〔温〕代謝アップ・免疫力アップに、しょうが料理

夏に近づいてエアコンの季節がやってくる時こそ、冷えない体づくりを目指す時期ですよね。
インフルエンザ予防にも免疫力が上がるのでとても良いといわれる「しょうが料理」。

2009-05-13%20010.jpg

私も先日のジンジャーシロップも毎日摂っていますが、しょうがも色々な料理に使うようになりました。コアリズムのおかげもあってか、体の冷えが今はありません。数ヶ月前に比べるとものすごく改善!

料理って言っても、しょうがを使うのは全然難しくない
お料理ができなくても、鍋がなくても、しょうが料理は簡単にできますよ。
素材としても、しょうがって日持ちもするし、においもしない。

すごく手軽なもののひとつなので1人暮らしでも、ひとりで食べる簡単なランチにも使いやすい食材です。冷凍もできるし、チューブタイプでも十分ですしね。(藤原紀香さんもチューブでドリンク作ってましたよ)

鉄分も豊富な「あさりと生姜の煮物」
2009-05-04%20006.jpg
↑調理中の写真です。

ゆでて身を取り出したあさりと生姜を炊きます。
これがウマイー!

煮物っていうと面倒とか難しいイメージがありますが、「砂糖、酒、みりん、しょうゆ」を組み合わせるだけの料理って、材料に火さえ通れば、そうそうまずくならずに出来上がります。

今回のあさりの煮物も、砂糖:酒:みりん:しょうゆをだいたい全部同じくらいの割合で鍋に入れて煮込んだだけです。しょうががすごくたくさん美味しく食べられました。

ミネラルを豊富に含むあさりは、体内代謝を正常にする働きがありますし、すごくいい料理なんですよ。お味噌汁などにすると、日持ちがしませんが、こうやって炊いておくと1週間位は冷蔵庫で保存できます。中に一緒に入れている生姜もバリバリ食べられますよ。

インスタント味噌汁+しょうが
2009-05-13%20011.jpg

他の家族があまり生姜好きじゃないとか、生の生姜を買う機会がないという場合はチューブで^^
インスタントのお味噌汁とか卵スープに入れるだけでも、体が温まってきますよ。味噌も美容にもいいですしね。

塩分摂りすぎになりがちなので毎日・・・というのはどうかなと思うので、紅茶にはちみつと生姜(チューブから直接IN!)を入れたりしたものと交互で朝に飲むなんていうのはどうでしょう。

2008-10-28%20043.jpg
はちみつと生姜って合う・・・。

チーズやホワイトソースなど乳製品とも相性Good♪
永谷園の生姜部サイトで公開されているレシピでも人気のグラタンのしょうがソース。
私もけっこう以前からやっていますが、ホワイトソース(レトルトでもOK)の最後にしょうがを入れます。

2009-05-14%20003.jpg
↑これはミソ味の焼きおにぎり。中にチーズを入れてるんです。
このミソに生姜を混ぜ込んでおくと香りもよいし、後味がすっきりします。ボリューム感も増す気がしますし。満足度が上がるのかな。

しょうが料理と言っても新しく何かをするのではなく、日常にプラス
サプリメントを飲むようなもので、継続しなければ効果を感じるのは難しいですが、しょうがは安価だし、どんな料理に入れてもまずくなることはないので続けやすいですよね。

にんにくなどのほかの香辛料でも体を温める効果はありますが、匂いがあったり、新鮮なものを手に入れるのが難しかったり高価だったりするので、私はやっぱり「しょうが」だろうなぁと思います。

運動する時間もちょっとなくてという方は、ぜひ生姜料理から代謝アップ・冷え改善のはじめの一歩をしてみてはいかがでしょう♪

温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する
石原 結實
WAVE出版
売り上げランキング: 2480
おすすめ度の平均: 5.0

5 画期的!…今まで損をしていただけ?
5 なにより、押し付けがましくない
5 かわいい~♪
5 効果絶大!
5 分かりやすくて可愛い本

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他