〔食〕昼食後に眠くならない、低GI食(ちょっとレシピ)

低GI食とは、血糖値の急上昇を抑えて、体に脂肪をつきにくくする目的をもった食事のこと。

P1060797.jpg

運動した後(筋肉を動かした後)はものすごく食べた物を吸収してしまうのでこういう食事に意識して切り替えたり、昼食後に眠くなって集中力が下がってしまうなどの悩みにいいそうです♪

主食に選ぶのは、「玄米」か「そば」
P1060807.jpg

P1060822.jpg
【参照】FYTTE (フィッテ) 2009年 07月号 [雑誌]

本に載っているだけではなく、ダイエットのための食事指導でも言われたことなのですが、白米やうどんを食べると血糖値が急上昇して、それを抑えようとインスリンが分泌されます。

そのとき余ってしまった血糖があるとそれが体脂肪として蓄積されやすくなるということなんですね。
血糖値の上昇をゆるやかにすれば、きちんと分解されて、体脂肪がつきにくい、ということだそうです。

実際続けてみての感想・効果
痩身のための機械を使ったり、ウォーキングやコアリズムなど運動をしたあとに取る昼食を意識して低GI食にし続けているんですが、これがすごく眠くならずに良い♪

炭水化物やたんぱく質をしっかりとって、満足感もあるし、そのあとに仕事したり何か出かける用事があってもダルくならず、集中力が持続します。

先日歌手のhitomiさんが産後のダイエットの話をテレビでしていて「お昼は引き締めのために『そば』にしています」と言われていたり、有名なダイエットのお医者さんが「昼は食べるなら『とろろそば』を食べています」と書かれていたりしたのも、この低GI食って面白いなぁと思った理由のひとつです。

低GI食(低インスリンダイエットとも言われる)に向いている人
ダイエットの方法も色々私も書いていますが、自分に合ったものをチョイスして実行するのがいちばんです。この低GI食はどんな方に向いているのかというと・・・。

●昼食後に眠くなって困っている
●エネルギーは減らさずしっかり取りたい(仕事の集中力維持、筋力アップ中)
●体重を減らしている最中だけれど、炭水化物を取りたい
●ドカ食いをしてしまう(血糖値の急降下で衝撃的な空腹感にみまわれるそうです)

こういった方だと思います。
特にお昼を食べると眠くなって、なんか気持ちが折れるという方にはぜひおすすめします。外食だととりあえず「そば」をチョイス!かな。コンビニで買えますしね。

そのほかに低GI食に使えるもの
お酢、クエン酸、海草、キノコ、乳製品(個人的には豆乳で代替したほうがいいと思う)、野菜。
油脂はGI値がゼロなので、揚げ物を食べても眠くはならないそうです。ダイエットのためには揚げ物ではなく味つけのためのマヨネーズを少し、とかそういうレベルで使うことができます。

私なりのちょっとした【低GI食】レシピ
P1060798.jpg
ササミの梅シソ巻き
⇒ササミを塩とコショウで焼いて、梅干とそれについているシソを適量のせて、青シソで巻く

P1060807.jpg
とろろそば-あったかエノキのせ
⇒そばは茹でて冷やし、その上に山芋のすりおろしと、そばつゆにつけてレンジでチンしたえのきを。そばの量は1回60グラム~70グラム。2束を3回で使うくらい。

P1060805.jpg
冷たいそばつゆは塩分を感じにくいので、どうしてもかけすぎてしまいます。
こうやった状態でレンジで30秒ほど温めてから冷たいそばの上にかけると、お腹にもいいしつゆの量を減らせます。まずオカズを食べたあとでこのそばを食べれば、この量で十分です。

P1060801.jpg
オクラの味噌マヨネーズ和え
⇒茹でたオクラに、マヨネーズと味噌少しを混ぜる。アクセントに青シソとかミョウガ、生姜、レモンなどをひとつ入れるとウマイ。

味噌はほんのちょっと。一人前ならお箸の先にちょっとつくくらい。塩味とコクが足されるので、マヨネーズの量を通常の半分くらいに抑えても味がしっかりします。

ダイエットや美容のための食事方法って色々ありますが、まずは「美味しい!」と思って食べることが大切だそうです。消化もよくなりますし、しっかりホルモンも出ますもんね。

自分の体の状態や、悩み、継続できるかどうかというポイントを交えつつ、色々な方法を取り入れてストレスのない健康的な食生活を送りたいですね~。

低GI習慣

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他