【脱毛器】センスエピ、口コミレビュー

家庭用脱毛器「センスエピ」は、顔(鼻から下だけど)にも使える!
使い勝手やどれくらいの効果があるのか、口コミレポートします。

P1140009.JPG
センスエピ公式サイト

52,500円と価格がお手頃なので、ワキなどの永久脱毛が終わっている方でも気になる部分に使うのにはいいかも。5ジュールの出力なので、効果は小さめですが、照射範囲が広いので打ちやすいです。

レーザーではなく、パルスライト脱毛器
P1140012.JPG

ライトが大きいので、広範囲にあてることができ、所要時間が短いのが特徴です。
照射ボタンを押すと、パチッと光りますが、あのチクッとする痛みはないですね。

毛のある肌にきちんと当たらないと、照射ボタンを押しても光りません。
広く当たるので、手の甲なら10ショットくらいで済む感じです。

エネルギーの強さは公開されていない。実感としては、けっこう弱い。
P1140013.JPG

体感してみた感じですが、エステやトリア(アイエピ)と比較してみると、やっぱりエネルギー自体は弱いですね。出力はトリアが20ジュール、センスエピが5ジュールです。

でも毛がこげた感じと、皮膚がちょっとヒリヒリして乾燥するような感覚はあるので効果はありそうです。弱いのが功を奏してか、デリケートな部分にあたってもチクッとした痛みはほとんどありません。

毛が太い人におすすめかも
毛が太いと、照射エネルギーの強いものを当てるとチ“クッと痛いですよね。
腕や足は薄くても、ビキニライン(Vライン)、Iラインなどは毛が太かったり。

そういう部分には軽く当てられて、簡単だし、生えてくるスピードは落ちるので良さそうです。
あとはエステに通うほどでもないけど気になるところ。お腹とか、口周りとか。

ワキなど絶対生えてきては困るところ(失敗があっては取り返しのつかないところ?(笑))はやっぱりエステや医療に通うのが一番だと思います。家庭用は安全第一なのでどうしても弱くなってしまうんですよね。

トリア(アイエピ)はレーザーだし、かなりしっかり出力できるのですが、センスエピは価格がお手頃なのと、顔にも使えるという部分で安全を考慮しているからか弱くなってしまってますね。

でもそれが逆にセンスエピの良さでもあります。
痛さがイヤで、それなりでいいので除毛よりは脱毛の効果が欲しい場合など重宝しそうです。

P1140032.JPG

デメリットは、750ショットで打ち止め
750ショット打つと、ライトの部分が強制的に止まってしまい、交換をするようになっています。
要はカートリッジ式で、ライトカートリッジが別売りで5,250円です。それ程高くないのですが。

手の甲だと10ショットくらいが必要だと感じました。最初の3ヶ月が2週間に1回、その後1ヶ月に1回として1年間続けると、150ショット。両手で300ショットなので、指の部分までするとカートリッジ1個で両手の甲と指ができるという感じかなと思います。

顔の使用については公式的にOK

従来、センスエピは目への負担を考慮し「顔への使用は禁止」としてきましたが、2年にわたり臨床テストを重ねた結果、他の家庭用レーザー、光脱毛器同様「顔への使用も問題がない。」と分かりましたので2010年1月末より世界的に「顔への照射も可能。」と修正いたしました。

ただし、顔への使用は鼻から下に限り、ヒゲに関しては他の体毛と毛の生え方が異なりますので注意をしながら照射していただくよう、オススメしていきたいと考えております。

出力が弱いですが、剃るよりは処理が少なくて済みますしね。
費用(52,500円+いくつかのカートリッジ)を考えると、コストパフォーマンスはよいと思います。


センスエピStandard set
52,500円

使い方はDVDが付属しているので簡単。
電源ボタンを押して、肌につけて、照射ボタンを押すだけなので1回使うと覚えられました♪

4ヵ月後の効果実感レポートはこちら>>【脱毛器】センスエピ、4ヶ月目で効果実感

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他