〔止〕Amazonプライムの無料体験会員退会/返金方法

Amazonで買い物をすると、ショッピングカートで注文確定時に「無料だからプライム会員に1ヶ月なってみませんか」という画面がでますが、このときONにして、そのままにしておくと自動的に会費が請求されます。

amazonprime.jpg

申し込み後、すぐに退会申請をしておくのが、自動課金されないコツです。
以下にプライム会員の退会方法をまとめます。

Amazonプライム会員、退会の方法
簡単にクリックで退会申請できますし、申請を出しても1ヶ月間は無料でプライム会員のサービスを体験できるので、とりあえず退会申請しておくのが良いのかなと思います。

まずは、Amazonプライムのトップページへアクセス。右上に「アカウントサービス」の文字が見えますので、そこをクリック。

amazonprime-1.jpg

アカウントサービス内に入ると、一番下に「購読管理」という項目があって、「Amazonプライム会員情報の管理」という文字がありますので、そこをクリック。

amazonprime-2.jpg

次のページに「会員登録しない」というボタンがありますので、クリックすると、自動課金せずに1ヶ月の無料試用期間のみで、Amazonプライム会員を退会するという項目がでてきます。

amazonprime-3.jpg

これだけのことなのですが、この処理をやっておかないと、1ヵ月後に1年分の会費3,900円がクレジットカードに請求されてしまいます。

Amazonプライムの無料体験会員登録完了のお知らせメール
お試し登録の申し込みをクリックしてしまうとすぐに無料体験会員になるので、メールが自動配信されてきます。そのメールのいちばん下に、小さい灰色の文字で・・・。

無料体験期間が終了すると、お客様は年間会員(年会費¥ 3,900 )に自動的に移行されますのでご注意ください。無料体験期間はアカウントサービスにてご確認ください。年間会員への自動的な移行をご希望にならないお客様は、アカウントサービスにて無料体験終了前に「会員登録しない」のボタンを押して設定の変更を行ってください。

きちんと書かれてあります。でも灰色だし、見づらいんですよね。
見落とす方が多いんじゃないかなと思います。

自動登録されてしまった!場合の対応方法
あと、もうひとつ注意書きがあって、無料体験後、一度もAmazonプライムのサービスを使わなかった場合には返金に応じてくれるそうです。

↑での自動更新キャンセルの手続きと同じように、「アカウントサービス」の「購読管理」の欄、「Amazonプライム会員情報の管理」リンクをクリックします。

一度もAmazonプライム会員を利用していない場合は、「会員登録をキャンセルする」というボタンが出るらしいので、そこをクリックすれば退会&返金完了だそうです。

楽天レンタルの無料お試しサービスと全く同じやり方ですね。
Amazonもこういうことするんだなぁと少し残念な気持ちです。

ブログの口コミをけんさくしてみたところ、何名も「思いがけず」プライム会員の会費請求されてしまったという方がおられたので、私もエントリーにまとめてみました。

プライム会員自体は便利なサービスで利用している人も私の周りにたくさんいますが。。。
Amazonプライムとは?

会員登録または更新時にご指定いただいたクレジットカードで決済できない(例えばカードが失効しているなどの理由により適切に決済できない)場合は、登録されている別のカードに請求します。

↑これもちょっと・・・。クレジットカードをいくつも登録するのも怖くなってしまいますね。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他