ジメチコンを髪につけていると、パーマもうまくかからない

先日、美容師さんばかりのセミナーにお邪魔しました。
髪に負担をかけない新しいストレートパーマ薬剤の話だったのですが、ジメチコン入りのヘアケア剤やシャンプーを使っている人には注意が必要・・・ということがかなり大きく言われていました。

P1150325.JPG

ジメチコンというのはシリコンオイルのことで、”ツヤツヤ”した質感を出すために使われる材料です。
ツルッとした仕上がりを安価に簡単に出そうとすると、ほとんどこのジメチコンに頼ることになるそうですが、その結果、美容師さんも扱いにくい髪になってしまうのだそうです。

どうしてジメチコンが良くないのか?
ジメチコンが髪に吸着してしまうと、その後にトリートメントやパーマ剤をつけても浸透しづらかったり、髪本来のキューティクルがなくなってしまったりなど色々影響が出てきます。

そうなるとまたジメチコン頼みになって、さらに髪本来のパワーが弱まって・・・という悪循環なんですね。
時々のお出かけのときにツルッとさせたいから使うという位であれば髪の健康には問題ないそうです。

けれどずっと髪につけたままにしたり、ジメチコンをさらに吸着させるようなヘアケア剤だったりすると、どんどん髪の力が弱くなってきてしまうんですね。

それがトリートメントなどがうまく浸透せず扱いづらい髪になったり、薄毛・切れ毛、乾燥などの髪の悩みを招いてしまったりするそうです。

ジメチコンを使わずに、じゃあどうやって髪をキレイに仕上げるの?
P1150315.JPG

また別途記事にしますが、ジメチコンなどシリコンを全く使わないパーマやトリートメント剤には、”セルロース”というコンディショニング成分が使われています。

今のところ、髪をきれいに仕上げようと思うと、現実的にはこのどちらかなのだそうです。
“セルロース”を使うと、仕上がりはツルツルというよりサラサラ。(写真の髪↑はノンシリコンです)

質感は少し変わりますが、すごく自然な感じで髪が仕上がるので、ヘアケア剤などを選ぶときはジメチコンに頼ったものより、セルロース配合のものを選ぶと良いそうです。価格は少し上がってしまいます。

ジメチコンの中でも、それを髪に吸着させようとするヘアケア剤がいちばん困る
単にコーティングするだけでなく、そのジメチコン(シリコンオイル)がはがれてこないように、さらに髪へ吸着させるように作られたヘアケア剤やシャンプーがあるそうで、それを使い続けることがいちばん良くないということでした。

市販のシャンプーではTSUBAKIや、アジエンスなど。
美容室で使われるストレートパーマやトリートメントなどもけっこうたくさんシリコンが入っていることがあるそうなので、美容室選びも慎重にしないといけないそうです。

最近シャンプーを含むヘアケア類についてけっこう一生懸命勉強していますが、なかなか奥が深いというか、ほんと化粧品と同じで自分に合ったものを選ぶのは大変なんだなと思います。

また頑張ってシャンプー、ヘアケア剤のレビューを書いていきたいと思います♪
価格も品質も自分の髪にあったものを見つけて、髪の悩みを少なくしたいですよね^^

今回はノンシリコンの縮毛矯正(ストレートパーマ)を美容師さんたちにしてもらってきたので、次の記事ではそのパーマのレビューをしたいと思います。

関連リンク
美容師さんに読んでほしい-シリコン商品全盛の時代が、美容師の首を絞める!?
和歌山美容室 エステサロン 美容エステなら和歌山駅すぐの美容室レンガヤ

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他