アニタアレンバーグの3980円肩がけバッグ、「リモーダ」

ファッションブランド「アニタ・アレンバーグ」の新作バッグ、リモーダ。
ちょうど肩にかけられるし、A4サイズの書類が入るのでストレスなく日常的に使えます。

anita_3980.jpg
ANITA ARENBERG(アニタ・アレンバーグ)

多色展開で、しかも”ハッキリした色””ふんわりした色””ベーシックな色”などきちんと棲み分けがあって、色選びがしっかりできる余地があるのがイイですよね。

P1130523-1.JPG
↑先日のアニタ・アレンバーグ新作発表会で全色そろったシーン。
全16色はすごい迫力!「オリーブ」がイチオシみたいです。

P1130537.JPG
↑こちらが「オリーブ」。
日本人に緑が似合うというのは、メイクカラーだけじゃなくファッション小物でもそうかもしれないですね。

私は黒っぽいトップス+ジーンズということが結構あるので、ローズピンクとか明るくてはっきりした色がいいなと思いました。

「リモーダ」のディテール
P1130538.JPG

クチの部分にはちゃんとファスナーがあります。
これがないと財布など盗難にあいますから、カバン選びでは大切なポイントです♪(クチのあいたバッグを持っていて、エスカレーターで財布盗られた経験有りです・・・)。

P1130539.JPG

P1130541.JPG

外側はオープンポケット。マグネットでパチッと閉まりますが、中央は開いています。
1つのポケットにマグネットのフタが2個ついている感じなので、携帯やスイカなんかサッと取れます。

P1130540.JPG

P1130543.JPG

A4サイズの書類やバインダーが入る幅と深さ。
マチは12センチありますので、分厚めの手帳や財布が入ってもカバンの形に影響がないです。

P1130546.JPG

底ビョウがついていて、底が汚れにくく、ちゃんと自立する設計になっています。
机の上や床に置いても倒れないのはけっこう助かるポイントですよね。

P1130548.JPG

P1130549.JPG

内側のファスナーポケットも手のひらが全部入るくらい大きい。
チケットとかカバンの中でぐちゃぐちゃになって欲しくないものを入れるのにいいサイズです。

P1130552.JPG

内側にもファスナーポケット1つと、オープンポケットが2つ。
素材は外側が高級合成皮革で、裏地がナイロンです。

今あるものより、もっと安くて可愛いものを作りたいというがアニタ・アレンバーグのテーマ
素材を探すだけではなく、作ってくれる工場も探して歩いたというアニタ・アレンバーグ。
「可愛い」にはデザインだけではなく、素材、色、使いやすさなんかも含まれるわけで、ほんとよく考えて作られているなという印象を持ちます。家電みたいです。多機能ですし。

2009年から発売になったブランドで、秋は売り切ればかりで私もびっくりだったのですが、2010年春夏、2010年夏とシーズンが進むにつれて、さらに色や使いやすさを追求して作られているなぁと感じています。

アニタ・アレンバーグ「リモーダ」

リモーダバイカラー ANITA ARENBERG
3,980円

※↑セシールで購入すると返品は無料で可能です(私の返品レポートはコチラ

セシール - ANITA ARENBERG(アニタ・アレンバーグ)

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他