〔泡〕レバティ化粧品の、泡シャンプーエステを体験♪

@コスメの口コミ評価が高く話題になったCAC化粧品。
その上級ブランド、レバティさんのシャンプーを使ったヘアエステを体験してきました。

2008-09-14%20018.jpg

普段私が愛用しているレバティさんの泡洗願と同じような泡が、機械からブワッと!

2008-09-14%20020.jpg

この泡が頭皮にふわっとのる感触が気持ちいい~!
「おおおおお」って声が出そうになりました(笑)

この泡に頭皮の汚れが吸着していくんだそうです。
そのままの状態だと、シャンプーやヘアケア剤が酸化したものが残っていて、頭皮が黄色かったりするんですが、この泡が汚れを包んで取り除いてくれるので、ピンク色の頭皮になるそうです♪

2008-09-14%20023.jpg

泡をのせた状態で少し時間をおく間、指圧式のマッサージを肩、背中、首としてもらいます。
血行がよくなって、からだが温まってくるのがわかりました。

このマッサージ受けるだけでも価値がありそう…。
泡のヘアエステと、指圧マッサージで1,050円~1,575円だそうです。安い!

汚れがたくさんとれるので1回目がいちばん効果を感じやすい、というのも嬉しいです。
実際、ほんと1枚皮がむけた感じ?スースーする…と思うくらいです。

エステって慣れていない場所だとすごく緊張するので・・・効果がわかって楽しかったです。
このエステは通常のお店のメニューになっているので誰でも受けることができます。

私が今回体験した場所:恵比寿 ヘアサロン「ワンエイト」
CAC化粧品で美容部員さんの先生をされている島崎浩二先生がオーナーのお店なので、レバティさんのシャンプーを使ったメニューがあるそうです。
●場所:東京都渋谷区恵比寿南1-11-1 松本ビル2F(恵比寿駅から徒歩3分)
●お店のURL:http://www.one-eight.com/

シャンプーを購入すれば、自宅でもこの泡ヘアエステ実践可能!
泡も作りやすいよう、あわ立ての容器もセットで買えるそうです!

ノンシリコン・泡シャンプーのレバティ

初めてなので不安という方でも、100%返品保証付きです。
顔にするパックとほぼ同じ成分なので、どなたの肌にも合うと思いますよ。

アトピーの私は、すぐ肌がかゆくなるのですが、1日経っても全然頭皮がベトベトしないしかゆくないし。びっくりするくらい爽快感を感じられました。ほんとおススメです。

シャンプーの成分は?
2008-09-14%20025.jpg

オイル、アルコール、香料無添加。
アトピーや敏感肌、赤ちゃんにも安心して使えます。

オイルが含まれていないということは、酸化したものが毛穴に詰まらないので、使えば使うほど頭皮がきれいになってきます。私の愛用のミネラルファンデーションと同じ効果です。

毛穴が詰らないので、健康な髪が生えてくるという好循環に繋がります。
髪が細い、コシがないという悩みや男性の薄毛にも効果があるそうです。

2008-09-14%20027.jpg

界面活性剤も、アミノ酸系のものなので、肌に栄養を与えてくれます。
界面活性剤だけでなく、配合されているほとんどの成分が”保湿”効果のある天然成分です。

全成分:水、ココイルグルタミン酸K、ココイルグルタミン酸Na、デキストリン、シクロデキストリン、カルボマー、ポリアミノプロピルビグアニド、水酸化Na、カプリリルグリコール、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、BHT、グリシン、バリン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、アルギニン、トレオニン、トレハロース、マンニトール、ベタイン

化粧品にあるまじき原価の高さのような気がします。
こういう高い成分を使うことは、レバティさんも勇気がいると思いますよ…商品も高くなっちゃうし…。

ドラッグストアのシャンプーと違って価格は高いですが、1週間に2回の泡エステを楽しんだとしても2か月使えるそうなので、1か月1,000円ちょっとでサラサラの天使の輪を楽しめると思ったら、これは買い!

ヘアパック効果もあるので、リンスもトリートメントも要らないですし、養毛効果もある。
私も無駄にヘアケア製品を買うのをやめて、これ1本で頑張ってみたいと思います。

ちなみに旦那さんは若いのに薄毛で悩んでいるので、夫婦で使ってみます。
また効果を続けてレポートしますね。レバティさんの泡洗願で、顔のそばかすがかなり薄くなってきたので、このシャンプーにも期待大です^^

▼購入、詳細はこちらから▼

ノンシリコン・泡シャンプーのレバティ

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他