〔美〕体内の滞りを流す、ヤーマンのエクサグローブ感想レポート

実際に体験してみて、今私がいちばん欲しいと思っている、ヤーマン「エクサグローブ」。
EMSという電気を体に流して体の奥の筋肉層を鍛えたり、滞ったものを流したりする美容機械なのですが、かなりの出力なのに14,800円!

2009-05-29_023.jpg

美容機械としてEMSは珍しくなくてサロンなどにはかなり前から入っているものですが、自宅用としてこの機械は使い勝手と価格、出力のバランスがかなり優れてる!

エクサグローブはお風呂で気になるところを掴むだけ
防水で、ジェルなども必要ありません。
しかも!コードレス!

今まではコードがあったし、通電させるために両手を使わないといけませんでした。
手袋の左右に電極があって、顔や足を両手でくるむようにして両側に電極をあて、その間に電気を流して通電させていたんです。

このエクサグローブは片手でOK。親指とそのほかの指に電極がわかれているので、片手でグッと二の腕やお腹、足の付け根を掴むだけで電気が通ってくれます。

その電気によって体の中の筋肉を収縮をさせて、老廃物を流しながら、筋肉を鍛えていきます。
「ビクッビクッ」と筋肉が体の奥で動くのが感じられるので、「効いてる~!!」っていうのを実感できるので爽快感もあるんですよ。

P1060830.jpg
↑ちなみに今までのものはこういうコードがあって、両手使いでした。
しかも価格も高くて大変だったんです(参考:佐藤江梨子プロデュースNARLフェイスデザインicon

お風呂で使えるのでジェルが要らないし、すごく経済的。
このEMSという機能は痩身効果もあるし、筋肉が鍛えられるのでダルさなども解消してくるいいものなのですが、週1回の使用なら3ヶ月以上続けないと本当の自分の筋肉にはなってこないんです。

だから、ジェルが必要で、しかもそのジェルが高価だったりすると続けられないじゃないですか。
EMSという機械プラス、マッサージがちょっとだけついてサロンだと8回で3万円くらいします。

顔も使えて、しかも片手ずつでできるから色々な部位を一気にビクビクさせたりもできるし、お風呂でできるので半身浴がてらに済ませると時間的にもちょうど良さそう。

筋肉層を鍛える⇒痩身の理由
2009-05-29_24.jpg

体の一番奥の筋肉を動かすわけですが、運動をしているのと同じことなのです。
筋肉を動かすのにエネルギーがいりますし、何かを我慢したりするわけじゃないのでリバウンドもありません(ただこの機械を最初の数ヶ月はしっかり使う必要はあります)。

筋肉が増えると代謝も上がって、体の中が活性化されてくるので、最終的には全身の滞りも流れて、すっきりとしたボディラインになってくるんです。

ある意味(ちょっと東洋医学的ですが)体内の「気」の流れもよくなってくるので、すごく毒素が出るというか、デトックス的な感覚もあります。私もサロンで数ヶ月EMS受けたので、その体内が改善されてくる感じは実感したのでわかります。

肩こり、むくみにも効きますし、小顔効果やたるみ予防にも繋がります。
筋肉層を鍛えるってどんな美容法でも土台となるものなので、やっぱり押さえておきたいところ。

ダイエット食品や化粧品などの消耗品を買うなら、将来の自分のためにもエクサグローブをとにかく1台!と思います。特にジムやサロンなどに行かない方には良いと思います。

EMS= Electric Muscle Stimulation = 電気的筋肉刺激
痛そうな名前ですが、自宅用のため出力は痛かったり熱かったりするギリギリのラインまでしか上がらないので、痛みなどを感じることはありません。

設定モードにはボディとフェイスの2種類があって、フェイスはかなり弱い出力で、薄い肌でも安心に使えるような出力設定です。

電気に弱い人(電気風呂が耐えられない人)には最初は不思議な感覚があるかもしれませんが、筋肉がビクビク動くのを感じるのがメインでビリビリとはすることはないし、爽快感のほうが大きいのじゃないかなと思います。


お風呂でEMSエステ!「エクサグローブ」税込14,800円
送料735円がかかりますが、ジェルなどは必要ありません。

お風呂で使うことができるので、ジェルを塗って拭いてという手間もないですし、ランニングコストは必要ありません。1台だけで済む美容器具で14,800円は安いと思います。

関連リンク
ヤーマンのエクサグローブ口コミ感想や効果! – コスメマニアのコスメ口コミ日記

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他