【ハンドメイド】マスキングテープと封筒で、ウォールポケット

マスキングテープを使って、資料などが入っていた封筒をリユースするアイデアです。
縦型の封筒を使うと、ウォールポケット風。プリントやチケット、ダイレクトメールの整理に使えます。

P1150135.JPG

すごく簡単に作れるので、どんどんと勢いで作れます。
深さを自分で調整できるので、すごく書類などを整理しやすいんですよ。特にお子さんがいて、幼稚園や学校のプリントがぐちゃぐちゃになる・・・方にはオススメです!

P1150140.JPG

【用意するもの】
縦長の封筒(私は長形3号と、角形2号を使っています)、マスキングテープ、はさみ。

【作り方】
1.まず封筒の底の輪の部分を切り取ります。

P1150121.JPG

2.封筒の半分くらいまで、両端に切り込みを入れます。

P1150123.JPG

P1150124.JPG

3.切り離した部分を折り上げます。好きな長さに折り上げてOK。
この段階で3つのポケットが完成したことになり、あとはテープで止めるだけなので、物を実際に入れたりして深さ調整をします♪

P1150125.JPG

P1150126.JPG

4.両端、ポケットのフチの部分にマスキングテープを貼っていきます。

P1150128.JPG

P1150132.JPG

マスキングテープをはる場所は、必ず両端は貼らないといけませんが、それ以外は好みです♪

P1150117.JPG

シールを貼ったり、アレンジができて楽しい~。
裏側に直接マグネットシートをはって、冷蔵庫にペタッと貼ってもいいし、穴をあけてひもを通しても。

レシートや領収書を入れて家計簿のサブとして使ってもいいですよー。
マスキングテープの活用法としてぜひ^^

もっと色々デコレーションできるようになりたいので、私も工夫していこうと思います。
マスキングテープもたくさん可愛い柄が色々なところで販売されるようになりましたもんね♪

マスキングテープとは?もともと建物や車を塗装するときに、塗料が周囲に付かないように保護するためのテープで、素材は紙(和紙)でできています。手でちぎれること、貼りなおしが何度でもできることから普段使いにも普及し始めています。 –参考:マスキングテープの本

今日の封筒作りは、オルビスから送られてくる「hinami」という雑誌に載っていた作り方を参考にしました。オルビスで購入すると送られてくる雑誌なのですが、内容量が豊富でイイ雑誌です。
オルビス hinami

P1150142.JPG

家にあるものをリユースするのに役立つ本
P1150143.JPG

エコ・ラッピング
スクラップホリックの本―かわいいスクラップブックのつくり方
マスキングテープの本

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。本名は万谷絵美(まんたにえみ)です。情報発信が趣味のブロガーです。ライター活動をしながら株式会社Crop代表取締役も。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他