〔肌〕角質を保護して紫外線をガード、レバティの化粧水

自分の肌を強くしていこうという趣旨のレバティ化粧品のスキンケアシリーズ。
紫外線対策用の特別な成分は入っていないですが、肌が自分で自分を守れるようになるので、紫外線のダメージを減らすことができます。

20071211%20248.jpg

健康な角質層をつくることで、肌の水分保持能力も上がり、乾燥肌からも脱却できます♪

ノンオイル、ノンケミカルのローション
20071211%20247.jpg

こんな小瓶に入っていて、5日~10日間の使いきりタイプです。
生ものと同じで、どんどん劣化してしまうため、こういった容器に入っています。

レバティ フェイスローション全成分:水 ベタイン グルコース デキストリン グリコシルトレハロース セルロースガム 加水分解水添デンプン プルラン デキストラン グリシン パリン アラニン セリン アスパラギン酸 グルタミン酸 チロシン

ガサガサとして、肌表面に隙間が開いてしまっているように感じるとき(荒れているとき、日焼けの後)に使うと、キューッとその細胞が締まって、肌がしっかりと水分を含もうとする状態を体感できます。

角質層と紫外線の関係
2009-03-21.jpg

肌の表面に健康な角質層があると、バリア機能がきちんと働き、紫外線の悪影響を肌に響かせないように自分自身で守ろうとしてくれます。

もちろん限界があるので、日常以上の紫外線を浴びるとなると紫外線から肌をカバーしてあげないといけないのですが、肌が強ければ受けるダメージは確実に減らすことができます。

けっこう高価なのですが即効性もありますし、日焼け前後の肌や、一度肌をリセットさせたいときに使ってみてはいかがでしょうか♪

私は、日常的には最近「ラディーナ」やレバティの1ランク下に位置する「CAC化粧品」などの化粧水も使っているのですが、紫外線で肌を傷めてしまう時期は、このレバティのフェイスローションを1~2本集中して使ったりします。

パックと同じで、少し肌を集中して健康に整えてあげることで、大きなトラブルが減ります。
毎日使いたいところですが、コストと自分の肌が目指すべきところ(女優さんのようにツルッツル、真っ白でなくてもいいかなということで)のバランスを考えて、使用を継続できる範囲で、効果の高い化粧品を入れ込んでいくのが正解だと思います。

日焼けしてダメージを受けてしまうと、肌の再生がうまくいかなくなるので、半年後、冬になる頃にだいたい乾燥やシミ、赤みとなって現れます。あきらかに肌が薄くなってしまうんですよね・・・。

5/14までレバティ化粧品で、キャンペーン中
2009-03-18%20006.jpg

洗顔パウダー1箱購入につき、フェイスローションが1本ついてくるキャンペーン中です。
何ヶ月かに1回あるので、今回は買わないということでもメルマガ登録しておくと、キャンペーンのお知らせが届くので買うタイミングを逃さなくていいですよ♪

私も前回まとめ買いしていたのですが、また今回も洗顔パウダーの在庫も減ってきたことだしまとめて注文しました。家に届いたら、がっちり使って、肌を強くしたいと思います^^

詳しくはこちら⇒レバティ化粧品-現在のキャンペーンのお知らせ


フェイス ローション <化粧水>
↑使い方は動画で確認できます。
この商品の目指すところは公式サイトの説明ページなどを詳しくご覧下さい^^

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他