〔海〕沖縄をそこに感じる写真集、「神の住む楽園・沖縄」

こんなすごい写真集見たことない・・・。
読んでいるだけで涙がでました。

2009-05-17%20016.jpg

この海の繊細な青、すっきりとした人の笑顔、神はいると本当に思える木陰、毎年やってくる台風、文化を表現しているかのような街並み。そんな場所が沖縄(琉球)なんですよね。

2009-05-17%20024.jpg
ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄

色々な沖縄がうまく切り取られて、ほんとこれぞ「沖縄」。
観光地としての楽しい沖縄、アメリカと混ざったような沖縄、琉球という小さな国だった沖縄。

2009-05-17%20032.jpg

そういう色々な背景も全部ひっくるめて、うまく写真集1冊にまとめられています。
少し中に文章が足されているのですが、それも簡潔にわかりやすく、全てが意味のある文章で成り立っていてすごい。

2009-05-17%20029.jpg

1975年ごろのモノクロ写真もあって、すごく沖縄がわかります。

2009-05-17%20009.jpg

みたいシーンだけが見られる。「写真集」ってほんとスゴイ
沖縄に実際に旅行に出かけても、この写真集に載っているようなシーンに出会えるかというと、すごく難しいと思います。やっぱり天気の都合もあるし、きれいな海に向かうにはおみやげ物屋さんの看板を眺めながら歩いていかないといけなかったり、たくさんの人がいたり。

いいところだけ、感激できるところだけゆっくり見られる。
写真の良さってそういうところにあるんだよなぁ・・・と、この本に出会って、久々写真の良さを思い出しました。

ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄
三好 和義
小学館
売り上げランキング: 42409
おすすめ度の平均: 5.0

5 言う事なしです!
4 沖縄周辺の島に残る美しい自然と独特の文化
5 色が生きてます
5 たくさんの人に知って欲しい自然美

沖縄に行きたい気持ちは変わりませんが・・・(;^ω^A
次に行けても秋。本島ではなく久々に小さな離島へ行って、(西表島とかで)カヤックとかトレッキングができたらいいなぁと、ほんの少しずつ準備中です。

※この写真集は、ヴィレッジヴァンガードで見つけました。ほんと素敵な本のチョイスをしてくれる本屋さんだなぁと何度行っても感激します。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他