【滞在感想】心ものんびり、クラブメッド・サホロ@北海道

12月6日~9日、3泊4日の日程で、クラブメッド・サホロに滞在してきました。
帯広空港から1時間ほどの、大きなスキーリゾートです。

P1160320.JPG
クラブメッド・サホロ(楽天トラベル)icon

今回は残念ながら雪がなくスキーなどのウィンタースポーツは出来ませんでしたが、その分、きれいな空気の中でトレッキングなど夏のアクティビティを楽しめました^^

友人の仕事にくっついて行ったので、リニューアルされて新しくなったレストランでの会食やバーでのパーティーにも出席。ホテル自体も満室で、色々な国から人が集まってきていました。

オールインクルーシブで日本人の姿も少ないクラブメッド。
日本の文化とは違う場所なので、日常感じるストレスを全く感じずに過ごすことができます。

そんな時間は単なる贅沢だと思っていましたが、3泊を過ごしてその場所を離れてみると、色々日本のほかの宿ではなかなか味わえないメリットがあるものだと気づいたので滞在感想といっしょにまとめてみたいと思います。

P1160313.JPG

滞在はファミリー7割、カップル2割、シングル1割
今回プレス向けの説明をきかせていただいたので、滞在する人の割合など細かい話も聞くことができました。カップルはシニアやハネムーン、日本人はシングルも多いということでした。

子供のプログラムが充実していて、安心して子供を送り出すことができるので、やっぱりファミリーが多いですね。子どもにはバカンスというより体験旅行として、色々な経験をつませるのによい場所です。私もクラブメッド・カビラには娘を連れて行ったのですが、英語やスポーツに触れた経験は、今も役立っています。

P1160297.JPG

P1160108.JPG

フロントに予約の電話を入れたら、日本語が通じなかった
スタッフは半分くらいが日本人だと思うのですが、時間帯によってはフロントでも日本語があまり通じないことも。レッスンやプログラムも英語解説のみのこともあり・・・、パスポートの要らない外国です。

P1160253.JPG

英語が話せなくても何とかなるので、英語が話せる話せないという問題はさておき、日本語文化から離れることですごく気分が変わるメリットがあるなぁと思いました。

英語だともともと敬語がないし、簡単な英会話でホテル全体が動いているので全ての会話が簡潔でシンプルだし感情表現もストレート。スタッフが特にキリキリ気を使いすぎていないので、宿泊客もみんなゆったりと”みんな知り合い”くらいののんびりさで過ごしています。

P1160142.JPG

そういう空間に数日いると、普段人間関係でもまれて疲れている気分や脳みそが完全リフレッシュ!されるようです。帰りの道中で気づいたのですが、気を使わないで過ごすと、気持ちもおおらかになっているし、日常の仕事について考えたときにすごくスッキリと色々なことが解決してきました。

脳にストレスをかけずにリラックス、そして有酸素運動も適度にしているとひらめきややる気が引き出されるといいますが、ほんとそうなんだなと。

ホテルに泊まっても気を使ってしまう人には、スタッフもお客さんものんびりしているクラブメッドはすごく前向きな休憩場所としてよいところだと思いました。

日本でなくて完全海外に行けばいいのでは?なのですが、病気やトラブルなど重要なことはいつもと同じ対応ができると思えるので、そういう面でもすごく気分がラクなんですよね。

オールインクルーシブだから食事やスポーツレッスンの追加代金などに気を配る必要もないし(スキーのリフト券なども全て無料)、朝から夜までずっと何かしらのプログラムがあるので、自分のペースでタイミングがあったものに参加すればいいですしね。

P1160276.JPG
(↑今回1コースだけ開いていました。人工雪です)

確かに普通のホテルに泊まるよりも宿泊費が高い印象ですが、”全部含まれている””日本国内ではクラブメッドしかこんな場所はない”という価値はあります。

iconicon
◆予約、詳細はコチラから→クラブメッド・サホロ(楽天トラベル)icon

クラブメッド・サホロは夏季・冬季のオンシーズン以外はクローズしています。
オープンの時期にパーティーがあったり、北海道のグルメを味わえるビュッフェタイプ以外のレストランもありますので(プレミアム代金が必要なメニューもありますが、こちらのレストランも料金内です)、石垣島のクラブメッド・カビラとはまた違った楽しみがあります。

別料金で近くの温泉ツアーへ参加もできて、北海道旅行としても楽しめます。
関西からは遠いですが、東京からは飛行機で帯広まで1時間半くらい。そのまま迎えのバスに乗り込む形になるので、羽田からはほんと近かったです。

また雪ががっちりある時期に、行ってみたいなぁと思いました。
ゆったり心配のない旅から帰って、すっきりした気持ちになったら思いがけず仕事の悩みも解決したのも嬉しかったです。

クラブメッド・サホロの写真はウェブアルバムにまとめたので、もしよければご参考にしてください^^
クラブメッド・サホロ(2010年12月6日~9日)

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他