〔楽〕Amazon.comで個人輸入、初注文

米国版のAmazon.comでも2008年から日本円で購入できるようになっていて、日本への発送も(一部商品は対象外ですが)問題なく行ってもらえます。

amazon_com1.jpg
Amazon.com(米国)

Amazon.comのページを開いたときに「日本でお買い物しましょう」というアイコンが出てビクッとしました(笑)私が日本から接続しているからこういうリンクも出るんでしょうね。

最初は色々な「よくわからないこと」があるけれど・・・
英単語などはショッピング用のものなのでそれほど使われている種類はないですが、全く分からないとドキドキしますし、欧米式の住所入力の仕方も基本的に書いたことがないはずなので緊張すると思います。

だけど、住所はIDを作って一度入力すれば都度入力はいらないですし、基本的にはローマ字で入力すれば良いです。サイトの作りは日本と同じなので、少しずつ翻訳サイトなどを利用しながらゆっくりと進んでいけばOKです。

会計時は、JPY(日本円)表示されるので、後からいくら請求されるかわからないという心配もありません。円高である現在(2009年5月)の私の注文では、だいたい1ドル=99円くらいで換算されています。

私が今回購入したのはAmazonの中に入っているショップさん
amazon_com2.jpg

日本のアマゾンでも、アマゾン本体から買う方法と、出展しているお店から買う方法がありますよね。
Amazon.comでも同じで、何店ものstore(ショップさん)が入っています。

FlawlessBeautyCareという今回注文したお店はアジアへ発送可能。送料は10ドルが基本で重量によってプラスされます。私はコスメ3点で14ドルくらい、日本円では1,417円の送料でした。

どこで日本への発送が可能か確かめるの?
まずAmazon.comで無料会員登録をして、日本の住所を登録しておきます。
するとショッピングカートに商品を入れて、発送先をその日本の住所に選択すると、発送できないものは「Important message」という画面になって「これは発送できません」と言われます。

〔商品名〕 cannot be shipped to the selected address.(訳:〔商品名〕は、その選択された住所へは発送できません)

amazon_com3.jpg
↑これが発送できない場合に出るページです。

一目瞭然だし、送れないので決済ページも出てきません。
発送できるもの、発送してくれるショップさんはこうやって結構地道に探したりします。

日本と同じで間違って発送確定ボタンを押してもその後のキャンセルもできますし、大きな企業なので、トラブルの心配も少なそうですね。ネットでの口コミなどを見ていると。

もちろん無理してアメリカから通販する必要はないのですが、コスメなどはかなりお安い値段だったりするのでいつも使っているものがここにあったり、個人輸入代行サービスを利用しているなら次は自分で、というステップアップのためだったりに使ってみるのはすごく楽しいのでオススメです。

今回、私は発送に一番安くて時間のかかる「スタンダード」を選択したので10日~15日くらいはかかる見込みです。また無事に届いたら引き続きレビューしていきたいと思います^^

>>Amazon.com(米国アマゾン)

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他