〔麗〕食べる美容液アボカドを、料理にプラス

基礎化粧品を変える前に、まず食卓にのせてみようといわれるアボカド。
世界一の美女になるダイエット」でもイチオシ!されていた食材です。けっこう料理の仕方は簡単で、毎日食卓にのせるのもできなくはないですよ。

P1070259.jpg

冷え症の改善や肌・髪への栄養補給にパワーを発揮してくれるアボカドです。

生野菜にのせてドレッシングがわりに
「森のバター」と呼ばれるだけあって、すごくクリーミーですよね。
スプーンですくって生野菜にのせれば、それだけでドレッシングの変わりになって美味しいです。

P1070264.JPG

半分に割ったら、そのまま私はスプーンですくっています。
柔らかいから簡単だし、皮をむく手間がないのが毎日食べようと思えるポイントでもあります。

レモン、塩、オリーブオイル、パルメザンチーズ、マヨネーズ、醤油、わさびなどと相性がいいので、適当にその日の気分で「生野菜+アボカド」の上にかけて食べるだけです。

子どもにはちょっとまだ食べ慣れていないところもあってか受け入れられていませんが、大人にはすごくいいサラダです。ビタミンE、酵素、食物繊維をしっかり摂れます。

青臭いのが苦手な私も大丈夫!海老・トマト・アボカドの和え物
P1070266.jpg
ゆでた海老、刻んだトマト、刻んだアボカドをだいたい同量ずつ使います。

P1070268.jpg
レモン、塩、パルメザンチーズ、ブラックペッパー、マヨネーズ(気持ち控えめ)で和えます。

P1070270.jpg
↑できあがり。簡単です。

【余談】ちなみに海老はパピヨットに水と調理酒を入れて1分半くらいチンするだけ。シリコンだと生臭いニオイがつかないし、海老も柔らかくできるので下ごしらえがほんと楽です。

私は青臭いのが苦手なんですが、パルメザンチーズがちょっとあるだけで随分ニオイが変わります。
マヨネーズは旦那さんのリクエストで入れているのですが(無いよりあったほうがウマイそうです、そりゃそうだよね)、チーズ多めにすれば無くても全然大丈夫。

これは海老じゃなくても、もちろんイカ・タコ、貝類など何でも大丈夫。
味の組み合わせとして、ちょっとコクのあるもの(チーズ、マヨネーズなど)と、酸味のあるもの(レモン、トマト、グレープフルーツなど)をプラスすると簡単に美味しくなります。

このアボカドは1個98円で買ったもの。
ずいぶんと安く買えるようになりましたし、肌や髪は体の中からきれいにしていくのも大切ですよね。

美容液を月々5千円分使うなら、1日に半分(半個)のアボカドを食べて、1500円。
こちらのほうがいいような気もします。

和歌山でアボカドは栽培できる
私もよくもらうのですが、和歌山はアボカドを国内でも珍しく、けっこうたくさん作っている土地です。
このアボカドの種を「そのまま植えたら、アボカドできるで」といわれたので、真に受けて自宅の庭か畑で栽培しようと計画中です。またその栽培については引き続き書いていこうと思います♪

アボカドの栄養
脂肪分が豊富であり、俗に「森のバター」とも呼ばれる。この脂肪分はほとんどが不飽和脂肪酸であり、血中コレステロールを増加させる心配が少ない。ビタミンEも多く含まれる。–引用:ウィキペディア

世界一の美女になるダイエット
エリカ アンギャル
幻冬舎
売り上げランキング: 25
おすすめ度の平均: 4.5

5 ダイエットに対する考えが変わります。
2 言っていることは真っ当だが・・・
4 世界一になるかは別問題として。。。
5 シンプル is  ベスト!!
5 女性のための養生訓。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他