【ドクターセラルナ】不眠症への効果は?

布団に入ってから、寝付くまでに30分~1時間以上かかる場合は不眠症の中の症状のひとつ、「入眠障害」かもしれません。私は完全にこの状態です。

2008-12-11%20014a.jpg

今寝ているドクターセラルナは”入眠を促す”効果があります。
実際1週間以上毎日寝付くまでの時間を計ってみると(寝るときに見た時計~最後に見た時計までというアバウトさですが)、入眠は随分早くなりました。

それでもまだ30分くらいはかかっていますが、1時間近くかかっていたことを考えるとかなり縮んできました。別記事にも書いたように、だいぶ体全体もすっきりしてきましたし。

やっぱり体が冷えていたのかな?
ドクターセラルナの「温熱治療」のスイッチを毎晩入れ始めてから特に寝やすくなりました。
足元だけじゃなく体全体があたたまって、すごーーーーーく気持ちいい。

湯たんぽとかアンカとは違いますね、やっぱり。
じわーっふわーっとマット全体が温まってくるのはなんとも心地よいです。

最初はうるさいかもと思っていた、眠りを誘う音(雨音、心音、列車の音)なども毎晩聞いていると、「あ、これを聞くと寝る時間」というふうに思うのか、随分と気が休まって寝られるようになってきました。

2008-12-11%20016.jpg

不思議な音とリズム、思い出すだけで眠くなる
体が温まるのはマットが温まってるので当然なのですが、それよりとにかく不思議なのがこの音たちなんですよね。ルナリズムという不思議な月のリズムとゆらぎを組み合わせて作られた音。

娘がベビーだったとき、こういう音を聞かせるとよく寝るといって、ぬいぐるみに音源が入っていたり、プレイジムから鳴ったり、CD買ったりしていたな・・・ということを自然と思い出してしまったり、自分も赤ちゃんの時に聞いたかもしれないとちょっと思ってしまうような、そんな懐かしいような感じがあります。

たぶんそれが”ゆらぎ”なのだと思います。
胎内音などもあるんですよ、ミュージックメニューに。

その不思議音、ルナリズムをちょっと聴いてみてください
こちらのURLで動画公開しています

この不思議なリズムを毎日聴いていると、ほんと安心できて肩の力が抜けます。
安心=眠りなのでしょうね。

健やかな心とからだのリズムをつくる、ドクターセラルナ
西川産業ドクターセラルナ
西川産業ドクターセラルナ

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他