅四うだひろえの「おきらくがき」日誌 」にトラックバックしています。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他