〔映〕GHOST IN THE SHELL観ました

前回は2000年ごろ大学生の時に、DVDで観た「GHOST IN THE SHELL」。
2008年の今観ても、内容が古くないのに驚きました。(ちなみに公開は1995年)

2008-08-02%20021.jpg

サイバーな感じがしますが、めっちゃ切ないです・・・。

自分って何?記憶って何?
色々事件が起こるのですが、映画自体が80分と短いので、
そのあたりはあまり深くない気がします(通常の映画よりも)。

それよりも軸として伝わってくる「自分って何、、、」
今「自分」として認識しているものの、コアな部分って何なんだろう?

もしそれが入れ替えられたものだったら?
自分が信じている記憶って何なんだろう?

人間って、「こうなりたい」を追及すると、記憶すら人工的なものにしてやろうっていう気持ちになるものなのかなぁと思いました。

人間って怖いなぁ。
なんてちょっと切なくしんみりしました。

うらはらの、愛
イノセンスには大々的に登場する「バトー」と、このGHOST IN THE SHELLの主人公「草薙素子」との間に何となく介在している愛みたいなものもみえて、そういう部分では人っていいなぁと思うし、すごく複雑な気持ちです。観終わった今は。

引き続き、イノセンス(続編)も観てみて、この世界観がどう続いていくのか、これよりも近未来ってどういうのものになるのか、すごく興味が沸きました。

2008-08-02%20022.jpg

GHOST IN THE SHELL~攻殻機動隊~
バンダイビジュアル (1999-08-25)
売り上げランキング: 49099
おすすめ度の平均: 4.5

5
4 士郎正宗氏&押井守氏のコラボレーション?
5 10年前、1995年公開であることが信じられない一品!!
4 電脳の中のもう一つの命
4 まずは原本から・・・

関連記事
〔祝〕スカイクロラ、公開記念(日本映画専門チャンネル)

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。本名は万谷絵美(まんたにえみ)です。情報発信が趣味のブロガーです。ライター活動をしながら株式会社Crop代表取締役も。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他