〔考〕サントリーの大量当選懸賞で考える、物への知識の大切さ

サントリーさんの大量懸賞が開催されています。
最近私はサントリーさんのプレミアムモルツはじめ、たくさんの商品を愛飲しているので飛びつきました^^

ビール「プレミアムモルツ」が目玉?だけど、お水やお茶もあります

サントリーさんのテーマ「水と生きる」を、最近肌で感じる
環境問題も深刻ですが、自分の周りの水の汚染状態も非常に気になるこのごろです。
あきらかに「おいしくない水」に出会う機会が増えました。

自宅では水に気をつけることができても、外食時や購入した飲料の水の味がイマイチ、、なことが多いです。だけどサントリーさんのものってホントもともとの「水」が美味しいってわかるんですよね。

今日もサントリー×イオンのコラボ開発商品の第三のビールを飲んだのですが(次記事でレビューします)、「ほんと水が美味しいってわかるよね、これ」ってお母さんと言いながら飲んだところでした。

その美味しい水のために、苦労されていること、私たちが知るべきこと
その商品のことを知って飲み、そしてそれが美味しかったら、記憶に残る。
最近ほんとそうだよなぁと思います。

これだけたくさんのモノがあふれるものの、ひとつひとつの商品は値上げが続き。
なんでも口に入ればいいヨという状況ではなくなってきました。

プロ消費者としての視点、理解しようとする心、そういうことが大切になってきているなぁと思います。
サントリーさんの懸賞をみて、そんな風に思いました。

みなさんはいかがですか。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他