〔本〕東京国際ブックフェアで、バーゲン本ゲット♪

本って基本的に定価で買うものですが、どの本を買っても20%オフ以上!しかも新品!という本好きにはたまらないイベントへ出かけてきました。

第15回 東京国際ブックフェア2008
東京ビッグサイト

ブックフェアと一口に言っても、出版社のブース出展から出版(執筆)相談、作家さんのサイン会やトークショーと盛りだくさんで、ものすごい人出でした。

2008-07-14%20048.jpg
↑午後2時頃の様子

来場者数は、4日間でのべ7万人近くになったそうです。スゴイ!
児童書フェアも開催されていたので、子どももたくさん来ていました。公文や学研のブースもあって絵本なんかも全部20%オフ以上の安さ♪感激です。

一般ユーザーは1,200円の有料制ですが、事前に無料招待券ももらえます
東京国際ブックフェアは2009年も開催が決まっているので、少しシステムのご紹介も。
一応有料のイベントなのですが、HPから申し込んでおくと招待券が無料で家に送られてきます。

2008-07-14%20051.jpg

会場では簡単な登録をすると、名札がもらえて、入退場自由です。
一般ユーザーが入れるのは、週末の2日間のみ。だからやっぱり私が出かけた土曜日がいちばん混雑していたようです。

とにかく安い~!半額のバーゲンブックが嬉しかった
2008-07-16%20006.jpg

各社のブースで購入できる本は、文庫中心。雑誌は少しありましたが、コミックはほぼなかったです。
基本的に20%オフなのですが、ワゴンセールのようにバーゲンブックという名の50%オフの本が出ていたり、バーゲンコーナーと称して段ボールに本が山積みにされているところもありました。

最新刊というものは少なかったですが、著名な先生のバックナンバーを買い揃えるにはかなりお得なイベント。古本ではなく全て新品でキレイなのが嬉しいです。

2008-07-16%20008.jpg
↑私が購入した本の一部。重かったので、会場内に出ていたペリカン便さんに送ってもらいました。
その送料を考えても、十分安く買えたように思います。

ぶんカード 1集 第2版―幼児から (1)
伊勢エビの丸かじり (文春文庫)

本のバーゲンだけでなく、講座にも参加
書き方入門講座、という現役作家さんによる講座にも参加しました。
小説を誰視点で書き進めるかという話だったのですが、今まで気にしたこともないことだったので、すごく勉強になりました。

2008-07-14%20061.jpg

例えば、小説を一人称で書く場合。
「私」「ワタシ」「わたし」「オレ」「俺」「僕」「わし」など様々な言い方がありますが、それぞれの言葉が思い起こさせるイメージがあり、小説のイメージにあわせてチョイスしていかないといけないよというお話でした。

ブログを書く上でも関連のある話ですよね。
私は何も考えず普段は「私」ですが、意識して「ワタシ」を使うときもあります。やっぱりイメージの問題で無意識に近いですが使い分けをしています。

講師は、上野歩先生。
執筆アドバイザーという職業を初めて耳にしましたが、、、これだけたくさんの本が世の中に出ているのだから、こういう仕事も成り立つんだろうなと思いました。

サイン会に来ていた、「にしおかすみこ」も近くで見たりして・・・。
すごく盛りだくさんなイベントでした。日程が合えば、来年も行きたい!!
誘ってくれた読書仲間に感謝です!行ってよかった~。

ただ、、一般入場できなかったときに開催された基調講演「茂木 健一郎先生 『本の流通は脳に始まり、脳に終わる』」がとにかく聴きたかったですが・・・聴けず残念です。他にもセミナーなど整理券が必要なものもあるので、お出かけになる方はまず東京国際ブックフェアのイベント詳細をチェック。

おでかけデータ
第16回東京国際ブックフェア
出かけた日:2008年7月12日
場所:東京ビッグサイト@お台場
URL:http://www.bookfair.jp/

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他