【四国旅行記3】徳島港すぐ近く、徳島ラーメン「巽屋」

明るい店内には家族連れもたくさんいて、とても食事をするのにいい雰囲気だった「巽屋」。
初めてでも気負わず、楽しく徳島ラーメンを食べることができました♪

P6131929.JPG

駐車場は店前以外にも、この写真でいうと手前側に広いスペースがあります。
港や空港から近いこともあって、観光客も多くいつもにぎわっているお店らしいです。

私たちは日曜の13時半ごろ着いたので、すぐ座ることができました^^

P6131931.JPG
支那そば肉玉入り(小) 600円

この煮込まれた豚バラ肉と濃い醤油色のスープはかなり辛そうなのですが、それが実はそんなに塩辛くないところが不思議。

徳島ラーメンはかなりベッタリと甘い印象だったのですが(もともとそういう甘辛いラーメン)、この巽屋さんはそんなに甘さはキツくなく、上品な感じでした。

前に食べた「いのたに」さんよりすごく食べやすかったです。
豚骨臭も和歌山の中華そばに比べたらかなり控えめで、お肉が煮込まれたいい香りがしました。

ご飯が必須?
P6131933.JPG

周りを見渡すと、みんな片手にお茶碗!
食券を買うときも、「●●ラーメン+ライス」のボタンが多かったです。

私たちは食べなかったのですが、お肉のボリュームがすごかったし、十分お腹いっぱいになりました。
でもご飯食べても美味しいだろうな・・・丼を食べているような感覚になるだろうなと思いました^^

P6131930.JPG

初めてでも気軽に過ごせる店内。
とても席と席の間が広くて、ゆったりとした空間です。

またここは行きたいです。
くどいと思い込んでいた徳島ラーメンのイメージがずいぶん軽くなりました♪

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他