〔良〕CAC化粧品の無油分化粧水

いつも愛用のレバティ化粧品は、CAC化粧品の上級ラインという位置づけです。
私はレバティさんから使い始めてCACは使っていなかったので、ちょっと気になって買ってみました。

CAC

保湿力のあるジェルローションです(というネーミングですが、触ってみるとサラサラ)。
多糖類もたくさん入っていて栄養分もしっかり補給できる、秋冬に便利な化粧水です。

CAC エヴィデンス ジェルローション
2008-11-09%20004.jpg

もちろんレバティさんと同じく、無油分、弱酸性、品質保持成分無添加です。
ほんとこのローションも肌に抵抗無く入ってくるところがとても気持ちよかったです。

CAC化粧品という名前の由来
Cell–細胞(肌は排出器官であるとの観点から、油膜を肌に張らないため、無油分を実現)
Active–活性(もともと肌は弱酸性のため、その働きをサポートするため弱酸性にこだわる)
Circluration–循環(食べ物と同じ多糖類という成分で肌に保湿。自然な形で栄養分をIN!)

CAC化粧品公式サイトの説明より、↑まとめてみました。(公式サイトはこちら
さすがドクターズコスメなので、本質的な考え方ですよね。

【比較】レバティとCACのローションはどう違うか?

  CAC レバティ
商品名
ジェルローション(10月下旬より新容器になったそうです)
フェイスローション【化粧水 LEVATI(レバティ)】【LEVATI】
フェイスローション
価格 4,725円 4,950円
容量 1.2ml×60本=72ml 7ml×7本=49ml
全成分 水・ベタイン・グルコース・デキストリン・セルロースガム・グリセリン・プルラン・デキストラン・グリシン・バリン・アラニン・セリン・アスパラギン酸 デキストリン、グルコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グルタミン酸、チロシン
販売店 代理店制度のため販売しているお店は多数。>>楽天市場内で検索 レバティ公式ショップ
使用感 レバティフェイスローションを使っていた私からは、少し水っぽい印象です。やっぱり成分の主成分が水で、それに多糖類をプラスしているので、栄養素的には弱いかなぁと思いました。口周りの乾燥などにも効果がちょっと弱かったかもです。 ローションなのに、ほんと質量が重いように感じる逸品。特に日焼けのあとでなければ、これだけでも保湿が十分と感じられます。

調べてみて、やっぱり価格の差ってあるなぁと思いました。
使っていて思ったのですが、ちょっと水っぽいんですよね。

使い心地でいうと、レバティのフェイスローションよりさらっと肌に入ってくる感じはします。
“気持ちよさ”でいうとCACのほうがいいかもしれません。

2008-11-09%20008.jpg
↑CACのジェルローションを手に取ったところ。

多糖類は分子が大きいので、肌を保護する役割があります。
たくさん成分が入っているほど、膜が張るような感じがあるんですよね。(←つまり多糖類成分の多いレバティさんはさらさらというよりは、肌を覆う感じがします)

多糖類で肌に膜を張る効果
●日焼け止め効果(CACではSPF8と公開されています)
●乾燥から守る
●肌を外的要因から保護

など、様々なメリットをもたらしてくれます。

よく口コミにあるように「すーっと肌に入っていってさらさらとして・・・」という使い心地だから成分がいいかというとそうではないんですよね。

しかしレバティさんは高い・・・。
1mlで1回分(朝晩で使うものなので1日2回使用)とすると、1箱5,000円で買って1ヶ月持ちません。

といっても乳液やら美容液やらといったものは随分減らすことができるのでメリットはあるのですが、主婦、もしくはあまり肌に悩みのない20代の方にはもったいないといえばもったいない。

基本的なコンセプトはCAC化粧品と同じなので、特に大きな肌悩みが無ければCACでもいいのかなと思いました。私は最近肌の調子も上がってきてるので、CACも織り交ぜて使っていこうと思います。

CAC化粧品は楽天市場内で(時々)特価品も売られています
>>楽天市場でCAC化粧品を検索
↑ちょうどパッケージが切り替わったところなので、旧パッケージ安くなってます♪(‘(エ)’v)ィェーィ♪

乾燥が特に気になる方は、とりあえず最初レバティさんを使って肌に栄養を入れるのがオススメ
LEVATI

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他