高さを合わせられるオーダーメイド感覚の枕「レ・ムール」

「レ・ムール」は使う寝具や人に合わせて高さを空気圧で変えられる、高機能枕。
首・頭・肩がフィットして、とにかく寝やすいです!

P8313229.JPG
高さ調整機能枕  「レ・ムールソフト」

ウールノップスというニュージーランド羊毛を球状にした素材がメインとして入っています。
そして、首の後ろにはエアバッグが入っていて、それに空気をポンプで出し入れして使う構造です。

オーダーメイドで枕を作っても、寝具を変えてしまうとしっくりこなかったりすると聞きます。
これは微妙な調整が簡単にできるので、すごく合理的。丸洗いもできるのでずっと使えます。

P8313241.JPG

枕の中も5つに分かれています。
それぞれにファスナーもついていて、中に入っているウールノップスを出し入れすれば、全体の高さも調整できます。ポンプで調整するのは、首の後ろの部分です。

P8313240.JPG

高齢の方も使うのを想定されているので、構造はとてもシンプルで、パッと見るとわかります。
空気の調整は、首を乗せた状態で空気を入れ、少し高いと感じたらプッシュボタンを押して空気を抜いていきます。

音が小さくなって、中から空気が出てこなくなったら、自分のベストポジション。
首がぴったりと枕について、ちょっと伸びた感じがしてとても気持ちがいいです。

P8313245.JPG
↑左右がちょっと膨らんで、真ん中が頭と首の形に凹んでいるのがわかると思います。

これでしっかりと首を支えてくれるので、頭部・肩・首の筋肉の力が抜けてリラックス状態に。
それで、血行がよくなって肩こりや体の痛みが取れたり、代謝がよくなったりという効果があるそうです。

確かに起きたときの頭と首周りが楽です。
まだ何ヶ月も使ったわけではないのですが、首の力が抜ける感じがたまらないです。

P8313248.JPG

ギフトにもいいですよね。
入院のお見舞いなんかにとても良さそう。洗えるし、ベッドの種類によって高さを変えられますしね。

1万円と安くはないのですが、首や頭の筋肉をリラックスさせるのは寝ているときしかできないですし、ひとつひとつのパーツごとに注文して買い換えられるそうで、長く使える商品なので買っても損は絶対ないなと思います。

肌触りもとてもいいし、早く寝よう~という気になります♪
ぴったりフィットする枕ですが、通気性がよいのでクーラーなしの熱帯夜でも快適に使えました^^ オールシーズンOKですね。


高さ調整機能枕  「レ・ムールソフト」眠りの妖精
10,800円 (大丸通信販売 Dmall.jp)
↑大丸では入荷待ちになっていて、Amazonや楽天には在庫があるようです。
が、全体的に少なめですので、ギフトの場合はお早めに予約&購入がよいと思います。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他