〔旨〕素麺のおいしいゆで方、盛り付け方@はなまるマーケット

たまたま見た「はなまるマーケット」で、素麺を美味しくゆでて食べるコツをやっていましたので、早速実践。

2008-07-28%20063.jpg

ポイントは3つ。知っているけど、なかなかやってないな・・・と思うものばかりなのですが、実践してみるとお手ごろ価格の素麺も味が違って美味しくなったので、これはこれから絶対やる!と思いました。

おいしい素麺を食べるためのポイント3つ+α
はなまるマーケットで見たものをちょっと私流にわかりやすくアレンジ。

●茹でる前から氷水を作っておく–水道水に氷を入れてもキンキンになるまで時間かかります
●麺を入れて沸騰したら、火を止めて余熱調理–30秒くらいそのまま
●氷水の中で、ジャブジャブこすり洗い–時間かかりますが、3回くらい洗い、ぬめりと塩をとる

+食べる時の器には氷を敷き、その上に水気を切った素麺をおく。(氷が豊富にあれば)

素麺を食べるのに大切なのは、「氷を大量に準備すること」なのだということがわかります。
やっぱり水温って重要で、水道水の生ぬるいので洗っても、ぜんぜんピンとこない味になるというのがほんとわかりました。

今回最初から最後まで、きっちり氷を使ってみました。
2008-07-28%20060.jpg
↑水道水を入れただけで、氷がすぐ小さくなるので、かなりの量を使いました。
3度のぬめり取りにも、しっかり冷やした氷水を使用。

2008-07-28%20061.jpg
↑器にも氷を入れて、全体を冷やしておきました。

2008-07-28%20071.jpg

これだけでごちそう素麺です。味が全然違いました。
家族が多いと氷を作るのが一苦労だと思いますが、それをやるだけの価値がありますね♪

最初から最後まで同じ味で食べられるので、子供に食べさせるのも「のびちゃうよ!」と思わず、本人の気分のまま食べてもらえます。母親としてもストレスなくて嬉しいです。

夏は朝も昼も夜もいつ食べても素麺って美味しいですね。
ぜひぜひ明日は素麺食べましょう~(?)笑

マツコの知らない世界で紹介されたそうめんはこちら

島原手延べそうめん

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他