【レビュー】もちもち食パンが焼ける、象印ホームベーカリー

象印のホームベーカリーに買い換えて、数ヶ月が経ちました。
使っていくほどに、同じホームベーカリーといってもメーカーによって焼きあがりに特徴があるんだなということがわかってきました。象印のHBはもちもちっとした食感に仕上げてくれます♪

P6054807.JPG
象印ホームベーカリーの最安値チェック<楽天市場>

もちもちコース、ふんわりコースがあるのですが、どちらで焼いても、基本の食感はもちもち。
パナソニックのホームベーカリーはパリッと香ばしく焼けるそうで、ホームベーカリーを選ぶときは好みの焼き加減というものも考慮しつつ、メーカーを選ぶのがいいようです。

P6054801.JPG

●象印、MKはもちもち系
●パナソニック、三洋は香ばしいサクサク系

友達のホームベーカリーで焼いたパンをもらって食べて比較した感想なのですが、自動設定で焼くと、全体的になんとなくこういう系統があるように思いました。

どんなホームベーカリーにも今は焼き上がりの調整やホームメイドコースなる自分で練り時間を調整したりできるメニューがあるので、買ったホームベーカリーの焼き加減が好きじゃなくても変えられるのですが、ほとんどの場合は自動で焼いてしまいますからね~。

P5084202.JPG

どんな機能が付いているかよりも、実は重要なチェックポイントなのではないかと思います。

パンくらぶ BB-KT10のサイズ
P2274134.JPG

BB-KT10(写真右)は22.5x29x33.5cmという比較的コンパクトサイズ。
片付けずに出しておけるところに置けないと、ホームベーカリーの使用頻度は半減すると思います。

やっぱりサイズチェックは大事、いつも使えるところに出して置くことが大事だと思います。

【人気のホームベーカリーのサイズ比較】

※型番クリックで最安値検索

奥行き

高さ

象印 BB-KT10 22.5cm 29cm 33.5cm
パナソニック SD-BMS102 24.1cm 30.4cm 32.2cm
東芝 ABP-10S1 23.2cm 29cm 28.7cm
MK HBK-100 23cm 34.5cm 29cm

東芝と象印はコンパクトです。
でも最新の機種はほとんど小さくなってきています。

型落ちのものや、大手メーカーでないホームベーカリーを買うときこそサイズチェックが必要ですね。

パンくらぶ BB-KT10 音の大きさ
P2264117-1.JPG

練っている時の音が大きいと、使える時間が限定されます。
タイマーで早朝に動かすと、その音がうるさくて目が覚める・・こともよくあります。

YouTubeに動画がたくさんあるので、それで音の大きさや聞いてきてイライラしない音かチェックするといいと思います。(→YouTube – ‪ホームベーカリー‬‏

BB-KT10はとても静かです。
練っているときは本体の中で響くような音がするものの、隣の部屋にいればまったく聞こえないくらい。

途中で具材投入用のポケットが空くときにガシャン!といいますが、1回だけなので、それが嫌で使えないということはないです。

やっぱり使用頻度を増やしてこその家電なので、どんどん多様になる機能と合わせて、こういう細かいところを必ずチェックして買うのがいいと思います♪

何より焼きたてパンは美味しくて、家族だけでなく友達にも好評。
一番人気のパナソニックでなく象印を選ぶと、使っている家が少ないので、焼き加減の違いで喜んでもらえまるのも、象印にして良かったと思うポイントです^^

象印のホームベーカリーを通販するなら
象印ホームベーカリーの最安値チェック<楽天市場>
象印ホームベーカリーをAmazonでチェック

※楽天のポイントが多くつく日を狙って買うのがいちばん安く買えると思います。

この記事を書いた人

オレンジスカイ

"和歌山の情報の宝庫"と呼ばれています。情報発信が趣味であり仕事のブロガーです。

◯メディア出演実績:FMワカヤマ「うわちかの知らんことばっかり」、テレビ和歌山「わくわく編集部」、和歌山放送「すみたにの全開水曜日」、和歌山放送「ボックス」、和歌山放送「藪下将人のハッピーマンデー」他