海南東ICすぐ、海南市わんぱく公園(入場、駐車場無料)

阪和自動車道を大阪・和歌山方面から南下すると、海南東インターがあります。
降りたらすぐ!のアクセスしやすい公園、海南市わんぱく公園へ行ってきました。

P5091389.JPG
海南市わんぱく公園

駐車場も無料、入場料も無料。なので、和歌山県外から来る人もたくさんのようでした。
屋内で遊ぶ設備も充実しているので、暑い時期、寒い時期もしっかり遊べます。

森、山、谷、池。広大な敷地で緑がいっぱいでした。
P5091415.JPG

1時間以上歩きましたが、半分くらいしか道を通れなかったくらい広かったです。
見所や遊ぶところも色々作られているので、遊びつつ散歩を楽しみました。

P5091397.JPG

山の中は日陰が多くて、この季節はちょうどいい気温になっていました。
子供連れだと直射日光ばかりだとしんどいのですが、ベンチもたくさん用意されていたし、安心でした。

非常用のインターホンも、ところどころ設置されていました。
道を示す看板なども細かくあったし、トイレもきれいでした。

P5091398.JPG

公園内どこででも食事が取れるのもいいなぁと思いました。
ボール遊びなどもどこでもできるようだし、規制が少ないのがいいですね。

P5091418.JPG

遊具はまるで幼稚園のよう。思いっきり体を使って、工夫して遊べるものがいっぱい。
砂場もあるし、水遊びができる水飲み場もありました。

屋内施設「風の子館」がすごい
P5091424.JPG

風の子館はグルグルと渦巻状の屋根の建物です(1枚目の写真にうつっています)。
その屋根のところはアスレチックのような、こどもが駆け回れる場所になっています。

P5091426.JPG

娘がこの筒の中を上っていったので、超ハラハラ。
外からはなんとなくしか見えないのですが、中は真っ直ぐの穴ではなく、ジグザグになっていて、手を離したとしても下まで落ちないようになっていました。

雨の日に遊ぶにはすごくいいですよね。
しかも小さい図書コーナーがあって、マンガも・・・。お父さんがたくさん座って読んでいました。

P5091423.JPG

赤ちゃんにはボールプールなど、ベビーコーナーが。
この一角は小学生が入ってこないので、ゆったり遊ばせられるようになっていました。

風の子劇場という階段に腰掛けられるスペースもあって、そこは「千と千尋の神隠し」が上映されていました。こどもを集めたミニゲーム大会とか、押し花作りなどができる工作スペースもあって。すごい。

ソフトクリームなども売っていたし、レストラン内で持ってきた食べ物を広げてもいいようでした。
季節の体験会などもあって、この間はたけのこ掘りがあったそうです。秋はみかん狩り、冬はそば打ちなどもできるそうなので、これからの行事が楽しみです。

週末は駐車場が混雑するそうです
私は日曜の午後に出かけましたが、たしかに第二駐車場までいっぱいでした。(第三駐車場有り)
今回はGW明けでちょっと少なかったようで、近所の人情報によると通常の週末は駐車場もいっぱいになるようです。

といっても結構な台数がとめられるのでちょっと待つと入れると思いますが、ランチタイムのちょっと前か、ランチタイムが終わった頃(午後2時くらい)に行くとスムーズかなと思います。

私は高速に乗ると家からすごく近いので、もっと早く行っておけば良かったなぁと思っています。
和歌山市内にも四季の郷など大きな公園がありますが、屋内施設やイベントが嬉しいですね。

他府県ナンバーも多かったです。
近畿南部にお住まいの方はレジャーにぜひ♪

海南市わんぱく公園
開園時間:午前9時~午後5時
休園日 :月曜日(祝日は開園)、年末年始
入園料 :無料(施設専用使用の際は有料)

※地図などはコチラのサイトが詳しいです→「海南市 わんぱく公園」 和歌山県海南市の公園です。遊具、芝すべり,室内公園

こどもの日まで池の上で泳いでいた鯉のぼりが干されていました。。
P5091420-1.JPG
来年は泳いでいるところを見に行こうと思います^^

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他